特集・コラム・インタビュー

「再会!」 松井大輔、”キング”カズ&”神様”ジーコとの超豪華3ショットに大反響

記事の内容

松井大輔が三浦知良とジーコとともに納まった3ショットを公式インスタグラムで公開

 横浜FCの元日本代表MF松井大輔が公式インスタグラムを更新した。チームメートのカズこと元日本代表FW三浦知良と、”神様”と呼ばれる鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務める元ブラジル代表MFジーコ氏との超豪華3ショットを公開。大きな注目を集めている。

 京都府出身の松井は、高校に上がると同時に地元を離れ、鹿児島の強豪である鹿児島実業高校に進学。2学年先輩で桜島出身の元日本代表MF遠藤保仁(ガンバ大阪)らとプレーし、2000年に京都パープルサンガ(当時)へ入団した。04年に夢だったフランスへ渡り、複数クラブを経てロシアやブルガリア、ポーランドなどでプレー。14年にジュビロ磐田へ加入し、ポーランド2部オードラ・オポーレへの移籍後、18年に横浜FCへ完全移籍した。

 昨季は24試合2得点でJ1昇格に貢献。今季は新型コロナウイルスによる長期の中断があったものの、ここまで15試合を終えて4勝2分9敗で、現在3連敗を喫している。松井は第2節北海道コンサドーレ札幌戦(1-2)に途中出場したものの、ここまでベンチ外の日々が続いている。

 そんななか、松井は公式インスタグラムを更新。8月19日の第11節ホーム鹿島戦後に撮影したと思われる一枚を投稿した。キング・カズと神様ジーコ氏が納まった超豪華3ショットを公開している。

「再会! 神様ジーコ KINGカズ 2006年World Cup日本代表メンバー入らなかった でもそれは自分に実力がなかったから それがなかったら今の自分はない。無駄な経験なんてないね!」

 ジーコ氏が日本代表の指揮を執っていた2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)、松井自身メンバーに入れなかったことについても触れ、それも「経験」と振り返っている。超豪華な3ショットに、ファンからは「やべっすげえ3人」「3人ともに神」「もう、コメント無いです…」「心に染みるいい言葉ですね」と驚きの声を上げている。

 悔しい経験も糧に2010年南アフリカW杯に出場した松井。39歳になった今も反骨心を持ち続けJ1のピッチに立ち続けていることだろう。

Football ZONE web編集部

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

レジェンド3人!
悔しい経験も糧に2010年南アフリカW杯に出場したし、39歳になった今も反骨心を持ち続けJ1のピッチに立ち続ける姿勢。
ほんとすごいわ

 

2:名無しさん@さかまと!

鹿島サポだけど、ダゾーンで観戦しているときに、ジーコが映ると、とてもテンションが上がる。鹿島にいてくれていることは幸せなことですね。

 

3:名無しさん@さかまと!

Jが掲げた理念を最も表現したクラブがアントラーズだったと思う。それは自身の発展だけでなく、新しくJを目指すクラブのモデルになっていった点においても、その存在意義は大きい。今の日本サッカーに鹿島が与えた影響は計り知れない。
そしてその基礎を築いたのがジーコ。ホントにありがとうと言いたいですね。

 

4:名無しさん@さかまと!

もともとジーコさんと日本のサッカーとの出会いは、1990年に始まった。
アントラーズの前身の住友金属(現在の日本製鐵)蹴球団に入団。
日本のサッカーのプロ化にあたって、当時務めたブラジルのスポーツ庁長官の地位を辞して来てくれた。
カシマサッカースタジアムには銅像が建っているそうだ。
日本のサッカー界に尽くしてくださり、ありがとう、ジーコさん。

 

5:名無しさん@さかまと!

本当にジーコありがと

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.