特集・コラム・インタビュー

【朗報】鹿島にジーコが帰ってきた!川崎戦で追い上げられたのはジーコのアドバイス!?

記事の内容

8月6日、鹿島アントラーズのジーコ・テクニカルディレクターがオンライン取材に応じた。前日にチームはルヴァンカップ第2節を戦い、川崎フロンターレに敗れて優勝への望みが潰えた。それでも、ジーコTDの目には、チームにとって明るい兆しが見えていた。

「それをやらなければ、何も成し遂げることはできない」

 ブラジルに帰国していた鹿島アントラーズのジーコ・テクニカルディレクターが再来日。新型コロナウイルスの影響で来日が遅れ、尚且つ2週間の隔離措置が取られていたが、8月4日に鹿島の練習に顔を出した。

まず、明白しておかなければいけないのは、私はただ単に(ブラジルに)帰国したわけではなくて、定期的に心臓の検査だったり、ドクターに見てもらわなければいけないところもあるし、あとは治療もやっていたので、そういった目的で帰国をしていました。そしたら(新型)コロナ(ウイルス禍)の状況が始まって、それで日本に戻れなくなってしまった。高井(蘭童)通訳から、選手が自宅でトレーニングしたメニュー、合流後のトレーニングでやっていたこと、練習試合のことなど、いろいろな細かな情報をもらっていました。練習試合の映像を見させてもらったし、リアルタイムで見ることはできませんでしたが、Jリーグの映像ももらって見ていました

 その中で、なかなか勝利を挙げることができず苦しむチームについて、気にかけていた。そして、鹿嶋に戻ってきたジーコTDは、不振にあえぐチームに、次のような印象を受けたという。

どうしても結果が出ないというところで、今回チームに合流するにあたって見受けられたのは、自信の喪失。当然、人間なので、結果が出なければそういった部分が欠けてしまう

 ただ、決して悲観しているわけではない。ネガティブな印象を受けた反面、「選手たちが一生懸命に新たな監督のサッカースタイルに合わせるように努力していることは見受けられる」と、ポジティブな面も見られたという。そこでジーコTDは、選手たち声をにかけた。

攻撃的なサッカー、守備的なサッカー、カウンターを一発狙うだけであろうが、前提として、戦うというところ、闘争心、最後まであきらめないというところを出さなければ。それは、サッカーをする以前の問題であって、それをやらなければ何も成し遂げることはできないよ

 そして、迎えた8月5日のルヴァンカップ・川崎F戦。チームは前半の失点を皮切りに、3失点。ホームで一時、0-3とリードを広げられた。だが、後半途中から投入された選手たちが奮起し、その後2点を返した。試合には敗れ、大会から敗退を余儀なくされたものの、ジーコTDには光明も見えたという。

その一番の分かりやすい例というのは、昨日の試合に表れていたのではないかなと。0-3となったところで、入った選手たちが闘争心をむき出しにして、負けん気を示して、球際の一つひとつのバトルを制した。相手に圧力をかけ、2点、あるいは同点(3点)、逆転(4点)まで行けるような状況にまでできた。だから、攻撃的なサッカー、つなぐサッカー、守備的なサッカーをやる以前の問題として、どういうやり方をしようと、まず人間はこの意欲がなければ、何も始めることができないと

 常勝・鹿島アントラーズの礎を築いたジーコTDは、そのように勝利を得る上で重要なことを説いた。残されたJ1リーグと天皇杯のタイトル獲得に向けて、巻き返しを図る鹿島の選手たちは、ジーコTDからこのような金言を直に受け、勝利を重ねていくことができるだろうか。

サッカーマガジン編集部

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e9ec103c3688b649183788022153efc5b61740e2

 

1:名無しさん@さかまと!

なんだかんだ言って、2週間の隔離処置も受けなきゃならないのに、気にかけてくれてた鹿島のために来日してくれるんだからありがたい。新人も多いけどジーコが見てるということがどういうことなのか、土居や、遠藤あたりが伝えて、しまった試合をしてほしい。

 

2:名無しさん@さかまと!

ジーコの目の前で、勝ち負けは別としてあんな無様な試合ができてしまうというのがね。本当に鹿島の選手なのか?このご時世に、高齢の方をブラジルから呼ばざるをえなくなったことに責任を感じてほしい。

 

3:名無しさん@さかまと!

ほんとジーコの言う通りだと思う。
今の選手からはかつて満男や秋田、本田、岩政、若手でも優磨のような闘争心ギラギラの選手がいない。
移籍組では金崎なんかはすごく負けず嫌いでギラギラしたものがあってよかったけどな。
内部にしかわからない亀裂のようなものを生み出す諸刃の剣のような存在だったのか?
金崎が抜けて、優磨もいなくなってからほんと戦う姿勢がある選手がいなくなったと思う。

 

4:名無しさん@さかまと!

昨日意地を見せてくれた控え組にもスタメンのチャンスをやってくれよ。スタメン組よりよっぽど気持ちで戦えてたぞ。スタメン組にはもちろん疲労もあったのだろうけど。

 

5:名無しさん@さかまと!

鹿島を昔から知り応援し続ける者はジーコ御大とほぼ同じ意見でしょう。
監督が、とか選手が、では無く
今のチームとして自信を持って諦めず戦い続ければ自ずと結果は出てくる、と。

 

6:名無しさん@さかまと!

ジーコTDが来て流れが変わると良いですね
リーグ戦も含め、残りの消化試合頑張って
選手もサポも(とっても弱いという)現実を
受け止めて、謙虚な言動を心掛けてください

 

7:名無しさん@さかまと!

あの終了間際に1点差まで詰め寄れた事は評価すべき。
川崎は3点取って失点0で収めなければならなかったのを2点取った事は大きい。

 

8:名無しさん@さかまと!

ジーコが居るとブラジル人のパフォーマンスが一気に上がる。そこに期待しよう。

 

9:名無しさん@さかまと!

川崎の鬼木監督もジーコには世話になっただろうからな。心するところもあったんじゃないかな?

 

10:名無しさん@さかまと!

ジーコって結構精神論が好きだよね。
まあ、ジーコに言われりゃ頑張るしかないってとこもあるから、効果的なんだろうね。

 

11:名無しさん@さかまと!

良い選手取られてる中で、頑張ってるわな。

 

12:名無しさん@さかまと!

おかえり〜(๑˃̵ᴗ˂̵)
鹿島サポじゃないけど。ジーコのときはいいよね。

 

13:名無しさん@さかまと!

今の鹿島を見てるとまさにほんそれ
新しいことをやるには 色んな障害があるのはわかるけど
気持ちまで下を向かないでほしい

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.