特集・コラム・インタビュー

元Jリーグ外国人監督が高校サッカー初指導 「物凄くもったいない」部活の伝統とは?

記事の内容

【ゼムノビッチ監督が語る育成指導論|第1回】淡路島を活動拠点とする相生学院高校サッカー部の監督に就任

かつて清水エスパルスを天皇杯制覇などに導いたズドラブコ・ゼムノビッチ氏が、兵庫県にある相生学院高校サッカー部(通信制)の監督に就任した。Jリーグは創設から29年目を迎えたが、プロのトップチームを指揮した経験者が高体連の監督に就くのは初めてである。

 淡路島を活動拠点とする同校サッカー部は、寮の近くにある天然芝、人工芝、土とすべてのタイプのピッチが利用可能で、時には砂浜でのトレーニングも実践するなど、特に育成には理想の環境を整えている。1995年に来日して以来、小学生からプロまですべての年代別カテゴリーで豊富な指導歴を持つゼムノビッチ氏にとっても、心を動かされる新しいプロジェクトだった。

「Jクラブからも2つくらいオファーがあり、千葉県に戻って少し考えているところだった。実際淡路島へ来て2日間くらい施設を見て回ると、プロも顔負けの凄い環境が整っていた。寮と目と鼻の先にトレーニングの場があるので、いつでもボールを蹴れる。面白い試みだと受けることにしました」

 高校の部活は、いくつかの大きな問題点を抱えている。多くの強豪校は3ケタの部員数を抱え、大半がトップチームの公式戦のベンチにも入れずに卒業していく。またそういう厳しい状況を実感し、指導者や環境に馴染めなくても途中で移籍することができない。中学から高校へと3年間単位で区切られ、それぞれの在学中に一つの総決算しかない日本独特のシステムは、海外事情と比べても極端に非効率で大きな障壁になっていた。

 こうした日本独特の事情を熟知するゼムノビッチ氏は指摘する。

「だから日本では小学生が一番良いサッカーをしているんです。小学生時代は、ほとんどの選手が同じチームで過ごすし、学年ごとのチームがあって常に試合をしているからです。でも中学に入ってからの2年間と、高校に入学後の2年間は真剣な公式戦の場が激減する。欧州ではどんなチームでも年間30試合をこなしているので、そう考えると日本の選手たちは中学と高校の計4年間で計120試合の公式戦が不足してくる。これは物凄くもったいないこと。日本人選手の成長速度が遅い大きな要因になっていると思います」

100~200人の部員が一つのグラウンドで練習すれば「同じような選手が育ってくる」

 それに対し通信制の相生学院は、来年新入生を迎えても3学年で35人の編成になる。指導者は全員に目を配れるし、必然的に低学年から公式戦の経験を積み重ねることができる。さらに在学中でも、プロも含めて他に本人に適したレベルのチームが見つかれば、いつでも移籍を認めていく方針だという。

「100~200人も部員が一つのグラウンドでトレーニングをすることになれば、個々の特徴に合わせたメニューを組み込むのは難しい。全員が同じメニューをこなすことになり、どうしても同じような選手が育ってくることになります」

 そう言ってゼムノビッチ氏は続けた。

「高校生年代は、そろそろ適性ポジションを決めて、それに即したトレーニングをしていく必要があります。例えばFWなら、ゴール前の動きやシュートの精度が求められ、裏を取る動き、ポストワーク、ヘディングなど、実際のゲームで使う技術や動きを反復させていかなければならない。でもみんなが同じトレーニングをしていたら、どこのポジションでもこなせるけれど、特徴の少ない中途半端な選手になってしまいます」

 15歳までにテクニックを完璧に仕上げ、そこからは個々の特徴を際立たせていく。

 ゼムノビッチ氏は、それが「どこでも通用する良い選手」を育成する道筋だと考えている。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

サッカーに限ったことではないが、部活動の課題は人数過多、人数不足だよな。とあるチームはほとんどがベンチにも入れずスタンドで応援。方や一チーム作るのがやっともしくは合同チーム。この辺の課題を解決できるとね。

 

2:名無しさん@さかまと!

こう言う思考。
田舎の指導者達にも伝えたい。
田舎でも、伸びしろある子沢山いるはず。
だけど、指導者の思考が硬いから埋もれて
自分に見切りをつけてしまう場合も有ると思うので。都道府県のサッカー協会さんは是非、
今一度田舎の強化も視野に入れて頂きたい。

 

3:名無しさん@さかまと!

若手育成には定評のあったゼムさんの言うことには説得力があるね。
運動以外に関しても、いろいろできるユーティリティな大人を作ろうとしているのが日本のシステムだよね。それがいいことか悪いことかはわからないけど

 

4:名無しさん@さかまと!

どこでも通用する選手を育成すると次につながる
中学生だと高校から呼ばれる。高校生だと大学やプロから呼ばれる。
次につながると子供が集まる。集まると商売になる。
全体の底上げよりチームの運営

 

5:名無しさん@さかまと!

>大半がトップチームの公式戦のベンチにも入れずに卒業していく
自分もサッカーじゃないけど入部部員が多くて試合に一度も出られなかったな……

 

6:名無しさん@さかまと!

年齢別リーグはあるが、それでも試合数は十分ではないだろう。
受験もあるし。
スポーツ推薦を受ける選手に合わせるわけにもいかない。

 

7:名無しさん@さかまと!

そもそも部活を学校教育の一部にしている今までのシステムに無理がある。

 

8:名無しさん@さかまと!

スポーツが学校教育の名の下に行われる、世界でも珍しい国とのことです。

 

9:名無しさん@さかまと!

サンデーのビーブルースみたいだな、あれも主人公チームの監督が外国人なんだよな。

 

10:名無しさん@さかまと!

たしかにサッカーの技術上達の面では中高の部活は非効率だと思うけど、教育の中のクラブ活動でプロ養成を目的としていないから、仕方ないよね。
試合に出たいなら部員の少なそうな高校を、プロになりたいなら強豪校に行って勝ち抜くという選択肢があるから、それでいいと思う。

 

11:名無しさん@さかまと!

神村学園淡路島はどうなったんですかね?

 

12:名無しさん@さかまと!

部活は教育の一環であってプロ育成の場じゃないしね。

 

13:名無しさん@さかまと!

ゼムノビッチさんは、千葉県のサッカー連盟の仕事したり、千葉の関東リーグチームの指揮したり、裾からしっかり見ている、素晴らしい人材だよなー。日本語も上手いし

 

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.