特集・コラム・インタビュー

鹿島アントラーズのザーゴ監督「私はサッカーを殺さない」言及したつなぐ理由

1: 2020/07/26(日) 07:51:11.15 _USER9

写真
no title

鹿島アントラーズのザーゴ監督は25日、オンライン取材に応じて明日26日にホームで開催されるFC東京戦への意気込みを語った。継続を強調しつつ、指導者の心構えと自身が信じるサッカーについても言及した。

一番足りないのは落ち着き

前回のホームゲーム、横浜F・マリノス戦で5戦目にしてようやく今季初勝利を挙げたが、続く湘南ベルマーレ戦で0-1と惜敗。ここまで1勝5敗と調子が上がらない。これまでも「手応えを得ている」とザーゴ監督も繰り返し話してきたが、現状の問題点はどこにあるのか。あらためて、言及した。

「もっと落ち着いてプレーをしなければいけない。選手にはそれぞれ持ち場があり、その持ち場で自分の特長を発揮しなくてはなりません。マリノス戦は10回があって4点取りましたが、ベルマーレ戦は4回明らかなチャンスがありながら1点も取れなかった。ここ3試合はセットプレーからの失点も多い。練習はしているが、集中力や注意力がないところがある。

いずれの試合でも自分たちが落ち着いてプレーできている状況がありながら、自分たちから冷静さを失ってミスが続き、相手に良い流れを渡してしまった。作ったチャンスをしっかりものにすることが重要です」

なぜ冷静さを失ってしまうのか。前日、FW伊藤翔は「回すことにいっぱいいっぱいになっていて、相手にとって危険な場所にボールを入れられていない」と話したが、うまく「つなぐ」ために「位置取り」を優先し、その次の「ゴール」という段階まで進めていないのが現状と言えるかもしれない。

「データでもペナルティーエリアの横のスポットに進入する回数が一番多いチームでありながら、クロスの精度が良くない。グラウンダーか浮き球かの選択で、出し手と受け手の要求とタイミングが合わなかったり。それを合わせるためのトレーニングはやっているものの、試合ではそこで落ち着きが足りず、ミスキックになってしまうケースがある。

ファイナルサードに行けば、当然、相手が密集しているので、そこで判断と動作のスピードが必要。ワンタッチプレーやワンツーなどでほかのゾーンよりもスピードを上げなければいけないが、練習しているものの、なかなか実践できていない。一番足りないのは、落ち着き。練習ではできているのに、試合になると過度の緊張をしてしまう」

スピードアップの段階でミスが出てゴールは生まれず、結局、流れを相手に渡してしまう悪循環。言わば自滅する形で、勝利をつかみ損ねているというのが、ここまでの指揮官の見立てだ。実際、そうしたケースは散見しているが、それでもなお、「つなぐこと」を押し進めるのは、なぜなのか。それは、自身のサッカー観にも起因する。「今後、対戦相手に引いて守れるケースが増えるのでは?」と問われたときに答えた。

「(今後は鹿島に対して)ほぼ全チームが守ってカウンターするような状況になってくるでしょう。でも、私はサッカーを愛する者として、それはサッカーに違反する心構えではないかと思う。

これは日本だけではなくて世界中でそうですが、能力のある選手たちがただ守って、相手のミスを待って、相手ゴールに迫るというのは見ていて楽しくないと思います。勝つことは非常に重要なのですが、サッカーというスポーツを殺してしまっている一つの要因ではないかと思っています。

選手たちは今、一生懸命に私のアイディア、コンセプトを理解し、実行してくれています。私はサッカーを愛する者として、つないでいきたい。個々の選手が自分の持っているポテンシャルをボールを持っているときに発揮していく、それこそがサッカーの醍醐味であるし、当然、そこからゴールが生まれ、勝利を手にすることが一番目指すところです。選手たちがボールを持ったときに見せる技術やアディア、駆け引きがサッカーの醍醐味だと思っています」

7/25(土) サッカーマガジン
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac8d216c2020c803dae71cdd0d3b27c38b877e99

4: 2020/07/26(日) 07:55:38.21
よく分からんが鹿島の伝統的スタイルに全く合ってないんじゃないの?

 

26: 2020/07/26(日) 08:28:22.09
>>4
これ
鹿島のアイデンティティって憎らしいまでに勝負に徹することだよな
丁寧に繋いで崩すことが鹿島なんて誰が思ってるんだ

 

53: 2020/07/26(日) 09:26:54.91
>>26
親会社がITに変わったんだから、カビ臭い伝統とかクソ喰らえだし

 

64: 2020/07/26(日) 09:48:32.19

>>4
あってないよそりゃ真逆だもん
これまではリアクションサッカー
それが主導権とって戦うポゼッションサッカーへ移行

マリノスも方向転換したときは
降格危機になるくらいまでいったが
でも実を結んだ

いきなり結果は出ないし我慢が必要
降格がないシーズンだからこそ出来る事かもしれない

 

6: 2020/07/26(日) 07:56:22.73

いや、一点でもリードしたら徹底的に試合を殺せるのが鹿島の強さの根源だっただろ

ストロングポイント無くしてどうするんだ

 

7: 2020/07/26(日) 07:56:53.63
降格があれば俺たちのサッカー言ってられなかったな

 

8: 2020/07/26(日) 07:57:08.29

ザーゴ「日本はアンチフットボール、ポゼッションサッカーこそ至高」

なんでこんなん連れて来たんや

 

9: 2020/07/26(日) 07:59:50.47

>>8
川崎のカザフィ的なサッカーの方向転換したかったのかな

でも川崎の場合はスタイル違うだけでカザフィ以前から攻撃サッカーだったな

 

12: 2020/07/26(日) 08:05:49.09
ザーゴは良い監督だよ
今季は降格もないんだしもっと時間を与えてじっくり様子を見るべきだと他サポだけど思うわ

 

13: 2020/07/26(日) 08:05:52.89
思うんだけど鹿島ってスタイル確立してるんじゃないの?
それであれだけ安定して上位や優勝してるんだと思うけど
なんで去年と違うことやらせるの?
戦力落ちたのは仕方ないよそれはどこも起こりえることだし
新戦力が期待の働きできないのも仕方ないと思う
でも去年に戻したらとか去年と同じことしたらって意味わからん
普通は去年足りなかった〇〇を補うとかじゃないの?上積みってやつ

 

24: 2020/07/26(日) 08:26:34.65
>>13
戦術の決まり方が、選手の話し合い重視なのは一貫してたね
それぞれの選手の強みをなるべくだし、苦手なプレーはなるべく避ける戦い方してた
土居とかが象徴
得意なプレーは伸びたが、やらなかった仕掛けはサッパリ伸びてない
ザーコで突然やれとか求めても無理

 

16: 2020/07/26(日) 08:09:37.88
まず足元の技術を高めないと

 

17: 2020/07/26(日) 08:13:02.47
ブラジルは戦術後進国だから凋落した
Jはブラジル人監督が居る時点で相当遅れてる、しかもつなぎ志向(失笑)

 

36: 2020/07/26(日) 08:37:57.67
>>17
ブラジルサッカーの真髄はカウンター
伝統的に天然な守備で対応出来たから苦労しなかった
それを体系化したのが今のヨーロッパがやっている戦術
ただ一度負け出すとそれを忘れて迷いだす、いつものブラジル

 

58: 2020/07/26(日) 09:29:28.65
>>17
ザーゴの指導者キャリアって欧州ではコーチとして半年間ローマ、その後2年間ウクライナにいた位であとはブラジル国内なんだよね
何だかヴェルディがロティーナ、徳島がリカルドロドリゲス、新潟がアルベルトプッチをスペインから連れて来たのと対照的なんだよな

 

19: 2020/07/26(日) 08:16:23.58
勝ち負けありきが大前提なのに、負けても美学を追求する的な発想はアホらしい

 

20: 2020/07/26(日) 08:20:12.41
全盛期の本山、野沢とか柴崎とかいりゃできるかもしれないけど
今のメンツで出来るのか

 

21: 2020/07/26(日) 08:21:17.98

鹿島は勝ってなんぼの思想だと思ったけど

他サポからすれば今の鹿島のほうがいいな

 

22: 2020/07/26(日) 08:23:14.47
普通だったらもうクビだからな
ある意味運がよかった

 

23: 2020/07/26(日) 08:25:38.86

降格ないからへこたれて理想を曲げて安易に回帰することはなさそうだ
既存の選手層でどこまでできるか楽しみだな

あまり負けが込んで選手が勝手にプレーして規律を乱すとかワクワクしてきたぞ!

 

30: 2020/07/26(日) 08:34:34.03

今まで鹿島は弱小糞カウンターサッカーをやり続けてきたようなもんだからなあ・・・

いつかは改革しなきゃならなかっただろうけど、一朝一夕には無理
結構長く苦しむと思うけど、短気な鹿島サポがその低迷を許してくれるかな

 

33: 2020/07/26(日) 08:36:18.77
マリノスもポステコグルー1年目は風間以上に攻撃的なサッカーやって低迷したが、我慢した結果去年優勝はしたからこういうのは良く分からん

 

34: 2020/07/26(日) 08:37:16.22
間もなくジーコがくるからそこでどうか、だな

 

35: 2020/07/26(日) 08:37:42.97
本気で鹿島がサッカースタイルの改善を考えてるなら風間八宏に数年預けないといけない
結果がでるのは風間が去ってからになるが

 

48: 2020/07/26(日) 09:11:01.98
>>35
名古屋は結果が出なかったぞ。川崎みたいに5年我慢すればよかったのかもしれないが。

 

41: 2020/07/26(日) 08:43:29.54
FW伊藤翔は「回すことにいっぱいいっぱいになっていて、相手にとって危険な場所にボールを入れられていない」
これを手段が目的化しているというのだよ
多くの識者が言ってたことが現実になっているわけだ
フィンケの率いた浦和もそうだった

 

45: 2020/07/26(日) 09:08:39.36
>>41
そういえば浦和にちょっと状況が似てるな。個人能力頼みのサッカーやって補強選手が増えて戦術整備しようとして迷走。
結果が出るまで10年近くかかってまた迷走。最悪じゃねえか。

 

57: 2020/07/26(日) 09:29:13.02
>>41
初期の川崎もそんな感じ
名古屋は最後までそんな感じで結局あきらめた

 

42: 2020/07/26(日) 08:46:39.75
崇高な理念は結構だが現有戦力で勝ち点稼げなきゃ鹿島は存在意義ないぞ

 

43: 2020/07/26(日) 08:47:10.84
それやりたいならまず柴崎獲ってこい

 

49: 2020/07/26(日) 09:17:00.25
降格ないし頑張れ

 

引用元: ・【サッカー】<鹿島アントラーズのザーゴ監督>言及したつなぐ理由「私はサッカーを殺さない」 [Egg★]

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.