特集・コラム・インタビュー

ザック氏が明かす監督復帰に踏み切れない理由「今も変わらず好奇心はあるが…」

記事の内容

元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が11日、
イタリア紙『イル・ジョルナーレ』のインタビューに応じ、
自身の去就などについて語った。

ザッケローニ氏は、ミランやユヴェントス、インテルなど
セリエAのビッグクラブの指揮官を務めたのち、日本代表監督に就任。
2014年ブラジル・ワールドカップへとチームを導いた。

その後は北京国安やアラブ首長国連邦(UAE)代表の指揮を執るなど、アジアを舞台に活躍。
2019年1月のアジアカップを最後に、UAE指揮官の座を退いてからは、
母国イタリアメディアを中心にコメンテーターとしての活動を続けている。

そんなザック氏は、自身のキャリアを振り返り、母国での活動にピリオドを打ち、
アジアでの冒険を志した理由を告白。

私はユヴェントスでの経験の後でアジアへ向かい、日本で4年間指導した。
それから中国、UAEへと舞台を移したが、そうすることを決めたのは、
国際大会に出場するなど違うことをしたかったからなんだ」と語った。

現在、監督として1年以上にわたって活動を停止しているザック氏。

ピッチ外の問題が理由で復帰に踏み切れないことを明かした。
監督としての好奇心は今も変わらずある。しかしピッチ内というより、
ピッチ外での戦いに耐えられるかどうか分からない。
私は代理人を雇ったことが一度もない。常に自分自身で契約を管理し、
人に委任したことがない。
クラブの幹部らと戦いをする気力がまだあるかどうか自信がない。
ピッチ内であれば問題はないが、
ピッチ外ではかつてのように振る舞えるかどうか分からない

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f63bc7efa99d9880f05f4b7882b02587abce34e2

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.