特集・コラム・インタビュー

ザッケローニがユヴェントス新監督ピルロに見解「サッリの時と同じ賭け。求心力が求められる」

記事の内容

テレビ出演したザッケローニ

元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が9日、イタリア国営放送『Rai』のテレビ番組『ドメニカ・スポルティーヴァ・エスターテ』に出演し、ユヴェントスの新監督となるアンドレア・ピルロについて見解を示した。

ユヴェントスは今シーズン、マウリツィオ・サッリの下でセリエA9連覇を果たしたが、チャンピオンズリーグにおいては、決勝トーナメント1回戦でリヨンに2試合合計2-2とアウェーゴールの差により敗れて敗退。イタリア王者はわずか1シーズンでサッリ解任に踏み切った。

しかしその後任が、7月末にU-23ユヴェントスの監督に就任し、指導者としてのキャリアを歩み始めたばかりのピルロであることが発表され、驚きの声が上がった。長きにわたるキャリアを経て、2010年にユヴェントスの指揮を執ったザック氏は、指導者として実績のないピルロの突然の抜てきについて自身の考えを明かした。

「カルチョにおいて、交代する時は常に多少のリスクがつきものだ。サッリを招へいしたことも賭けであったと思うが、ピルロに関しても同じことが言えるだろう。確かにユヴェントスは非常に高いレベルで組織されている。しかしチームを管理していくにあたり、他の要素も必要になる」

「ユヴェントスが今季優勝できたのは、所属選手たちのクオリティのおかげだろう。クラブはピルロの下で、サッリ指揮下では垣間見えなかった戦術を見たいと願っているはず。それから選手に対する求心力も期待しているだろう。ピルロには経験がないので、できるかどうかの確証は持てない。しかし彼を支える技術スタッフの助けを借り、選手たちを引き付けることができるよう期待したい。その後、より重要な要素である戦術や戦略などが必要とされるだろう」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/428965a20af4f71f1512a649f87604331a10c8fc

 

1:名無しさん@さかまと!

これは本当にそうでどうしてサッリを呼んで切ったのかがよくわからない。勝てなかったから切っただけならピルロに期待するのは過剰すぎる。受けたピルロもすごいけど2倍の賭けに失敗したから10倍の賭けに出てる感じある。

 

2:名無しさん@さかまと!

残念ながら助監督のバローニオもU19までのチームを率いた経験しかない サポートしてくれる経験者がフィールドに誰もいない不安

 

3:名無しさん@さかまと!

改めてだけどユーベの監督をやった人が日本の監督やったって凄いよな 実際ザックJAPANの時が一番面白いサッカーだったし

 

4:名無しさん@さかまと!

10連覇の懸かったシーズンで思い切ったことをしたなというのが正直なところ

 

5:名無しさん@さかまと!

重鎮との関係はこれ以上ないくらいだろうけど内容を伴えるか

 

6:名無しさん@さかまと!

ピルロは本当に渋くてかっこいいなあ。

 

7:名無しさん@さかまと!

もうピルロが試合出ちゃえ。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.