特集・コラム・インタビュー

ザックジャパンは日本史上最強の攻撃力だったか 伸びてほしい“5人”のサムライ

記事の内容

2022年へ攻撃陣はステップアップが必要

サンプドリアの吉田麻也、ボローニャの冨安健洋、マルセイユの酒井宏樹、シュツットガルトの遠藤航、フローニンヘンで成長する板倉滉など、現在の日本は代表史上最強の守備組織を構築することも不可能ではないほど守備のタレントが揃っている。

2022年に行われるワールドカップ・カタール大会へ向け、この守備陣が森保ジャパンのストロングポイントになるのは間違いない。

一方で攻撃陣の方はどうだろうか。近年の代表ならば、2010年から4年にわたってアルベルト・ザッケローニ監督が率いたザックジャパンが最も高い攻撃力を備えていたのではないか。

本田圭佑、香川真司、岡崎慎司の2列目は破壊力抜群で、器用なセンターフォワードだった前田遼一、伸びてきていた大迫勇也、柿谷曜一朗も見ていて楽しい選手だった。ベルギー代表やオランダ代表、コンフェデレーションズ杯ではイタリア代表を苦しめるなど、強豪相手にも複数得点を奪う力が当時の代表チームにはあった。

やや守備が不安定なところはあったものの、当時のザックジャパンの戦いにワクワクしていたファンは多いはず。攻撃面だけを見れば代表の歴史に残る完成度だったと言えよう。

当時と比較すると、現代表の攻撃は物足りない。本田や香川、岡崎ほど存在感を放っている選手がいない。カタール大会へ向け、個と組織の両面でレベルアップが必要なのは明らかだ。

森保ジャパンの攻撃を引っ張るのは誰か

残りの1年半ほどで期待したいのは5人のサムライだ。

香川に続く存在としては、フランクフルトMF鎌田大地、リヴァプールFW南野拓実、そして希望も込めて川崎フロンターレMF三笘薫の3人に期待したい。3人ともテクニックが高く、すでに鎌田はブンデスリーガで通用することを証明している。

レアル・マドリードからヘタフェにレンタル移籍している久保建英がやや伸び悩んでいることを考えると、この3人には余計に大きな期待がかかる。

本田と同じスケールの大きなレフティーとして、堂安律にも期待したい。オランダの強豪PSVでは苦戦したが、レンタル移籍したドイツのアルミニア・ビーレフェルトではチームの中心として活躍している。

サイズはあまり大きい方ではないが、本田と同じく下半身が強い。海外のDFとぶつかり合っても負けないボディバランスを備えている。得点力が伸びてくれば、カタール大会でも主力になれるはず。

最後の1人は、ブレーメンで調子の上がらないFW大迫勇也を追い越す存在としてシント・トロイデンFW鈴木優磨だ。

24歳のストライカーはベルギーで今季リーグ戦14得点とブレイクしており、そろそろ欧州5大リーグにチャレンジしてもいい頃合いだ。カタール大会までに大迫を脅かすほどの存在になってくれれば、チームにも良い競争が生まれてくる。

成長した守備陣をベースに、攻撃陣がザックジャパンに近づく破壊力を身につけることができれば、カタール大会でのベスト8入りも夢ではなくなってくる。守備が安定してきているだけに、何とか攻撃の完成度を高めたいところだ。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

上手い選手は日本代表にはどの世代でも居る。
ただ、本田にしろ、岡崎にしろ、苦しい時に毎回得点を取ってくれる本番に強い選手が必要。
大迫は正直いまは期待できないし、原口も活躍しているとはいえ2部だしね。
南野 久保 鎌田 中島 堂安。 みんな良い選手なんだけど、、、誰一人W杯を経験していないせいか、不安。
西野ジャパンがベテランの経験値で躍進したけど、逆に世代交代をしなかったツケが来ているのかな

 

2:名無しさん@さかまと!

南野、鎌田、伊東、堂安に三苫、久保、中島もいて、ここにロシア組も足せたら攻撃陣も最高レベルになってもおかしくないメンツ。
ただ経験値が足りない中でコロナだからな。。
親善試合すら組み辛いのはイタイね。
でもワイは期待してるで。

 

3:名無しさん@さかまと!

最近の評価じゃ仕方ないけど
ついに長友の名前が出なくなったな・・・
やっぱこのブランクは出かかったという事か。
攻守両面で抜きに出た選手がそろう事がなかなかないよね。

 

4:名無しさん@さかまと!

まぁ、ザックJAPANは夢があったチームだったよな。なんでW杯はハンパないくらい落胆したけど。どんなチームであれ、監督が誰であれ、W杯が満足いく結果で終われば、それが1番良いチーム。

 

5:名無しさん@さかまと!

日本はワールドクラスの生粋のストライカーがいつになっても出てこない。
何年も何十年も得点力不足と言われ続けてるのに一向に出てこない。

 

6:名無しさん@さかまと!

香川本田岡崎が全盛期に近かった2013年前後は、おそらく久保中田中村が好調だった2004年前後と並んで攻撃面では史上最強だったでしょう。一方どちらもワールドカップ本大会ではややコンディションを落としていたし、何より守備が不安定で惨敗しました。
大雑把には本大会で結果を残すには守備の安定が第一要件、吉田酒井が力を残し冨安板倉遠藤あたりが好調のまま本大会を迎えれば、最も期待できるチームになる可能性があります。攻撃もまずまずの人材が揃っており(絶対的エースがいないのは気になりますが)、うまく森保さんがまとめられれば、、、、、と思っております。

 

7:名無しさん@さかまと!

本田、香川もW杯直前に移籍をして、絶不調に陥って本番だったからね。
W杯よりクラブチームのステップアップを優先させるのは悪い事ではないけど、親善試合とはいえ、ザックジャパンは、フランスやアルゼンチン、ベルギーにも勝てたチームだっただけに、移籍をせずに、もし元のチームのままW杯を迎えていたらとは思います。

 

8:名無しさん@さかまと!

攻撃陣はザックのときが間違いなく最強
香川と岡崎はブンデスで二けた得点してたし、本田と大迫は決定力があった
長友と内田もビッグクラブで主力だった
今は4大リーグで5点取るのがやっとだし、2部の選手もいる

 

9:名無しさん@さかまと!

ザックジャパンは守備は不安だらけでしたが
歴代最高に点が取れましたのでシーソーゲームになりやすく
点の奪い合いで上回って勝った試合が多かったので面白かったですからね
視聴率が高かったのも試合展開が動きやすかった為でしょう
コンフェデでのイタリア戦が最高でしたが
個人的にはブラジルW杯直前のコスタリカ戦が好きですね
日本は本番で失敗しましたが、あの試合が無ければコスタリカはベスト8に行かなかったと思う内容の試合でした
コスタリカにとって試合をひっくり返され逆転負けした試合は
本番に向け意識を変える試合になったと思います

 

10:名無しさん@さかまと!

いまの代表のポテンシャルは非常に高い。守備、特にセンターラインにクオリティがあるのはチームを構築する上では極めてありがたい。遠藤の成長は本当にデカい。
後ろが重厚だから前目は鎌田南野に誰を組み合わせるかでいい。浅野はジョーカーとして使い道があるし三苫はピースとして試すべき。
あとは、かつての本田のようなライジングスターが一人台頭すれば夢が見られるのだが。

 

11:名無しさん@さかまと!

選手以前に監督を変えないとどうしようもないです。
森保監督では世界では戦えません。
戦略的な限界も見てるし、何よりも進歩が全く見られないのが大問題。
選手、チームを活かす殺すも監督次第ですよ。

 

12:名無しさん@さかまと!

あのチームは日本史上最強だった!
コンフェデレーションカップでのヨーロッパ遠征でベルギー、イタリア戦など凄かった!
今のチームは最悪と思う!
サッカーは選手がプレーするのだが、間違いなく監督次第です。
森保監督には代表を裁く技量も知性もない。

 

13:名無しさん@さかまと!

本田、香川、岡崎のBIG3には期待感があった!
今の代表にはそれがないのは間違い無いですね。
一方、ディフェンス面では吉田や酒井などに加え、評価が上がってきている冨安や板倉など期待できる若手の台頭も見受けられます。
攻撃面で期待できる選手が加われば、面白いチームになるけど、やっぱりギラギラした選手が欲しい(><)

 

14:名無しさん@さかまと!

結局1番頼りになるのは本田、香川、岡崎みたいに土壇場でも得点してくれる選手。
今はそんな選手も見られず監督もあんな感じだから興味も全然わかない

 

15:名無しさん@さかまと!

ザッケのときは圭佑がバセドウまでだな
ワールドカップの時は悲惨だった
しかもあたり前田を外してから歯車が狂い始めた

 

16:名無しさん@さかまと!

まず史上最低の監督・森安を変えないと代表の試合は見ない。何が韓国と代表戦だよ。

 

17:名無しさん@さかまと!

中田→中村→遠藤→本田と来たセットプレーの系譜が途絶えたのもキツイ。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.