特集・コラム・インタビュー

元日本代表監督アルベルト・ザッケローニがボローニャDF冨安健洋を徹底分析「ユヴェントスやミランが獲得に動いても驚かない」

記事の内容

【インタビュー】ザックが「ユヴェントスやミランが獲得に動いても驚かない」と語るワケは?

今回はセリエAでプレーする、冨安健洋の可能性について語りたいと思います。

ご存じの通り、私は大の日本びいき。冨安と面識はありませんが、彼のプレーも格別の親しみを持って見守っています。

その冨安、ファンの最大の関心事は今、「ポジション」にあるのではないでしょうか?

セリエA1年目の昨シーズン、冨安は右サイドバックで起用されていました。それは冨安を大切に育てたいボローニャの親心の現れだったと見ています。

1つのミスが致命傷となるセンターバックとは違い、サイドバックにはミスをしてもカバーしてくれるチームメイトが近くにいます。

セリエAの代名詞でもある、したたかなプレーに対して、まずはサイドバックで経験値を上げる。そういった狙いが監督のシニシャ・ミハイロヴィッチにあったと想像します。

センターバック起用では宝の持ち腐れに

そして迎えた今シーズン、冨安は満を持して本職のセンターバックに“コンバート“されました。

しかし年明け2戦目、1月6日の第16節ウディネーゼ戦でしたね。ミハイロヴィッチは冨安を右サイドバックで起用しました。

これには「冨安にセンターバックはまだ厳しかったか?」、「右サイドバックの方が適正?」と考えたファンも多かったのではないでしょうか。

私がまず強調したいのは、センターバック失格の烙印を押されたわけでは決してないということ。

心配ありません、冨安はセンターバックとしての資質をしっかりと備えています。

高さもありますし、危機察知能力も高いです。90分間、集中力が途切れることもありません。

セリエAはこれまで多くの優秀なセンターバックを輩出してきました。それでもミスを恐れ、ペナルティーエリア内で怖じ気づく選手は今も昔も一定数います。

とくに下位チームの選手によく見られる傾向ですが、冨安は違いますね。相手がどんな強豪チームでも、ミスを恐れず、果敢に挑んでいきます。

献身的でもあります。チームのため、そしてチームメイトのため、自己犠牲を払うことに何のためらいもありません。

そして何より素晴らしいのが、彼の自ら率先してプレーする積極性。その姿勢こそが、ミハイロヴィッチに再び右サイドバックでの起用を決断させる大きな要因になったと考えています。

なぜならその最大の魅力が、センターバック起用では宝の持ち腐れになってしまう嫌いがあるからです。

もちろん、プレーするチームにもよるでしょう。センターバックでも、戦術やシステムによっては、攻撃のイニシアチブをとれるチームはあります。

ただ、ボローニャでは現状、そういうプレーは求められていません。

冨安自身もセンターバックだと積極性を存分に発揮できず、少し息苦しく感じていたのではないでしょうか。

繰り返しますが、冨安はセンターバックとして必要なクオリティをすべて高いレベルで有しています。

その素質に加えて、90分間、常にゲームに参加し続け、自ら仕掛けるプレーも繰り出せる。

そんな素質を持った選手を、センターバックだけで起用するのは少しもったいないのでは……。そう考えてしまうのは、私だけでしょうか。

いや、ミハイロヴィッチもきっと私と同じ考えのはず。冨安を右サイドバックに戻したのは、おそらく彼のポテンシャルを最大限に引き出したいという狙いからでしょう。

昨シーズンよりレベルアップしている

今後も冨安を右サイドバックで起用したいと思う監督は出てくると思います。彼の高いクオリティを考えれば、それも当然でしょう。

裏を返せば、両ポジションを高いレベルでこなせる貴重な存在だということ。何よりまず、セリエAで継続的にプレーができていることが大きいです。

継続的にプレーしていることで、昨シーズンよりレベルアップしているのは誰の目にも明らかですね。

レベルアップできた理由もまた明確です。セリエAで十分にやっていける自信を身につけたからに他なりません。

彼の性格は分かりませんが、ファウルも恐れず相手に向かって行く姿勢を見るかぎり、変な遠慮はまったくないですね。

自ら率先してプレーする能力も、セリエAでさらにブラッシュアップされているように見受けられます。

どの場面でリスクを負うべきか、最小限に止めるべきか。そういった状況判断も素晴らしいです。

技術も言うまでもなくしっかりしている印象です。派手なプレーはありませんが、ミスがほとんどありません。

常にフェアプレーを心がけていて、見ていて気持ちが良いですよ。

チームメイトは冨安にかなり助けられていることでしょう。ボローニャではもはや不可欠な存在にまで成長しました。

私が監督なら冨安獲得をリクエスト

インテルのマッテオ・ダルミアンと印象が少し重なる部分があります。かつてマンチェスター・ユナイテッドに所属していたイタリア代表DFです。

ダルミアンは今でこそサイドバックとして鳴らしていますが、もともとはセンターバックが本職。彼も冨安同様、献身的なプレーヤーです。

彼らのように思いやりに溢れた選手は、どんな監督も手元に置いておきたいと思うもの。

かくいう私もそのうちの1人です。私がどこかの監督なら、冨安の獲得を間違いなくリクエストするでしょうね。

まだ22歳。経験値をどんどん上げて、今後はさらなるステップアップも期待したいところ。空中戦の強さも大きな魅力ですし、今後はゴールもきっと決めてくれるでしょう。

近い将来、ユヴェントス、インテル、ミランといったビッグクラブが彼の獲得に動いたとしても、私は驚きませんよ。

フランツ・ベッケンバウアーのような…とまでは言うつもりはありません。それでも冨安がレベルの高いプレーヤーであることは紛れもない事実。

今後の成長がますます楽しみです。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

森保より断然ザックさんの待望論が強い。
日本をこれだけ愛してる外国人監督はなかなかいない。

 

2:名無しさん@さかまと!

確かにSBでのプレーを見ていると、SBほど攻撃参加の出来ないCBは
勿体ないと思ってしまうのも本音。
ただ、日本人が海外の強豪でCBのレギュラーとして活躍してる姿を
見たいんですよね。

 

3:名無しさん@さかまと!

ユーベはすでに二人の次の世代を確保してるしインテルは3バックがメインでメンバーも固定できてる。
ミランがこのままCLを確保できれば夏には富安狙うような気がする

 

4:名無しさん@さかまと!

ザックさんお元気そうで何より。コロナが落ち着いたらまた日本に観光にでも来ておくんなまし

 

5:名無しさん@さかまと!

見たいよ本当に。
いや、冨安はもちろん、ザックに率いられた日本代表をね。

 

6:名無しさん@さかまと!

ザックさん
お願いですから、日本代表の監督に復帰してください。
本当に待ってます!

 

7:名無しさん@さかまと!

森保監督に代わっていかがでしょうか?
前回のリベンジで、監督自身も何か思う所はあると思います。
コロナが落ち着いたら、観光ではなくて。

 

8:名無しさん@さかまと!

こんな日本人の魂を持ってる外人、いや過去の外国人監督に居ただろうか!?協会よ、もう一度本気で口説いてくれないか!?
ブラジルの忘れ物を、共に取りに行きたいのだ。

 

9:名無しさん@さかまと!

ザックありがとう。
日本人選手というだけで未だに低い評価されがちな中、
ザックのように日本を知っているからこそきちんと見てくれる存在が居てくれて嬉しいです。
監督としても人間としても大好きです。

 

10:名無しさん@さかまと!

テュラムも元々センターバックで代表ではサイドバックをやっていた。彼のようなセンターバックになってほしい。

 

11:名無しさん@さかまと!

近い将来というのがザックの評価なんだろうが、今すぐ移籍しても驚かんわ

 

12:名無しさん@さかまと!

ユーベはないとして、ミランはあるかもね。

 

13:名無しさん@さかまと!

ザッケローニはいつも日本に対し好意的なコメントをくれる。

 

14:名無しさん@さかまと!

ザックの頃の代表は見ていて楽しかったな。

 

15:名無しさん@さかまと!

ザック、監督というよりも1人の人間として好きだな。
日本人に対して常にリスペクトと愛を持ってくれている。

 

16:名無しさん@さかまと!

日本人初のユベントス入団のニュースをいつか目にしたい。

 

17:名無しさん@さかまと!

ザックジャパンの試合は夢と希望に満ち溢れていた

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.