特集・コラム・インタビュー

「日本はすごく遅れている」吉田麻也が“ずっと言いたかった”育成年代の課題とは?「古い固定概念がはびこっている」 

記事の内容

「英語が話せないと話にならない」

 DAZNで配信中の元日本代表DF内田篤人氏の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の最新回に、日本代表の主将を担う吉田麻也がゲスト出演。日本の育成年代の課題を挙げた。

 番組内で、日本サッカー協会のロールモデルコーチとしてU-19代表などを指導している内田氏から、「育成年代の日本代表に必要なことは?」と問われた吉田は、「ずっと言いたかったこと」として、こう述べた。

「身体作りとか。ヨーロッパに行って、これが足りないとか、激しさが足りないとか気付く。それが、現状23、24歳になっちゃってる。とんとん拍子で上がっていかないと、トップまで上り詰められない」
 
 33歳のDFは「ユース年代、アンダー18まででちゃんと身体づくりをしておけば、もっと大人の戦術を落とし込むことが若い時にできる。日本はそこがすごく遅れていて、古い固定概念がずっとはびこっている。食べる物にしても栄養の取り方にしても遅れていると思う」と警鐘を鳴らした。

 さらに、もうひとつの重要要素として「語学。英語が話せないと話にならない」ときっぱり。バルセロナでの下部組織で育ったため、スペイン語が堪能な久保建英を引き合いに出し、「建英は最初にそれがあるだけで前進している」と、コミュニケーション能力の重要性を説いた。

 オランダ、イングランド、イタリアでプレーし、長年日本サッカーを牽引してきたキャプテンには、世界との差を感じる部分があるようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2af618a1ab193055e27b7d4de714171ca90c3d18

 

1:名無しさん@さかまと!

吉田選手はサウサンプトンからサンプドリアに移籍して間もなく、インタビューでイタリア語を駆使して称賛されました。
特に、サンプドリアの本拠地ジェノヴァの地元ならでは言い回しも用いたことは驚きでした。
かつてモウリーニョ監督がインテルの指揮官に就任した際も、最初の会見でミラノの言い回しを使って質問に答えたことが大きく取り上げられました。
選手や監督の本業が語学や言葉での表現でないことはもちろんですが、異国の地で立場を確立していく上で大きな武器になることも事実です。
「サッカーボールは世界の共通語」ですし、言葉ができずともコミュニケーション能力が高ければカバーできる面もあるでしょう。
ただ、言葉が通じれば、ピッチ上でのことにより良い影響を与えることも確かではないでしょうか。

 

2:名無しさん@さかまと!

もうそろそろ海外を経験した元選手が監督として何をどうしたらいいかを指導してくれる方が出てきてほしい
語学やフィジカルはすぐになんとかなるものではないので 後は成功体験、失敗体験なども含めて欧州で渡り合うにはどうしたらいいかの議論をしてほしい
ホントなら中田や本田などが日本で監督してほしいとこですがあの性格だと...
高原は今は監督として頑張ってるみたいだし、内田もスタッフとしてサポートしてる
フィジカルはそうでもないけど将来的には中村や小野、長谷部、岡崎などには監督として期待したい

 

3:名無しさん@さかまと!

必ずしも素晴らしい選手が素晴らしい指導者になるわけではない、ということには強く同意する。
でも、欧州のトップリーグの戦術を日本に持ち込む日本人指導者を求めるなら、やはり欧州のトップリーグでプレーした元選手に頼るしかないだろう。
なんせ、日本の指導者ライセンスは欧州で使えないんだから。
日本人にとって、欧州のトップリーグで指導者になることは、選手としてトップリーグでプレーするより、ある意味ではるかに難しい。
つまり、欧州のトップリーグの経験値を日本に持ち込める日本人が、元選手以外ではほとんどいないのが現状。

 

4:名無しさん@さかまと!

子供の時から準備するはわかるけど日本で生まれた子供達がそのために頑張れるかは別じゃないかなって思えるけどね。
親のサポートも必要だけど限りある中で吉田が言う環境を作れるかどうかは難しいと思う。
久保君は小さい時からスペイン行って親も一緒ついていってサポート面も良かった訳で同じ状況作れるは稀な気がします。

 

5:名無しさん@さかまと!

吉田の提言である、ユース世代の身体作りとそれにあった戦術の落とし込み。
これも足元の技術の向上があってこその次の課題なのだと思う。
昔は体格活かした高校サッカーが優位だったころ、足元の技術が足りないと言われていた。
次は技術を伴いながらの身体作りかな。

 

6:名無しさん@さかまと!

素晴らしい選手が揃ってきてるのに、監督や協会にヨーロッパで経験ない人が多すぎるのが今の停滞感の理由だと思います。
このままヨーロッパで、活躍選手が増え指導者にも海外経験者が増えた時こそもっと上に行けるかと

 

7:名無しさん@さかまと!

これは正論だな。 「語学ができなくても成功してる選手はいる」とかいうやつは必ず出てくるけど、できないより絶対できた方がいいからな。
日本人にありがちな通訳とべったりは印象悪いしチームに溶け込みづらくなる。
現地の言葉を使って自分の言葉で話しながらコミュニケーションとることが重要。

 

8:名無しさん@さかまと!

過去に海外クラブで活躍した選手達の大半は「海外では◯◯だった」と自分の経験談を語るだけで終わるのに対して、
吉田は海外経験をもとにメディアを通じて若手選手や指導者にメッセージを伝えて日本サッカー全体のレベルアップのことも考えていて素晴らしい人間性だと思う。
配信でもこういう場を設けてくれて感謝してる的なこと言ってたし、尺があればもっと具体的な話もしてくれたように思う。

 

9:名無しさん@さかまと!

アンダー18まででちゃんと身体づくりをしておけば、もっと大人の戦術を落とし込むことが若い時にできる。
これをやるには大人の戦術を教えられる指導者がどれほどいるかによると思う。
それこそ吉田とか海外でプレーした選手たちがその年代の指導者を受け持っていかないと。

 

10:名無しさん@さかまと!

先日、冨安がアーセナルの経験を基に福岡ユースを指導してましたけど、彼は吉田が言ってる事をもう実践していますよね。
10代の内から意識して早く世界に出て、自分を追い抜いてほしいと。

 

11:名無しさん@さかまと!

その通りだと思いますが、なかなか難しい問題ですよね。
実際には、ユースやクラブチームなどで優秀な指導者の元教わる事のできる人など、家庭環境もあるのでなかなか増える事はないでしょう。
食事や語学だけなら、両親も協力すれば多少は向上するでしょうが。
そうなると、部活レベルでの指導者がスキルアップしないと、サッカーが好きな子ども達の全体的な底上げは難しいでしょうね。

 

12:名無しさん@さかまと!

欧州でやりたいと考えている育成年代の選手には大切な事 経験者が語ると重さが違うね

 

13:名無しさん@さかまと!

これは分かる、欧州に行くことだけが正解ではないかもしれないけど、可能ならその準備は早い方が良いしその為の語学はやっぱり重要よね

 

14:名無しさん@さかまと!

ウッチーが言うには語学できなければ、サッカーうまくなればいいという理論だが、間違ってはないが、語学ができるって、足が速い、パワーがあふ、ドリブルうまい、戦術理解度が高いと同じで一つのスキル。
もしかしたらそれ以上の価値があるかも知れない。
長谷部がヨーロッパでは身体能力に恵まれてないのにあれほど長くプレーして、尊敬を受ける理由はやはりドイツ語を理解し、チームメート、スタッフの信頼を得られているから。
もちろんプレーがよけりゃいいんだけど、好不調、怪我などあるし、サッカー選手というだけではなく、一人の人間としては出来ないに越したことはない。

 

15:名無しさん@さかまと!

青森山田のようにフィジカルも重要視して育成しているところもあるし、強豪チーム、ユースもフィジカルトレーニングの重要性は理解していると思う。
筋肉の付き方、持って生まれた身体能力も欧米人とアジア人の差があるのも事実。
食事に関しては、クリロナのようにたんぱく質をメインにと伝えたいのか。
何をどのようにして、サッカーに適した身体づくりをするのか是非広めて欲しい。

 


-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.