特集・コラム・インタビュー

川崎・山根視来「このまま引退かな…」。日本代表初選出への転機、知られざる恩師チョウキジェの慧眼

記事の内容

昨季圧倒的な強さでJリーグを制した川崎フロンターレで欠かせない選手となった。フィールドプレーヤーでチーム最長の出場時間、家長昭博と築いた破壊的なコンビネーション、自身初のベストイレブン……。その陰のMVPともいえる活躍が認められ、ついに日本代表へと招集された。

ほんの4年前にはプロの高い壁に打ちひしがれ、引退すら頭もよぎっていた山根視来は、なぜこれほどまで成長することができたのか? 自らの可能性に気付かせてくれたのは、湘南ベルマーレ時代の恩師だった――。

希望にあふれたプロ1年目に、J2降格、出場機会ゼロの現実

桐蔭横浜大学から加入した湘南ベルマーレで、プロとしての第一歩を踏み出した2016シーズンを振り返る時、山根視来の言葉は必ずといっていいほどネガティブな意味合いを帯びてくる。

「ベルマーレをずっと応援してもらっている方は覚えていると思いますけど、見ていられないぐらい、本当にひどい選手だったので」

苦笑いを浮かべながら自虐的に語ったことがあったかと思えば、リーグ戦における出場機会がゼロに、ベンチ入りした回数もベルマーレのJ2降格が決まった後のヴァンフォーレ甲府戦だけに終わった当時の偽らざる心境を、「引退」の二文字を絡めながら明かしてくれたこともある。

「契約年数を全うしたら、このまま引退しなきゃいけないのか、とぼうぜんと考えていました」

自信を失いかけていた男が、快進撃を演じた昨シーズンの川崎フロンターレの右サイドバックとして代えのきかない存在感を放ち、リーグ戦と天皇杯の2冠獲得に大きく貢献。ベストイレブンにも文句なしで選出され、ついには韓国代表およびモンゴル代表と対戦する日本代表にも初めて招集された。

痛快無比なサクセスストーリーのターニングポイントを探っていけば、実はスペインの地に行き着く。

「おまえはどこをやっても無理だから、ここをやってみろ」

2017年2月。J2からの捲土重来(けんどちょうらい)を期し、シーズン開幕へ向けたスペインキャンプが行われていた最中に、当時のチョウキジェ監督(現京都サンガF.C.監督)が山根を呼び止めた。

「おまえはどこをやっても無理だから、今シーズンはここをやってみろ」

突然告げられたコンバート。しかも、指揮官から提示されたポジションは最終ラインの一角だった。ドリブルが武器だと自任していたサイドアタッカーが、面を食らったのも無理はない。

「予想ですか? いや、全然していませんでした。それまでディフェンダーなんてほとんどやったことがなかったし、最初は4バックの右サイドバックだと思っていたら、3バックの右だったので」

ただ、チョウ監督の言葉に最初は驚きながらも、未知のポジションへのチャレンジを迷うことなく受け入れられた自分がいたと、山根は後になって振り返っている。

「試合に出られればなんでもよかったので、そこに対する抵抗みたいなものはまったくなかったですね」

「このポジションでやっていくことに限界を感じていた」

山根がベルマーレ入りしたきっかけは、2015年9月の天皇杯2回戦だった。ベルマーレが4-3で桐蔭横浜大学を振り切った一戦で追撃のゴールを決めるなど、出色のパフォーマンスを演じていたサイドハーフへ、試合が終わった直後にベルマーレの強化部が練習参加を打診していた。

胸をときめかせながら挑んだルーキーイヤーは、始動した直後に左足小指のつけ根を骨折して出遅れた影響もあって、ほとんど公式戦に絡めないまま終わった。日々の練習で、そしてピッチで戦うチームメートたちを応援していたスタンドで、山根は自身との決定的な違いを何度も感じていた。

例えば横浜F・マリノス(当時)の齋藤学(現名古屋グランパス)をはじめとして、異次元の世界にいる化け物に感じてならないドリブラーが、J1のチームには数え切れないほどいた。当時の心境を再現するとこうなる。

「ゴール前でうまい選手たちと自分はやっぱり違う、という思いがあったというか。自分がこのポジションで何点取るとかではなく、このポジションでこれからもやっていくことに限界を感じていた」

日々の取り組み方を明らかに変えた、恩師の言葉

山根の一挙手一投足を見ながら、メンタル面が負のスパイラルに陥りかけていると見抜いていたチョウ監督は、2016シーズンのある時にあえて厳しい言葉を投げ掛けている。

「おまえ、自分では『ドリブルがうまい』と思っているかもしれないけど、オレから見れば並だよ。ドリブルは下手ではないけど、ドリブルで持ち運んでいっても、クロスもシュートもないじゃん。オレだったらわざと抜かせて、後ろからついていって、おまえが止まった時に寄せてボールを奪うよ」

直後から日々の練習における山根の取り組み方が変わったと、チョウ監督の目には映った。ボールホルダーに対して、不格好ながらもガツガツとしつこく食い下がった。「こいつ、守備が嫌いじゃないんだな」という新しい発見が、山根にとっては青天のへきれきだったコンバートにつながった。

当時のベルマーレは、浦和レッズへ移籍した遠藤航(現シュトゥットガルト)が担っていた、3バックの右を任せられる選手を探していた。条件は「前へ」のモビリティーをチームにもたらし、チョウ監督の下で具現化されていた「湘南スタイル」を深化させられること。ドリブルが得意という触れ込みで加入したサイドハーフで、守備でもがむしゃらに頑張れる山根はうってつけの存在だった。

エウシーニョの抜けた穴を探していたフロンターレ

迎えた2017シーズン。水戸ホーリーホックとの開幕戦で、右ストッパーとして先発フル出場した山根は最終的に37試合に出場。フィールドプレーヤーでは3バックの中央を担ったアンドレ・バイア、左に抜擢された高卒ルーキー杉岡大暉(現鹿島アントラーズ)に次ぐ3223分のプレー時間を数えた。

優勝とともに1年でのJ1への復帰を決めた過程で、チョウ監督は山根と杉岡には「ボールをどんどん前へ持ち出せ」と指示を飛ばしている。山根自身もいつしか、未知のポジションに楽しみを感じていた。

「チャンスでドリブルをしなかったら、チョウさんから『おまえ、なんのためにそこで出ているんだ』と試合中でもよく言われました。実際に後ろからドリブルで相手をはがせたら、その後にボールを回している時も楽に感じると思うようになりました」

戦いの舞台をJ1へ移しても、2018、2019シーズンと山根のプレー時間はフィールドプレーヤーではチーム最長を数えた。そして、4バックの右サイドバックにも通じるパフォーマンスが、エウシーニョ(現清水エスパルス)が抜けた右サイドバックを探すフロンターレの目に留まった。

移籍直後に圧倒されたチームメートの姿。それでも溶け込めたのは…

2017、2018シーズンとJ1リーグを連覇していたフロンターレの選手たちが、日々の練習から見せるテクニックの高さに、そして「止める、蹴る」を正確に繰り返す姿に最初は圧倒された。それでも違和感なく溶け込めたのは、ベルマーレ時代の原点をあらためて自身へ言い聞かせたからだ。

「フロンターレに入って自分もうまくプレーしなきゃいけないんじゃないか、と悩んでしまった時期もありましたけど、そういうプレーを評価されてオファーをもらったわけじゃないと気が付き、ベルマーレ時代にやっていたプレーをすればいいんだと開き直れたというか。今でも自分が下手くそであることには変わりありませんけど、それでも少しずつ上達している実感もあります。まだまだ右サイドバックとしての機能を果たせていないし、やればやるほど奥が深いポジションだと思いますけど、だからこそもっとよくなるところはたくさんある、と思っています」

昨シーズンのベストイレブンを受賞した直後のオンライン取材でこう語っていた山根は、一方では「チームメートたちに自分の能力以上のものを引き出してもらった」と、縦関係で抜群のコンビネーションを築き上げた、右ウイングの家長昭博をはじめとする周囲に感謝することも忘れなかった。

「うまいに越したことはないけど、下手だからダメだと思うのではなく…」

そして、どんなに大差で快勝し、あらゆる記録を塗り替える独走劇を演じても、試合終了直後のピッチで真っ先に課題と反省を口にするフロンターレの向上心に刺激され続けた。謙虚な姿勢は今シーズンの好調ぶりにも反映され、ついには日の丸を背負う自身の姿をも手繰り寄せた。

「ボール扱いがうまいに越したことはないけど、自分が下手だからダメだと思うのではなくて、試合で結果を残すために何をしなきゃいけないのか、チームのためにどのような選手でいなきゃいけないのかを常に考えながら自分はプレーしてきました。いろいろな可能性を持つ子どもたちがいると思うので、自分でそれを見つけながら、諦めないでサッカーを続けてほしいと思います」

年代別の日本代表にも一切無縁で、強いて挙げれば2014年の全日本大学選抜だけだったキャリアの中でつかみ取ったベストイレブンが、プロを夢見る子どもたちに与える影響を聞いた時の山根の答えがこれだった。念願の日本代表入りを果たした今、言葉に伴う説得力ははるかに増した。

あらためて振り返れば、今現在へとつながるターニングポイントは唐突かつ想定外のコンバートとなる。微に入り細をうがった観察眼と厳しくも温かい言葉を介して自らの身体に宿る可能性を気付かせ、その後の自己研さんに導いてくれたチョウ監督へ「誰がどう見ても、人生を変えてもらったと思っています」と感謝の思いを抱きながら、山根はさらなる高みを目指してチャレンジを続けていく。

引用元

1:名無しさん@さかまと!

湘南で努力し続けた山根選手もすごいし、
山根選手を育て上げたチョウ監督もすごい。
さらに、山根選手の力を見抜いて、川崎に移籍させた川崎というチームもすごい

 

2:名無しさん@さかまと!

パワハラは絶対ダメそれは反省しなければいけない。
しかし曹貴裁監督がそれに気を取られるあまり、いままでの厳しい指導が出来なくなってしまうとしたら残念だ。
厳しい指導による圧倒的な練習量。それに伴うインテンシティの高さが湘南の売りであり、他チームにとって脅威となる部分だった。
自分は他チームファンだったけど当時湘南の怖さは感じてた。現在の湘南見ると足りないのはそこかなとも思う。

 

3:名無しさん@さかまと!

桐蔭との試合見てました。
その選手が加入したのに当初出番なし。
点とれず降格しそうなのに何で?と
やきもきしてました。
チョウ監督の愛弟子たちは
多数いて、なかなか序列を覆せなかった。
3バックの右にコンバートされた
当初は練習でも抜かれまくり
頭抱えたことが。
ただ、必ず追いかけて
取り返しにいき、負けず嫌いなこと、
上がれるときはゴールライン付近まで
駆け上がることで走力あること示しました。
チョウさんからは怒声と苦笑いでいじられて
ましたが。
3バックという攻防激しい戦場で
名手たちと渡り合ったことで
守備も安定。
ただ、大器にサイドバックは狭かった。
今伸び伸びやってるのを見ると
つくづく感じます。
活かしかたを見つけてくれたチョウさん、
チャンス与えてくれた川崎さんありがとう。
いてくれてありがとう山根選手。
代表でもチャンスをつかんでください。
湘南サポの一人

 

4:名無しさん@さかまと!

この話はパワハラとは切り離すべき。山根君が活躍できる場を見出し、使い続けてくれたチョウさんに本人が感謝してる訳だし。
例えば関さんがケンゴをボランチで使わなかったら、風間さんがノボリを左SBで使わなかったら、
どちらもここまで輝くことは無かったと思うので、監督との巡り合わせって選手にとって凄く大事だなって改めて感じました。

 

5:名無しさん@さかまと!

この記事読んで、Jリーガーになる為にサッカーし続けたってことではなく、
プロになって改めて成長する、プロサッカー選手も社会人も学生も似たようなもんだなと感じました。
「チームのためにどのような選手でいなきゃいけないのかを常に考えながら~」いい表現だなぁ。

 

6:名無しさん@さかまと!

フロサポです。
加入当初は何人かいるエウソンの後継者の一人として見ていましたが、
今は右SBで代えの効かない「山根視来」として見ています。
過密日程で出場時間が長くても質を維持し続ける能力は流石の湘南印です。

 

7:名無しさん@さかまと!

ベルマーレにいて最初に左ワイドで試合してる姿をみて、当時は菊池大介選手、高山薫選手がやっていたので、勢いがなく感じました。
3バックの右に入った時、相手のドリブラーに振り切られてる姿をみて、遠藤航選手が偉大だったのか、永木選手のカバーが良かったのか、
などと思っていましたが、試合を経験する毎に良さが出てきて、試合終了間際のシュートに湘南サポは心を躍らせました。
守備でも、ゴールライン割らせない為にナイスなクリアは、見逃していません。
川崎に移籍決まって、ホームページの挨拶。忘れません。
これからも怪我なく、仲間に生かされながら、自分の活躍の場を逃さないでください!

 

8:名無しさん@さかまと!

川崎サポでも湘南サポでもないが
こういう記事見ちゃうと自然と代表戦でも、Jの試合でも、山根応援したくなっちゃうなあ

 

9:名無しさん@さかまと!

すごいね、湘南は!
チョウ監督やセレッソ時代のユンさんなんか凄いなと思ったよ。
マリノスがタイトルを阻まれた相手なので印象に残ってる。
パワハラってのはよくない。
でも、それは当事者や周りの方の個々の受け取り方に依存するところが大きいからね。
恐らく熱くなり過ぎた指導の結果だと思うよ。
それが湘南の快進撃の源だっただろうし。
京都でもこういうところは失って欲しくないね。
山根に関しても言うことないでしょ。
右SBにハマったことが川崎にとって何より。
下手くそってわりにはそのスキルに驚いてる他サポです(笑)

 

10:名無しさん@さかまと!

湘南ファンではないが、確かに山根は初めはJ2でもそんなにすごい選手ではなかった。
少なくともフロンターレでレギュラーになり日本代表に入るとは思っていなかった。
でも、サッカーを続けている限りどこで覚醒してどこまでいけるかは未知数だ。

 

11:名無しさん@さかまと!

2006年頃にエスパルス戦見ていて、気合が空回りしているだけのヘタクソな選手がいて「何であんな選手を使うんだろう」と思っていた選手がいた。
その選手は、しばらくして下手ながらも点を取るようになり、日本代表に入って、
ワールドカップで点まで取ってヨーロッパに行っていつの間にか以前よりも上手くなっていてプレミアリーグでタイトルを取るにまで至りました。

 

12:名無しさん@さかまと!

沢山の出会いがあったと思いますが
彼自身の努力が大きいと思います。
苦しかった時に自分を鼓舞して頑張って
今があると思う。

 

13:名無しさん@さかまと!

元々パワハラ騒動は反りの合わないスタッフ達が起こしたもので選手主導では無かったし、慕っていた選手は多かった。
もちろん合わなくて移籍していった選手もいるけど、それはどのチームでもあること。
山根選手は謙虚な姿勢を常に持つ努力家なので、これから先のサッカー人生が更に輝くものになると思っている。

 

14:名無しさん@さかまと!

出場時間・フル出場回数・運動量・守備力・攻撃力・コンビネーション...J1で1番の攻撃型右SB。
最近じゃ、オシャレヒールパスで浮き球→家長がボレー とかやるようになって。どこまで行くのか楽しみな選手。まだ川崎で成長中。
川崎のベンチDF枠が1にできる理由は、この山根に有り。

 

15:名無しさん@さかまと!

山根といえば、湘南時代のレッズ戦。間違ったレフリングの末に、最後逆転ゴールを決めたのはホントに最高だった。
あの時もアディショナルタイムにドリブルで駆け上がってたな。

 

16:名無しさん@さかまと!

どのチームでやりたいか?ではなく、何故声がかかったのか?そしてそこで何をするのか?の典型的な成功例の一つ。
でも、山根選手自身が気付き磨いた結果が〝今〟結実!これからも応援してます!!

 

17:名無しさん@さかまと!

今年のフロンターレは、逆サイドも旗手がいるし
二人とも元々攻撃的な選手だから攻めの時の厚みがすごい。
かと言って守備が緩いわけでもないから強いんだよなぁ

 

18:名無しさん@さかまと!

山根もそうだし、武富や松田天馬のようにカテゴリ下げようがチョウ監督がいるチームに行きたい
と思わせる指導者としての唯一無二の魅力はあるのだろうな。

 

19:名無しさん@さかまと!

横浜桐蔭大の時の天皇杯の試合も現地で観ててその後ずっと山根を観て来たけど、
プロの壁にぶち当たったところからスペインキャンプでのコンバート、レギュラー定着、
いくつもの劇的ゴールと成長の過程を見れた。そして日本代表へ。心から応援したい。

 

20:名無しさん@さかまと!

ヨルディバイスが最終ラインから駆け上がって行ったのを見て湘南の試合に切り替えました。
みんなで同じ方向を向いて走ってた時の事を忘れなければ良いんだと思います。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.