特集・コラム・インタビュー

スペイン2部でプレーする日本人GK(22)をご存知ですか?身長は188㎝

記事の内容

スペイン2部エストレマドゥーラに所属するGK山口が香港紙に決意語る

 海外サッカー、スペイン2部・エストレマドゥーラに所属するGK山口瑠伊。同1部マジョルカに所属する日本代表MF久保建英らとともに、来年の東京五輪代表入りが期待される22歳を香港英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が特集している。

 記事では「サッカーU-23日本代表のGKルイ・ヤマグチは、才能豊かなメンバーによって構成される(日本)代表チームはアジアのサッカー界において時代の流れを変える世代になると力説する」と記述。ラ・リーガで実力を示している久保、オランダ1部PSVでプレーする堂安律ら同年代の選手と同じく、山口も将来の日本サッカー界を引っ張る存在であることが伝えられている。

 山口はA代表に選ばれたことはないが、U-15以降、若い年代の代表に名を連ねてきた。同紙は「代表の一員でいられることは大変な誇りです。そして、メンバーと大きなことと成し遂げるんだという強い気持ちがあります」という山口のコメントを紹介している。

 日本は2018年ロシアW杯で決勝トーナメントまで進出しているが、記事では久保ら“東京五輪世代”と更なる高みを見据えている22歳の言葉をこう紹介している。

「自信はありますし、今の代表ならば2022年のカタールW杯では世界中のどのチームと戦っても勝てると思っています」

 東京五輪は新型コロナ禍で来年に延期となったが、同紙は「五輪という舞台は目標です。何年も待ちましたから代表メンバーのリストに入ることは自分にとって非常に重要なことです。そこで何かを勝ち取れたらとても幸運なことだと思います」と山口の言葉を伝えている。

THE ANSWER編集部

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/944c551cb5446b15c7ebabcf0b53edc7c98ae09f

 

1:名無しさん@さかまと!

現代サッカーでは足元の技術がキーパーにも求められる中で、トゥーロン国際ではちょっと不安に感じた。
身体能力の高いハーフのキーパーが増えているし、長年キーパー不足と言われてきた日本を活性化してほしい。

 

2:名無しさん@さかまと!

エストレマドゥーラの第二GKだから凄いのは凄い。
なんとか2部残留して欲しいけど3部降格したら正守護神になれる可能性もあるな。
GKとしてのピークはまだまだ先だしいつか一部で活躍できるような選手になって欲しい!

 

3:名無しさん@さかまと!

小久保ブライアンもいるし、大型キーパーとして順調に育ってほしい

 

4:名無しさん@さかまと!

山口瑠伊>>>>>>>>>>川島永嗣

 

5:名無しさん@さかまと!

ザイオンとブライアンの二人とともに期待してます!


-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.