移籍・契約関連情報

なぜ久保建英の新天地にビジャレアルが本命浮上したのか?

記事の内容

 さまざまなクラブの名前が報じられては消えてきた、日本代表MF久保建英の来シーズンの期限付き移籍先として、2019-20シーズンのラ・リーガ1部で5位に入ったビジャレアルが本命に浮上した。

 スペイン国内で2番目に発行部数が多いスポーツ紙『アス』が3日(日本時間4日)に、久保の新天地候補がビジャレアル、グラナダ、オサスナ、セルタ・デ・ビーゴに絞られた最新情報を掲載。首都マドリードに拠点を置き、久保の保有権をもつレアル・マドリードに関するニュースが多いことで知られる同紙は、4つのクラブのなかでビジャレアルがポールポジションにつけていると報じた。

 昨年6月にFC東京からレアル・マドリードへ加入した久保は、2019-20シーズンが開幕した直後の同8月下旬にマジョルカへ期限付き移籍。新型コロナウイルスによる中断前から中盤の右サイドで代役の利かない存在となり、最終的に35試合に出場して4ゴール4アシストをマークした。

 残念ながらマジョルカは2部へ降格し、久保の期限付き移籍契約も満了した。しかし、レアル・マドリードのEU圏外枠がすでに埋まっている関係で、マジョルカよりもレベルが上がる他のクラブで引き続き武者修行を積む方針が固められていた久保のもとには、ヨーロッパの名だたる強豪や名門を含めた、実に30に達するクラブから興味や関心、そしてオファーが寄せられたとされる。

 最も新しいクラブとして、ブンデスリーガ1部を8連覇中のバイエルン・ミュンヘンがオファーを出したものの、レアル・マドリードと久保は応じなかったと『アス』は報じている。背景にはラ・リーガ1部でのプレーを継続させたい久保の意向がある。先にインタビュー記事が掲載された、ヨーロッパで最も権威のあるサッカー専門誌『フランス・フットボール』で久保はこう語っている。

「世界最高のリーグのひとつでサッカーができることが、本当に好きなんです」

 ならば、ラ・リーガ1部勢のなかでビジャレアルが本命に浮上したのはなぜなのか。答えはレアル・マドリードと久保が新天地に求める条件を、ほぼすべての面で満たしているからに他ならない。

 冒頭で記したように2019-20シーズンで5位に入ったビジャレアルは、来シーズンのUEFAヨーロッパリーグ本大会へ出場する。同じく昇格組から7位へと躍進したグラナダは予備予選を突破する必要があり、久保のさらなる成長を促す上で特にレアル・マドリード側が重視している、ヨーロッパの大会に出場できるかどうかという点でビジャレアルの後塵を拝している。

 同じく昇格組のオサスナは10位、セルタはギリギリで1部に残留する17位で、ともにヨーロッパの大会には出場できない。ただ、オサスナはクラブ創立100周年のメモリアルイヤーを戦う上での中心選手として久保を迎え入れたいと望み、一時は有力候補として報じられた。
 しかし、ビジャレアルが優位に立った一報を受けて、オサスナの本拠地が置かれるパンプローナ市の地元メディアは久保の去就をこう報じている。
「今後何も変わらなければ、黄色いユニフォームを着ることになる」

 黄色とはビジャレアルのクラブカラーを指している。そして、オサスナのオファーのなかに含まれていた「中心選手」こそが、レアル・マドリードと久保が何よりも重視する条件となる。マジョルカの後半戦でそうだったように、19歳の久保を中心として長丁場のシーズンを戦える用意があるかどうか。レアル・マドリード側は年間で40試合はプレーさせたいと望んでいる、と『アス』は指摘する。
 そして、ビジャレアルも中盤の重要なポジションで新たなタレントを必要としている。
 2019-20シーズンのビジャレアルは2つのシステム、アンカーを配置した逆三角形型で中盤を組む[4-3-3]と、トップ下を置く[4-2-3-1]を使い分けて戦ってきた。しかし、前者でインサイドハーフ、後者ではトップ下として11ゴール10アシストをマーク。ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)が選出する、ラ・リーガのベストイレブンにも選ばれたサンティ・カソルラが今夏に退団。スペイン代表時代の盟友、シャビ監督に率いられるカタールのアル・サッドへと移籍した。

 3トップの右ウイングや、もしくはマジョルカでも主戦場とした右サイドハーフは、ナイジェリア代表のサムエル・チュクウェゼを中心に、チーム得点王のジェラール・モレノが前線から回るケースもあった。右サイドで2人に挑戦するだけでなく、インサイドハーフやトップ下も視野に入れられるビジャレアルの環境は、レアル・マドリード復帰を目標に掲げる久保にとっても大きな意義がある。

 ジネディーヌ・ジダン監督のもと、3シーズンぶり34度目のラ・リーガ1部優勝を果たしたレアル・マドリードの基本システムは[4-3-3]だった。マジョルカでマークしたドリブル回数140がリーグ全体で5位に入るなど、ウイングプレーヤーとして爪痕を残し、今夏の移籍市場における人気銘柄になった久保が真ん中でも適性を証明すれば、その分だけ復帰に近づく可能性も高まってくる。

 ビジャレアルに合計9シーズン在籍し、プレミアリーグのアーセナルでも活躍した35歳のレジェンド、カソルラと同じポジションでプレーすれば、最初はさまざまな面で比較されるだろう。ただ、期待はされていても、無条件で居場所が用意されているわけではないことは、久保本人が誰よりも理解している。マジョルカで刻んだ軌跡のように、実力で信頼を勝ち取ってこそ成長を果たせるからだ。

 スペイン語をネイティブレベルで操るなど、ラ・リーガに挑んだ歴代の日本人選手とは一線を画す、特異なコミュニケーション能力も不敵にすら映る自信の源になっているのか。中断期間中に『アス』へ掲載されたインタビューで、久保はレアル・マドリードへ復帰する思いをこう語っている。

「すべては自分次第ですけど、レアル・マドリードに居場所はあると思う」

 堂々と言及した「自分次第」にビジャレアルで待つ、新たなポジションを含めた挑戦が含まれる。稀代の戦術家として知られ、バレンシアやセビージャで結果を残したスペイン人のウナイ・エメリ新監督が、久保の獲得を強く望んでいることも追い風になっていると『アス』は指摘している。

 実際に久保を獲得する場合、負担する年俸とレンタル料の合計で最低でも500万ユーロ(約6億2000万円)もの費用が発生するという。このためビジャレアルは、レアル・マドリードからレガネスへ貸し出されていた元U-20スペイン代表の有望株、MFオスカル・ロドリゲスを完全移籍で獲得するクラブ間交渉を、いったんストップしていると『アス』が4日の電子版で報じている。

 財政的にも久保とロドリゲスを同時には獲得できない、という事情があるのだろう。以前から進めてきたロドリゲスの交渉を一時停止し、場合によっては白紙に戻すほど価値がある、とビジャレアル側に受け止められている久保はレアル・マドリードと話し合いの場を設け、届いているオファーの内容を精査した上で、今週中にも去就に関する結論を出す予定だと『アス』は報じている。
(文責・藤江直人/スポーツライター)

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/69e150dcdf2b255ac3c60721b66b9ba10403f3f2

 

1:名無しさん@さかまと!

ビジャレアルはとても良い環境だけど、恐らくオスカルロドリゲスの獲得で久保選手のレンタルは無くなると思う。

 

2:名無しさん@さかまと!

もし自分なら、ほぼ同額で「借りる」と「買う」なら後者を選ぶかな。
オスカルロドリゲスはFKという飛び道具もあるし。
ビジャレアルは久保にとってもいいクラブだと思うけど、どちらか一人と言われると判断が難しい。
レンタル代高すぎて選択肢狭まることはあまり良いとは思えないけど、果たしてどうなるのか。

 

3:名無しさん@さかまと!

プレミアに慣れてるせいか2選手合わせて12億円が払えないと言うのが理解出来ない。しかも比較的上位のクラブが。

 

4:名無しさん@さかまと!

まずはスタメンで出場できるクラブ、そしてCLに出場できるクラブだといいね。

 

5:名無しさん@さかまと!

久保は日本マーケットに向けたアピールにもなるからねえ。

 

6:名無しさん@さかまと!

監督がエメリってとこがちとひっかかるが。


-移籍・契約関連情報
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.