特集・コラム・インタビュー

なぜJ2大宮対福岡は試合開始2時間前に急遽中止が決まったのか…偶然の回避に見えたJリーグPCR検査体制の盲点

記事の内容

 すでに一部のファン・サポーターが入場していた大宮アルディージャのホーム、NACK5スタジアム大宮に異例のアナウンスが鳴り響いた。午後7時のキックオフまで1時間あまりに迫っていた、アビスパ福岡との明治安生命J2リーグ第9節の突然の中止が告げられたからだ。
 2日の午後5時近くにJリーグへ入った緊急連絡が、キックオフ前の時点でそれぞれ2位と3位につけていた、アルディージャとアビスパが激突する上位対決を取り巻く状況を一変させた。
 全56クラブに対して先月31日にいっせいに実施されていた、Jリーグによる第4回公式PCR検査の結果、アビスパの選手一人に陽性判定が出る可能性が極めて高いことが判明。感染症の専門家と協議した末に、中止とする結論がホームクラブのアルディージャへ伝えられた。

 Jリーグの村井満チェアマンは中止決定から約30分後の午後6時15分から、アルディージャの森正志、アビスパの川森敬史両代表取締役社長とともに緊急のオンライン会見を開催。すでに両クラブの先発メンバーも発表されていたなかで、中止に踏み切った理由をこう説明した。

仮にその選手が陽性だった場合、チーム内で濃厚接触が起こっている可能性を否定できなかったゆえに、今回は試合の開催を見合わせようという判断をこのタイミングで下しました

 PCR検査で陽性判定が出た選手だけでなく、当該選手の濃厚接触者と認定された選手も、直近の公式戦へエントリーすることはできない。しかし、実際に陽性が確定したことを受けて所轄保健所へチーム全員の行動履歴を提出し、確認作業を待つ時間的な猶予は皆無に等しかった。
 両チームの選手やスタッフ、関係者、そして来場していたファン・サポーターの安全を守る上で、中止とした判断は正しかった。しかし、ここで疑問が残る。

 第4回公式PCR検査の結果はJ1で3日、J2およびJ3で4日に判明する予定になっていたなかで、なぜ2日に連絡が入ったのか。

 答えはJ2のFC町田ゼルビアのルーキー、FW晴山岬(帝京長岡高卒)が新型コロナウイルスに感染したことと密接に関連している。1日から千葉市内で行われる予定だったU-19代表合宿が、選手の一人がPCR検査で陽性が出たことを受けて急きょ中止となっていた。一夜明けた2日になって、ゼルビアはその選手が晴山であることを公表した。村井チェアマンが続ける。

町田の選手が陽性であるという連絡を受けて、私たちは極めてイレギュラーな対応を検査センターへお願いしました。チーム内で濃厚接触している可能性があるので、町田の検査判定を急いでほしいと。同時にJ2全体の検査スピードも上げていただいたなかで、今回の福岡の一人も含まれていました

 ゼルビアは2日午後6時半から、敵地サンガスタジアム by KYOCERAで京都サンガF.C.戦を控えていた。
 試合に臨むメンバーが前泊するために京都入りした直後の1日午後6時ごろに、日本サッカー協会(JFA)から晴山に陽性判定が出たという緊急連絡が入った。

 晴山は7月31日までゼルビアの練習に参加していたため、他に感染者がいるおそれがあった。晴山の濃厚接触者を含めてサンガ戦へエントリーできず、離脱者の人数次第では最悪の場合、公式戦を予定通り開催できる最低の人数である、ゴールキーパー1人を含めた14人に満たないおそれもある。
 サンガ戦を予定通り開催するために、ゼルビアの検査判定を急がせる必要があった。すでに選手の行動履歴を所轄保健所へ提出し、遠征メンバーのなかに晴山の濃厚接触者はいないという報告を受けていたゼルビアのもとに、陽性は晴山だけだったという連絡が入ったのは2日午後3時半すぎだった。

 一連の情報が提示され、Jリーグ関係者や専門家を交えながらサンガと話し合いが行われた結果として試合は開催された。キックオフ前にオンライン会見に臨んだ、ゼルビアの大友健寿代表取締役社長は「(開催決定は)ギリギリのタイミングでした」と振り返るとともに、こんな言葉を紡いでいる。

「代表の合宿があって初日にPCR検査ができたわけですけど、これが(代表合宿に行かずに)本日の試合で(晴山が)遠征メンバー入りしていたら、と想像すると怖いところがあります」

 仮定の話になるが、U-19代表に招集されなければ晴山の結果は4日までわからなかった。そもそも金曜日をメインに2週間ごとに検体を採種するJリーグの公式PCR検査は、翌週の水曜日以降の2週間に行われる公式戦へ出場する上で、安心安全を担保するために設定されている。

 第4回公式検査で言えば、8月5日以降の2週間が対象になる。しかし、検査実施日と5日の間に行われる公式戦との間に“隙間”が生じてしまうことが図らずも明らかになった。陽性が判明した晴山や陽性の可能性が極めて高いとされたアビスパの選手が、見逃されていたおそれがあるわけだ。

 さらにつけ加えれば、ゼルビアやアビスパは検査センターの職員が週末返上で検査にあたったが、すべてのクラブを前倒しさせることはマンパワー的に難しい。1日および2日に行われた全カテゴリーのリーグ戦で、エントリーしたすべての選手に陰性が確認されていたのか、とオンライン会見で問われたJリーグの藤村昇司特命担当部長は「そこまではできていません」と答えている。

「機械へ一度に通すことのできる検体件数が決まっているので。順番を(検査センターで)前後してくれているなかで、早くわかるクラブとちょっと後で、というクラブに分かれていると思います」

 公式検査の実施が決まった5月下旬は、全47都道府県に発令されていた緊急事態宣言が解除され、新規感染者数も落ち着いていた時期でもあった。ひるがえっていま現在は、東京都や大阪府などの大都市圏を中心に感染が再拡大。秋に来ると予想されていた、第2波を指摘する声も少なくない。

 先月下旬に名古屋グランパスで相次ぎ、7月26日のサンフレッチェ広島戦の中止へつながった4人の新規感染者も、第3回公式検査で陰性が確認されたDF宮原和也が発熱などの症状を訴えたため、グランパスが独自に実施したPCR検査で陽性が判明したことが発端となった。万全を期してさらに実施したPCR検査で、感染者がさらに増えた。

 今回もFC東京戦へ向けて先月31日に都内に入った、サガン鳥栖の選手の一人が発熱。連絡を受けたJリーグがサガンの検査判定の前倒しを要請した直後に、U-19合宿における晴山の件が重なった。サガンは発熱者を含めた全員の陰性が確認され、FC東京にも連絡が入ったが、それでも長谷川健太監督が試合後の会見で「(試合を)やるべきではなかった」と問題を提起して波紋を呼んだ。

 つまり、2週間ごとの公式検査体制では、新たな局面を迎えている新型コロナウイルスの現状に追いつけず、生じた“隙間”で感染してしまう選手やスタッフをとらえきれないことになる。
 対策を問われた村井チェアマンは、JFAがU-19代表合宿で実施したSmartAmp法を新たに導入した上で、PCR検査と併用していく方法を「大至急、検討に入りたい」と明言している。

「例えば試合会場で試合開始前に検体を採取して、検査スピードが非常に速いSmartAmp法と、それで絞り込まれた選手やスタッフへPCR検査を実施する併用も十分にありえることを、今回のJFAの判断に学んでいます。トータルの実効性とコストなど、さまざまな情報収集を急ぎたい」

 神奈川県衛生研究所と理化学研究所が開発し、7月から「検査の神奈川モデル」として簡易パッケージ化されたSmartAmp法は、判定結果がわかるまでに約1時間しかかからないスピーディーさが注目されている。U-19合宿ではPCR検査とのダブルチェックが行われ、濃厚接触者を出すことなく晴山を隔離できた。JFAの反町康治技術委員長も、SmartAmp法をこう評している。

「基本的には非常に信頼できる機器だ、ということで私たちも使っています」

 陽性判定者が出たクラブに対して公式検査の頻度を増すためのガイドライン改定や、濃厚接触者を認定する全国各地の保健所と週末にスピーディーに連携を取るための関係作りなど、再び猛威を振っている新型コロナウイルスに対処していく上での課題も山積しつつある。

「選手個々の行動履歴を追うと、ガイドライン通りにしっかりと対応してくれていると私は認識しています。それでも感染する可能性が高いというのであれば、やや抽象的な表現になりますが、脅威を認識しながら、十分な注意をあらためていかなければいけないと思っています」

 村井チェアマンは原点に立ち返ることの大切さも訴えた。5000人を上限とした現状の観客動員体制を最低でも今月いっぱいは継続していくなかで、2試合の中止をへて突きつけられた課題を乗り越え、サッカーに関わるすべての人々の安心安全を保証するための道筋を追い求めていく。
(文責・藤江直人/スポーツライター)

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/2dc6fa8c234b5d3c68388da1ee0ba22ad000172f

 

1:名無しさん@さかまと!

体温36.2で症状なしで陽性の可能性が高いってなんだろうと思う。
高熱や症状があったら陽性の可能性もあるって発表するのは分かるけど。
PCR検査の盲点とか言われてもPCR検査ってそんなもんだからね。
2週間に一度の定期検査を週末の試合に合わせたタイミングに変えても平日には同じような事が起きるし、
プロ野球やJリーグ関係者に行ってる検査じゃなくて一般人の行ってる検査もそのタイミングで陰性でもいつ陽性になるか分からないからね。
このガイドラインでやってるんだからそれに合わせてやるしかない。
誰がどのタイミングで発症するかなんて分からない

 

2:名無しさん@さかまと!

こういう事は再び起こるかもしれない、新型コロナは本当に厄介だな。

 

3:名無しさん@さかまと!

色々な意見があるかもしれないが,Jリーグはベストではなくても何とかベターな選択をしようと一生懸命なのが伝わってくるし,情報もよく公開していると思う。
協力して乗り越えたい。

 

4:名無しさん@さかまと!

こういう事例は今後も出てくるでしょうね!大切なのは組織の出した結果に文句つけないこと!これに尽きると思います。
全てのことが前代未聞、かつて経験したことのない決断ばかり。
今は万全を期して中止になることが多いが、そのうちそうではなくなるかも知れない。
いずれにしても何の権限も関係もない野次馬がケチつけるのは卑怯です!
これ中途半端なコメンテーターさんも同じですよ!

 

5:名無しさん@さかまと!

難しい判断の中、感染防止で謝罪のコメントと説明を出してるチェアマンに感謝です。
観戦予定のサポは正直、マジかッ!だけど、コロナ相手で 感染した選手やクラブを叩くコトはナシで。
情報公開は正確・迅速。次の試合に切り替え
てほしい。皆が大変な時期。

 

6:名無しさん@さかまと!

感染者を責めない。
少しでも危険だと思ったら試合をしない。
この2つは大事だと思います。
「やっぱり試合しても大丈夫だったじゃん」と言うのは無し。「試合しなかったら大事に至らなかった」というスタンスを支持します。

 

7:名無しさん@さかまと!

検査ができて、
事前対処が出来ているだけでも
Jリーグはよくやっている。
行ったり来たりを繰り返して、
学びながら進むしかない。

 

8:名無しさん@さかまと!

観戦予定のお客さんは残念だったと思うが、Jリーグ運営側の動きの早さと、
決断力は良いと思います。政府も見習って欲しいですね。

 

9:名無しさん@さかまと!

選手個人は責めないでほしい。
乗り越えての試合再開を楽しみにします。
もちろん自分と関わる周囲にも気をつけます。

 

10:名無しさん@さかまと!

よく決断したと思う。
現地組は大変だったと思うけど、この判断を無駄にしないように皆んなで協力していかないとね。

 

11:名無しさん@さかまと!

ガイドラインにはゴールセレブレーションの際は社会的距離を保つこととあるのにガッツリ抱き合ったりしてる。また、ベンチ入の選手は不要な会話を控えるとあるのに思っくそ声出してる。
客の見える範囲でもこれだけガイドライン無視してるシーンがあるのだから、他にも色々形骸化してる箇所はあるだろうな。

 

12:名無しさん@さかまと!

Jリーグの真摯な姿勢は高く評価されるべきと思う。
一方、PCR検査を頻繁に行ったとしても感染者の完全な封じこめはできないこともハッキリわかってきて、
なおかつ、こと日本においては重症者数も死亡者数も諸外国と比べて、窮めて少なく、
それは他の疾病の死亡率等々とも比較して、明らかに少ないこのウィルスに、
本当にここまでセンシティブな対応をすべきなのか、最近甚だ疑問に感じる。
未知のウイルスゆえに慎重な対応をすべきというのもわからなくもないが、
もう情報災害の危険性も同時に考慮されるべきではないか?

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.