特集・コラム・インタビュー

カズはなぜ53歳でピッチに立てるのか

記事の内容

Jリーグ横浜FCのFWカズ(三浦知良)が5日のルヴァン杯鳥栖戦に先発出場して、53歳5カ月10日のJ公式戦最年長出場記録を樹立した。同杯の従来の記録を10歳以上も更新。中山雅史の45歳2カ月5日のJ1リーグ戦最年長出場記録の更新にも期待が高まった。サッカーに限らず、近年は40歳を過ぎても第一線でプレーしているプロ選手は珍しくないが、さすがに50代の選手は世界でも稀だ。

数年前に取材した西別府病院スポーツ医学センターの松田貴雄センター長の話を思い出した。選手寿命が延びた要因として、身体のケアやメンテナンスなどスポーツ医科学の急速な進歩と、競技環境の向上を指摘した上で「環境さえ整えば50歳になっても第一線でやれる素地はできている」と、カズの偉業を予言していたからだ。

かつて致命的と言われたひざやひじの故障は、最新のMRIの的確な診断で適切な手術や治療が施されるようになった。開幕3カ月前に右足靱帯(じんたい)損傷の重傷を負いながら18年平昌五輪で連覇を達成したフィギュアスケートの羽生結弦が記憶に新しい。

松田氏によると、近年のスポーツ医学はむしろ故障する前段階で原因を発見して早期に対処することに、より力を発揮しているという。アイシングやマッサージなどリカバリーの技術も進歩した。若い頃から故障を予防できる医療環境が、長く競技を続けられる要因になっている。

もっとも選手寿命が延びたとはいえ、カズに続く2番目のJ年長選手は同じ横浜FCのMF中村俊輔の42歳で、プロ野球では阪神の福留孝介の43歳が最年長。カズは彼らより10歳以上も上。スポーツ医科学の進歩などの周辺環境だけでは説明し切れない。きっと彼には別の要因もあるはずだ。

ここからは私の推測である。

サッカー担当記者時代、カズという人間を象徴する出来事があった。98年6月、W杯フランス大会開幕8日前に彼は日本代表から落選した。日本中が驚いた非情の通告。しかし、直前合宿地ニヨン(スイス)で岡田武史監督が「外れるのはカズ、三浦カズ」と発表した3日後、帰国したカズは成田空港から所属していたV川崎のグラウンドに直行。練習を再開したのだ。

W杯初出場。日本のエースとして今まさに手をかけた夢が消えた。その絶望は想像すらできない。怒り、恨み、悔やみ……人間だから当然あっただろう。しかし、彼は愚痴や不満は一切口にしなかった。自分に何が足りなかったのかだけを考えて前を向いた。後に「落ち込んでいるひまはないと思った」と当時の心境を語っている。

運動能力が群を抜いているわけではなし、スピードがあるわけでもない。器用でもないし、アスリートにしては体も硬い。それでも53歳まで現役を続けてこれたのは、どんな試練にも歩みを止めず、不運を人のせいにせず、すべてを通過点と考えて前を向いてきたからではないか。身体を鍛え、技術を磨きながら、彼はそんな心の修練をずっと続けてきた。だからカズは今もピッチに立っているのだと思う。

【首藤正徳】(ニッカンスポーツ・コム/スポーツコラム「スポーツ百景」)

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/b507d7e4e048bf556157a1f1c3f0c861b94356c0

 

1:名無しさん@さかまと!

以前、スペイン誌『パネンカ』に三浦知良の特集記事が載っていたことがあります。
そのタイトルは「ミスター・サッカーの歴史」でした。
簡単に要約すれば、それは「三浦が歩んできた道程=日本サッカーの歴史」というものでした。
少々強引な見解にも思えますが、「カズ」が日本を象徴する存在なのは間違いないでしょう。
そのカズの凄いところは世代の垣根を超えて愛される選手だということです。世界を見渡しても、彼のような選手は皆無に等しい。スペインでいえば、タイプや性格は違えどイニエスタ(現ヴィッセル神戸)が人々に愛されるという意味で近い選手かも知れません。

 

2:名無しさん@さかまと!

現在、横浜FCはリーグで1勝しかできてません。
しかもほぼ2点差以上で、3点や4点、5点もとられて負ける試合もあるほど守備崩壊してます。
正直、とてもナイーブな状態チーム状況だからこそ、カズという1選手の枠を超えた選手が必要で、実際にスタメンで出したことで、格上相手にもチーム一丸となってカズさんに勝利をって、これまでの守備が嘘のようにクリーンシートに抑え、劇的弾での勝利です。
広告塔と言ってる人は本当に大事な部分をみることができてないかと。
この試合も観ていないかと思われます。
これまで全く勝てないチームにとってカズの存在はこの試合かなり大きく、カズ自身も相手GKのファインセーブがなければゴールでしたし、勝利の要因としてカズの存在が大きいです。
ただの「FW選手」ならごまんといますが、カズのようなどんな辛いときでもチームにポジティブな影響力を与えることができる選手は本当に貴重で重要です。

 

3:名無しさん@さかまと!

サッカー界にカズと言う日本人がいたこと、出来上がったことが奇跡に近い。
アスリートとしてだけでなく、男としてかっこいい。
ダンディズムに溢れ、ファッショナブルで、硬派。
ゴッドファーザーを敬愛するだけあって、カズもハードボイルド。

 

4:名無しさん@さかまと!

サッカーは走るスピードと持久力が重要なスポーツだから、引退は比較的早いです。
53歳でこれだけ走れるのは驚きだけど、体力的にかなり厳しいでしょうね。
体力を維持して、契約してもらえる限りは、ずっと続けてほしいと思います。

 

5:名無しさん@さかまと!

すごい、の一言に尽きます。
腹も出てないし2重あごじゃない、同じ年の自分と真逆(笑)
俺も頑張んなきゃって思った。
批判もあるのは知ってますよ、客寄せパンダとか引き際を知れ、とか。
そう言う人たちがパンダの格好したところで客は寄り付かないし、
引き際どころか人前に出て称賛された事もないだろうに。
余計なお世話だし、カズはそんな批判に影響されないですね。
正に希望の星、カズ!頑張ってくれ!

 

6:名無しさん@さかまと!

試合に出場したのはもちろん偉業だと思います。
でも、53歳で日々チームメイトと一緒にトレーニングをして、それをこなしているのが凄いと思う。

 

7:名無しさん@さかまと!

本当に昔からずっとカズはカズだなぁ…と思う
30を超えたくらいから、求められるところはそれまでとは
違う方向に行ったように思うけど、それでもカズはカズだった
気が付いたら40になったカズはカズだったし、50を超えた今
やっぱりカズはカズだった
日本のサッカーはずっとこの人と一緒にあったなぁと思う
行けるところまでいってほしい。

 

8:名無しさん@さかまと!

コロナ禍でスポーツがファンあってのことであることが改めて意識された。
カズを見て勇気づけられる中高年は多いはずだから、大変な社会貢献になっていると思う。

 

9:名無しさん@さかまと!

カズ自身も早い段階で自分の置かれてる立場は分かってるはず。
客寄せパンダであったとしても
50歳を超えてなおサッカーを愛し
レギュラーを取るために
日々頑張られたら
若手からしたら自分がやらないわけには行かないと思うはず。
カズがもたらしてるのはお金だけでは
決してない。
日本の政治家や自分の上司に
こんな人がいたら…。と
サッカー以外の場面でも
カズから学ぶことは多いです。
これから暑くなるので
体調には気をつけて
これからも頑張って欲しいです。

 

10:名無しさん@さかまと!

20年くらい前に「カズなんかタダでも要らないと言われるまでやる」と言ってた記事を憶えている。
本当にその通りに実行していることが凄いし、この人は最後は年俸ゼロでも契約するチームがある限りはプロとしてやるんだろうなと思う。

 

11:名無しさん@さかまと!

カズさんは何がすごいって、自己分析をしっかりされており、このコロナ禍をはじめとしたJリーグを盛り上げる責任感というものをとても強くお持ちなんだと思う。
スポーツはやはりファンや観客がいて成り立つもので、今自分自身に何が求められているかが誰よりもわかっているんだと思います。
今後も怪我せず、全力で頑張っていただきたいです。
私も全力で応援します!

 

12:名無しさん@さかまと!

カズ選手が、もしもワールドカップ本大会の舞台を踏んでいたらと考えてしまうことがある。やっぱりここまで現役には拘っていなかったように思う。

 

13:名無しさん@さかまと!

47歳ですがまたサッカーがしたくてトレーニングしています。体力も反射神経も瞬発力も落ち動けば怪我をして、もう限界だと思いましたが、カズ選手が自分もまだやれるかもと思い立たせてくれました。同時に怪我をしないためのトレーニングや試合時にピークを持っていく食事方などを学びました。まあ、実力はもちろんカズ選手の足元にも及ばない草サッカー選手ですが(笑)

 

14:名無しさん@さかまと!

昨日、横浜FCは終了間際に、瀬沼選手のゴールで勝利しています。
カズは既に交代してピッチにはいませんでしたが、横浜FCの選手たちが「カズさんが先発した試合を負け試合にしてたまるか」という思いでプレーしていた事は容易に想像ができます。
その意味で、直接ゴールに関与していなくても、「チームを勝たせる選手」と言って語弊はないと思います。
是非、今シーズンJ1という舞台で、カズのゴールが見たいですね。

 

15:名無しさん@さかまと!

サッカーファンとして、Jリーグ発足からみていました。 20代のころは、チャラチャラした行動が目立ち好きではありませんでした、
何かの記事で施設を訪れ子供たちと触れ合っていてるコメントに、彼らに自分は勇気と励ましを頂いているというコメントがありました。
自分の知らない所で、サッカーに必死で取り組んでいると思いました。
53歳でピッチに立てたのは、医療科学の進歩もありますが、何より
カズのサッカーに対するひたむきさ、サッカーを自分の使命と思って日々精進していることが、一番の要因と思います。
これからもサッカーを愛しプレーを続けるカズを応援いたします。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.