移籍・契約関連情報

J序盤戦、移籍が成功の選手「ベスト3」。新天地で輝いているのは誰か

記事の内容

4月21日に配信した「Jリーグ序盤戦に見る、今季補強が成功しているチーム『ベスト3』」に続いて、選手個人にスポットを当てたのが今回のテーマ。今季から新たなチームに移った選手の中で、リーグ序盤戦において、最も活躍している選手、移籍が成功したと言える選手は誰か、再び識者3人に「ベスト3」を選出してもらった――。

中山 淳氏(サッカージャーナリスト)

1位=大久保嘉人(セレッソ大阪/FW)

 今年の移籍組で最も華々しい活躍を見せている選手と言えば、古巣セレッソ大阪に復帰を果たした大久保嘉人(東京ヴェルディ→)だろう。

 開幕戦の先制点を皮切りに、3試合連続ゴールを記録するなど、12試合を消化した時点で11試合に先発し、計5ゴールをマーク。いよいよ前人未到のJ1通算200ゴール達成も、現実味を帯びてきた。

 ここ最近は鳴りを潜めてはいるものの、38歳の大ベテランはまだまだ元気。完全復活させたレヴィー・クルピ監督の手腕も見逃せない。

2位=ジョアン・シミッチ(川崎フロンターレ/MF)

 2位に推したいのは、王者・川崎フロンターレのアンカーに定着したジョアン・シミッチ(名古屋グランパス→)だ。そもそも、レアンドロ・ダミアンがそうだったように、川崎のスタイルに外国人選手がフィットするためのハードルは低くない。

 にもかかわらず、シミッチは開幕からスタメンに定着したばかりか、試合を重ねるごとに機能性を高め、持ち前の球際の強さやパス供給力を発揮。ワークレートも高く、早くも攻守の要として不可欠な戦力になっている。

3位=宮代大聖(徳島ヴォルティス/FW)

 もうひとりは、川崎フロンターレから徳島ヴォルティスにレンタル移籍した宮代大聖だ。開幕から1トップ下や右サイドでリーグ戦10試合に出場し、ここまで3ゴールをマーク。得点した3試合はすべて勝利につながっており、昇格チームを9位(4月18日の開催試合終了時点)に浮上させる原動力となっている。

 もともとクオリティの高さには定評があったが、新天地で水を得た魚のように躍動。横浜FC戦とセレッソ大阪戦のゴールは、フィニッシャーとしての能力の高さを示している。

浅田真樹氏(スポーツライター)

1位=ジョアン・シミッチ(川崎フロンターレ/MF)

 今季J1連覇を狙う川崎フロンターレにとって、守田英正が抜けた穴はアキレス腱になりかねなかった。

 だが、チームの"へそ"とも言うべき場所にポッカリと空いた大きな穴は、ここまでほとんど気にならない。今季新加入のジョアン・シミッチ(名古屋グランパス→)が埋めているからだ。

 守田の背番号6を引き継いだレフティーは、開幕当初こそやや遠慮が見られた。実際、多くの試合で先発出場しながら、比較的早い時間に途中交代で退くことがほとんどだった。チームのやり方をまだ把握し切れていない部分があったのかもしれない。

 しかし、試合を重ねるにつれ、彼らしいセンスのいいパスでチャンスメイクする機会が増えた。序盤戦の出来から想像した以上に、チームへの適応は早かった。川崎が早くも独走態勢を築きつつある、大きな理由のひとつである。

2位=明本考浩(浦和レッズ/MF)

 正直なところ、J2の栃木SCからの移籍であり、それほど注目して見ていたわけではなかったが、だからこそのサプライズ的要素も含め、これまでの活躍度はかなり高い。

 同じ浦和レッズの新戦力で言えば、主にトップ下で攻撃の中心的役割を務める小泉佳穂(FC琉球→)のほうが注目される存在なのかもしれない。だが、ドリブル突破にしても、フリーランニングにしても、一つひとつのプレーに馬力があるうえ、前から後ろまでのポジションを左右問わずこなせる自在性も備える明本に、むしろポテンシャルの高さを感じる。

 現在のプレーぶりだけを絶対値で計れば、彼以上の働きをしている今季新戦力は他にもいる。しかし、さらに化ける可能性も加味すれば、かなり面白そうな選手である。

3位=大久保嘉人(セレッソ大阪/FW)

 今年39歳。昨季はJ2東京ヴェルディで19試合出場ノーゴール。今季セレッソ大阪への移籍も、引退の花道を飾るためのものかにも思えた。だが、さすがは3年連続(2013年~2015年)でJ1得点王に輝いた点取り屋である。

 いきなりの開幕戦でのゴールを皮切りに、3試合連続ゴールでチームに勢いをもたらした。

 今季のC大阪は、クラブの顔であった柿谷曜一朗や、守備の要のマテイ・ヨニッチら主力が流出し、少なからず不安要素を抱えていた。もしAFCチャンピオンズリーグ出場の負担に足を引っ張られるようなことがあれば、(2014年がそうだったように)大きく低迷する可能性すらあっただろう。

 大久保加入がチームにもたらした影響は、有形無形を問わず、大きなものに見える。

小宮良之氏(スポーツライター)

1位=エウベル(横浜F・マリノス/FW)

 ブラジルのバイーアから新加入。初めての海外でのプレーながら、横浜F・マリノスのように特殊性の高いスタイルに早くも適応しつつある。

 ゴールを撃ち抜く強度を感じさせるアタッカー。ドリブルをしながらのシュートで、精度が落ちない。腰が強く、振りも鋭く、ゴール近くでの決定的な仕事が今後さらに増えてくるはずだ。

 左サイドからカットインしてのシュートは、ひとつの持ち味だろう。しかしそれだけではない。直近のコンサドーレ札幌戦では、一度は味方のハンドで取り消されたが、完璧なタイミングでヘディングのポジションを取り、ゴールに飛ばしていた。そして、終了直前にはドリブルでひとり交わし、左足でニアのゴール上を撃ち抜いている。

 昨季チーム最多得点(13点)のFWエリキ(→パルメイラス)の穴を埋める活躍が期待できるのではないか。

2位=宮代大聖(徳島ヴォルティス/FW)

 序盤戦、昇格組・徳島ヴォルティスの健闘の原動力になっている。

 一昨年はJ2のレノファ山口、昨年はJ1王者・川崎フロンターレでプレー。ゴールへのアプローチのうまさは見せていた。そのテクニックは非凡で大器の予感があった。ただ、2シーズンでカップ戦を含めて4得点と、10代特有の弱さ、脆さも感じさせていた。

 それが今シーズン、川崎からレンタル移籍した徳島で、うまさが強さに代わろうとしている。セレッソ大阪戦、ペナルティーエリア内でパスを足元に呼び込んだフィニッシュは美しさすら漂っていた。10試合で3得点だが、そもそもシュートまで持ち込める技術が魅力だろう。

 戦力的に恵まれていない徳島で、攻撃の存在感を見せられているのは特筆に値する。

3位=大久保嘉人(セレッソ大阪/FW)

 東京ヴェルディから移籍。序盤戦では今季Jリーグの顔になった。38歳にして、開幕5試合で5得点。J1リーグ3年連続得点王(2013年~2015年)、J1歴代得点王(190点※4月18日の開催試合終了時点)の面目躍如と言えるだろう。

 ただ、ここ最近は連戦で疲れも見える。レヴィー・クルピ監督は起用法を再考すべきだろう。大久保自身はピッチに立つ限り、すべてを出し尽くすが、消耗した状態ではせっかくのシュート精度が落ちる。マークが厳しくなった以外に、それが6点目の決まらない理由か。

 ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の戦術の名残はこれから薄れ、新しいセレッソ大阪の真価が問われるが、大久保嘉人の浮沈もそこで決まる。

 

1:名無しさん@さかまと!

宮代は2シーズン徳島で活躍し、その後にヨーロッパの中堅リーグに移籍できれば
移籍金やら連帯貢献金やらで宮代本人、川崎、徳島、三者にとっても理想的。
川崎は宮代の代わりとなる山田新を獲得できれば小林の後継者になり得ると思う

 

2:名無しさん@さかまと!

今年は4チーム降格なので終盤戦まで見逃せない戦いが続きますね!
今シーズンも補強した選手が活躍しているチームは強い印象を受けます。
どのチームもコロナの影響で大変かと思いますが、ベストな試合をしてJリーグを盛り上げて頂きたいと思います。

 

3:名無しさん@さかまと!

移籍が成功って話なら大久保だろうなあ。完全に終わった選手だと思っていたし。他は浦和のJ2組とかかな?

 

4:名無しさん@さかまと!

OBの大久保も含めるとやたら川崎絡んでるな~
宮代がちゃんと帰ってくるのか本気で心配になる。

 

5:名無しさん@さかまと!

宮代が一年間徳島で自信を付けて、来年川崎にレンタルバックして活躍になればなと。

 

6:名無しさん@さかまと!

嘉人の首位は大いに納得や!嘉人みてたらセレッソに骨埋める覚悟感じるで。

 

7:名無しさん@さかまと!

千葉から来た鳥栖のFW山下も5ゴールだよー。

 

8:名無しさん@さかまと!

戦力的に恵まれていない徳島・・・。
試合見てないやろ(笑)

 

9:名無しさん@さかまと!

飯野が入っていない…

 

10:名無しさん@さかまと!

大久保、シミッチ、宮代と川崎を経由あるいは在籍している選手が名を連ねている。
足元の技術を大切にするクラブの影響がJリーグに広がっていることがわかる。
浦和の秋元選手は、栃木では目立っていた。
まだまだ栃木時代の猛進ぶりの片鱗しかみせてはいにいが、よい選手。

 

RSS フットボールアンテナ

-移籍・契約関連情報
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.