特集・コラム・インタビュー

久保建英、ビジャレアルでスタメンを争うライバルは? 基本布陣やエメリ采配を検証

記事の内容

【スペイン発】カルタヘナ戦、テネリフェ戦を分析 エメリ新体制の主戦システムは4-4-2か

 ビジャレアルは今夏、MFサンティ・カソルラやMFアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサなどの主力選手が退団した一方、ビッグクラブで指揮を執ってきた経験豊富なウナイ・エメリ新監督を迎え、レアル・マドリードから期限付き移籍で久保建英、バレンシアからMFダニエル・パレホとMFフランシス・コクランの主力2選手を完全移籍で獲得した。スペイン1部の中でも、特に補強が上手くいっているクラブと高い評価を受けている。

 そして8月22日から28日まで、スペイン南東部の町アルゴルファ(バレンシア州)で行われている合宿で、2部のカルタヘナ、テネリフェ、1部のバレンシアとの3試合、その後ホームに戻り、1部のレアル・ソシエダ、レバンテと2試合のプレシーズンマッチを経て、9月12日の週末に予定されているリーガ・エスパニョーラ開幕戦を迎えることになる。

 プレシーズンマッチをまだ2試合しか戦っていないため、リーガ開幕戦に向けたメンバーについて語るのは時期尚早だが、システムに関しては、現段階では久保をトップ下で起用したカルタヘナ戦の後半以外で採用されている、4-4-2で臨む可能性が高いと思われる。

 久保はここまで、カルタヘナ戦(3-1)でトップ下、テネリフェ戦(2-3)で右サイドハーフに入り45分ずつプレーしてきたが、連係不足も影響し、大きなインパクトを残せていない。しかしエメリ監督がカルタヘナ戦後に、「今、最も重要なのは出場時間を蓄積すること。我々は(MFアレックス・)バエナを除く全員を45分間プレーさせた」と語り、「選手たちに出場時間を与え、組み合わせやグループの中での個人のポテンシャル、選手たちのポジションを探すつもりだ。プレシーズンマッチは、そのためのものだからね」と、ここまでの2試合があくまでも調整であることを強調しているため、まだ焦る必要はないだろう。

 こうした状況の中、ここ2試合の起用法を見てみると、昨シーズンの主力がベースになっており、GKセルヒオ・アセンホ、DFルベン・ペーニャ、DFパウ・トーレス、DFアルベルト・モレーノ、FWジェラール・モレーノ、FWパコ・アルカセルの6選手、そして新加入のパレホがレギュラーに近いと思われる。

 パレホはバレンシア初年度の2011-12シーズンの1年間、エメリ監督の下で現在と同じダブルボランチの一角、もしくはトップ下でプレーした経験がある。

 また、センターバックの残り1枠について、DFソフィアン・シャクラやDFハウメ・コスタが候補に挙がるが、ここまでなんらかの理由でメンバー入りしていない守備の要であるDFラウール・アルビオルに与えられる可能性が高い。パレホのボランチのパートナーは、ここ2試合でテストされてきたMFビセンテ・イボーラ、コクラン、MFモイ・ゴメスの3選手の中から選ばれるのが濃厚だ。

右サイドハーフは候補者乱立、トップ下ではイボーラが強力なライバル

 そして久保がレギュラーの座を獲得するためには、右サイドハーフかトップ下のポジション争いに勝つ必要がある。

 システムが4-4-2の場合、右サイドハーフで昨季のレギュラーだったMFサムエル・チュクウェゼや、ウエスカへの期限付き移籍を終えて戻ってきたFWダニエル・ラバと競うことになるほか、昨季両サイドハーフとしても機能したユーティリティプレーヤーのモイ・ゴメスという可能性もあるだろう。

 一方、エメリ監督がバレンシアやセビージャの監督時代、ベースとして戦ってきた4-2-3-1でプレーする場合、久保には右サイドハーフのほかトップ下という選択肢も与えられることになるが、そのポジションでは経験豊富なイボーラが強力なライバルとなりそうだ。

 イボーラは2013-14からの3シーズン、エメリ監督が率いたセビージャでプレーし、UEFAヨーロッパリーグ(EL)3連覇に大きく貢献。昨季はビジャレアルでボランチに配置されることが多かったが、エメリ政権下のセビージャ最後のシーズンでは、MFエベル・バネガと並びトップ下で起用されていた。

 久保が4-2-3-1の右サイドハーフに入る場合、チュクウェゼ、ラバ、モイ・ゴメスのほか、センターフォワードながら昨季同ポジションでもプレーしているリーグ得点ランキング3位のG・モレーノもライバルになる可能性がある。

 久保がレベルの高い選手たちとの熾烈なポジション争いを勝ち抜くためには、これまで以上にプレーでアピールする必要があるが、マジョルカ時代のように監督の信頼とレギュラーの座を勝ち取り、成長する姿を新チームでも見せてくれることを期待したい。

高橋智行 / Tomoyuki Takahashi

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/af9b11e18ffcb903edae535f8e5b600e64d44410

 

1:名無しさん@さかまと!

最初からビジャレアルクラスのクラブで簡単にレギュラー取れるわけがない
いくらレアルの若手有望選手でも、レギュラーの保証はされていない
しょせん経験の浅い19歳であり、1年のレンタル
厳しい戦いになるのは本人もレアルも百も承知で
このレベルのクラブのレギュラー争いで勝てるまで成長させようとしている。
レアルに戻ってもほとんど試合に出れずにベンチを温めることがないように。
ビジャでレギュラー獲得して定期的に試合出れるなら
少なくともレアルでレギュラー争いができるレベルにはなる。
普通の選手だったらまだ早いと言えるが
レアルは久保に特別な自信をもっている証拠
もし自信がないなら、もうワンランク下のレギュラー確実なクラブに1年入れて
さらにもう1年はレンタルを続けさせただろう
来年EU圏外枠を空け久保を優先しレアルに戻すことを計画にしてることを見ても
相当な自信があるのだろう。

 

2:名無しさん@さかまと!

現状ではフィットしてないのは確実でしょうから手放しに褒めちぎるのは如何なものかと思います 優秀な選手でもチームにフィットしないと能力が出せない事は多々ありますしね。
しかしチーム合流から1カ月も経っていませんしプレシーズンですから連携さえ上手くいけば良い結果が出せる選手だと思いますし今夜の試合での活躍を期待してます応援してますよ。

 

3:名無しさん@さかまと!

久保の特徴は右ハーフスペースでパスを受けてからの攻撃と右サイドからのカットイン。プレシーズン見たけど、モレノが右サイドサイドに流れる傾向が強くて、ポジショニングがどうしてもかぶる。なんとかチームメイトと連携がとれてスタメンで活躍してほしい

 

4:名無しさん@さかまと!

ビジャレアルの今年の試合数は多いから、リーガか、ELか、どちらかは定期的に出ることができる。試合さえ出れれば、結果は自ずとついてくるだろう。何も心配は要らない。

 

5:名無しさん@さかまと!

練習試合程度ではお互いのテンションも高くないけど
リーガ開幕してヒリつく試合が続くに従って加速度的に
久保選手が周りとフィットしてくると思う
実戦で爆発的に上手くなるタイプではないでしょうか

 

6:名無しさん@さかまと!

ライバルも居るが周りのメンバーが質が高い。試合出たら楽しみだね。

 

7:名無しさん@さかまと!

最終的には「やっぱり久保すげー!」ってシーズンにしてほしい

 

8:名無しさん@さかまと!

2試合の練習試合と少し練習風景動画で、「合ってないとか」「苦労しそう」というコメントを見たけど、何がなんでも嫌いな人って凄いなと思った。

 

9:名無しさん@さかまと!

レアルも十分活躍出来ると思って送り込んだんだから、あまり悲観的に
考えない方がいいのかも....

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.