特集・コラム・インタビュー

「大久保や家長と決定的に違ったのは…」久保建英はなぜ結果を残せたのか?マジョルカ番記者が明かす舞台裏【現地発】

記事の内容

ラテン的なユーモアセンスも

 タケ・クボのマジョルカでのレンタル生活が終わった。

 昨夏すでにラ・リーガが開幕してからの入団だったが、出番を与えられるたびにアピールを続け、徐々に出場機会が増加。再開後は、チームの中心選手として君臨するまで首脳陣とチームメイトの信頼を勝ち取った。35試合に出場し、うち先発出場が23試合。4ゴール・4アシストという数字は、十分に及第点を与えられるはずだ。

 ドリブルは鋭く、パスは正確、視野が広く状況判断力も突出している。特筆すべきは、チーム随一のテクニックの持ち主ながら、その振る舞いに全くエゴイストな面がないことで、クチョ・エルナンデス、アンテ・ブディミル、ダニ・ロドリゲス、アレハンドロ・ポソといったそれぞれタイプの異なる周囲の選手たちと軽快にパスを交換しながら、攻撃を引っ張った。マジョルカは残念ながら1年で降格してしまったが、タケはチームの希望の星であり続けた。
 
 タケの謙虚な姿勢は自らを顧みる際にも共通している。満足できないパフォーマンスに終わった試合の後は、真っ先に反省し、そうした日々の取り組みが成長を加速させているのは間違いない。

 ただ謙虚さは日本人選手に共通して見られる傾向だ。タケが彼らと異なるのは同時に大胆さも持ち合わせている点だろう。幼少時代をバルセロナで過ごした関係で、スペイン語を流暢に操り、スペインの生活習慣にも順応しているのはよく知られている事実だが、その経験がまた物怖じしないパーソナリティの形成を促したのだ。

 だからだろう。タケはラテン的なユーモアセンスも持っており、その一面が見られたのが中断期間中にクラブが実施したクチョ・エルナンデスとのダブルでのリモートインタビューだ。クチョはタケより2歳年上の21歳。年齢が近いこともあり、タケにとってはマジョルカでもっとも気の合うチームメイトのひとりだった。ピッチ上でもふたりのコンビネーションの高さは際立っていたが、インタビューでも仲の良さを見せつけた。

 マジョルカのファンも参加したこのインタビューは、プレーステーションがどちらが上手いか、どちらが走るのが速いか、今シーズンにどちらがゴールを多く決めるか(最終的に5点対4点でクチョに軍配)など“ライバル心”を刺激する内容で、両者は冗談も交えながら一つひとつの質問に丁寧に答えていた。

いつの間にかロッカールームの人気者に

こうしたユーモアのセンスは、他のチームメイトとの関係を構築するうえでも発揮され、いつの間にかタケはロッカールームの人気者になった。もちろんタケがわずか1年でここまで急速に成長できたのは、10代とは思えないプロ意識の高さのおかげだ。試合前のウォームアップや練習はもちろん遠征のための移動中、ホテル内での過ごし方でもそのストイックさは垣間見えた。

 ただタケを特別な存在にしているのは、ピッチ外での振る舞いにも相通じる大胆さも無関係ではないはずだ。だからこそ、外国人、あるいは年上の中に入っても堂々と振る舞うことができ、それがピッチ上での活躍にも繋がったのだ。

 過去にマジョルカに在籍した大久保嘉人と家長昭博と比べて、タケのオープンな性格は決定的に違う点だ。このストイックさと大胆さを持ち続けていれば、きっと今後もスターダムを駆け上がっていくだろう。それが1年間タケを近くで見てきたわたしの、確信にも似た予感である。

文●ブリエル・フォルテサ(アス紙マジョルカ番)
翻訳●下村正幸

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/6483a8a1c75ad22a11f04402a8ba371b4c4497d5

 

1:名無しさん@さかまと!

やっぱりチームスポーツである以上コミュニケーション能力は不可欠ですよね。
イタリア移籍前からイタリア語を勉強してた中田や明るい性格でどこでも輪に入っていける長友とか思い出すと納得させられます。

 

2:名無しさん@さかまと!

一番違うのはスペイン語がきちんと話せるという事。
何を考えてるか言葉で話せるのは、チームメイトとの相互理解を深めるためには大事。

 

3:名無しさん@さかまと!

海外で仕事する上では、ユーモアというかジョークのセンスが大切だと思います。
センスの良いジョークは親しみを持たせるだけでなく、知的能力面の評価にまでつながる。

 

4:名無しさん@さかまと!

言葉が分かること話せることだろうね
それも、ただ単に話す、理解するではなくて、言葉の曖昧なニュアンスもしっかり分かることだろう
例えば単に縦にパス出せではなくて、出来るだけ相手を引きつけながら間を通すように縦に…
では意味が違うし、通訳いても、その辺は理解出来ないと海外では大変だと思う

 

5:名無しさん@さかまと!

周りが自分を受け入れてくれてる環境だとパフォーマンスも出しやすくなる。
そういう環境作りの面でも久保選手は長けているという事なんでしょうね。素晴らしいです。

 

6:名無しさん@さかまと!

コミュニケーションは重要だけど、結局サッカーの上手さの方が重要だよ。
実力が無ければ、一度スタメンから外された時に戻ってこれなかった。
岡崎はスペイン語が堪能ではないけど、レギュラーを掴んでいる。
久保の実力だよ。

 

7:名無しさん@さかまと!

日本でもヒーローインタビューで外国人選手がアリガトウゴザイマスとかガンバリマスとか言ってると応援したくなるように、
言葉がわかりその国の文化もわかり、さらに結果を出せばサポーターには必ず愛されます。

 

8:名無しさん@さかまと!

まぁスペイン語が話せて生活をしていた経験があるのは2人と違って決定的なアドバンテージになったと思う。
この先も故障に気を付けて成長して日本を代表するような選手になって欲しい。

 

9:名無しさん@さかまと!

結果を残せたというのは不正確
正確にはシーズン通じて、質の高い動きをしたということだと思う
数字は次のステップでもっと上げていきたい

 

10:名無しさん@さかまと!

大久保は残留に貢献して久保は残留に貢献できなかったのは結果じゃないのか?

 

11:名無しさん@さかまと!

やはりスペイン語が堪能なのが大きいね。しっかし、まだ19歳なのにしっかりしてるなぁ。中身はもう、完全に大人だね。

 

12:名無しさん@さかまと!

一回り以上歳が離れてる家長には申し訳ないが、久保は次元が違う。

 

13:名無しさん@さかまと!

海外で成功するにはサッカーでも語学は大事

 

14:名無しさん@さかまと!

将来どこまでの選手になってくれるか楽しみです。

 

15:名無しさん@さかまと!

大久保のほうが残留させてチームに貢献してるような...

 

16:名無しさん@さかまと!

え?大久保は結果残してるだろ

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.