特集・コラム・インタビュー

【神戸】ロティーナ前監督解任の裏側 イニエスタ起用法でクラブと食い違い、最後まで信念貫く

記事の内容

 ロティーナは、同じスペイン人のイニエスタに全幅の信頼を置いていた。

 ヴィッセル神戸の監督を28日付で解任されたミゲル・アンヘル・ロティーナさん(65)は、最後まで自身の信念を貫いてクラブを去った。

 4月8日の就任発表から約2カ月半。その間のJ1リーグは、2勝1分け6敗で最下位の泥沼を脱出できなかった。成績不振が解任の理由ではあるが、もう1つがMFイニエスタの起用法だったとみられる。

 18日の1-3で敗れた柏レイソル戦後、クラブはイニエスタの今後の起用法について、ロティーナさんを含めて話し合いを持った。関係者によると、ここでクラブと監督の主張が大きく食い違ったという。

 クラブは、38歳になったイニエスタの出場時間を制限し、時に休養(欠場)させるなど、無理はさせたくない姿勢だったという。

 ロティーナさんは、同じスペイン人のイニエスタに全幅の信頼を置いていた。もちろん、心身の状態を見極めた上でだが、イニエスタをあくまで必要な戦力と考え、先発で使い続けてきた。それが神戸の基本形と考えていた。

 出場記録を見れば、就任後のリーグ戦全9試合にイニエスタを起用し、うち8試合が先発。途中出場したのはコンディション不良明けの1試合だけだ。

 実際に5月の取材では、決して運動量が多くはないイニエスタが、ロティーナさんのスタイルに合うか否かを問われ、明確に答えていた。

 「彼がプレーすることでボールを保持できる時間が増え、守備が減るのがアドバンテージ。ボールを持っていない時は、守備では足を使うのも重要だが、同時に頭を使うのも大切。賢い選手は、足腰のある選手と同様に守れる」

 ロティーナさんの最後の指揮となった26日の浦和レッズ戦も、迷わず先発で送り出している。日本特有の蒸し暑い中、7試合連続での先発起用だった。これらが解任の理由の1つになったとしても、指揮官に悔いはないだろう。

 65歳を迎えた18日の誕生日を前に、ロティーナさんは「自分が日本にきた時は59歳だった。日本での仕事は2年ほどかなと思ったが、6年でこの国が大好きになった。なので、自分を追い出すのは簡単ではないですよ」と笑っていた。

 大の親日家になったスペイン人指揮官は、東京ヴェルディ、セレッソ大阪、清水エスパルス、神戸で一仕事を終えた。今度は別のJクラブからオファーがあるかもしれない。トレードマークの気むずかしい表情をしながら、その時も信念を貫いているに違いない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/70f78e3935335dcefad8696667db1dca4fd3f03f

 

1:名無しさん@さかまと!

クラブはイニエスタを休ませようとし,ロティーナは先発での起用にこだわったという事か。 成績を残せない事に対して責任を取らせるというのは仕方ない部分はあるが,起用法についてまで介入するのは間違っているのでは? それぞれの責任の範疇で仕事をし,それぞれの責任の仕事を尊重し,それぞれの結果に対する責任を負うという当然の形じゃなければ,組織は成り立たない。 「介入するのがこのクラブのスタイルだから」と開き直れるのは,結果が出ている場合だけだが,こんな歪な組織で結果が出る訳がない。

 

2:名無しさん@さかまと!

んー確かにイニエスタに少しでも長くプレーしてほしいから長谷部みたいな使われ方が理想ではあるんだけど、当の本人たちは余計なお世話だろうからね。 世界を見てもフロント介入していないクラブが結果出してるのは明白だからねえ 理想は監督のしたいサッカーの中でそれに似合ったビッグネームを連れてくるとかが良いな。 35歳超えたって走れる選手は走れるし。

 

3:名無しさん@さかまと!

あれだけ反対された永井を三木谷がゴリ押しでSDにねじ込み 永井が彼しかいないと連れてきたロティーナ。三木谷はバッシングから辞任示唆をするも涙の続投決断。そして切られるのはロティーナだけ。 三木谷、永井、徳山社長は口をそろえて「補強が足りなかった」 やばいっすね

 

4:名無しさん@さかまと!

監督交代は神戸のお家芸。お約束。 強くなれるわけがない

 

5:名無しさん@さかまと!

神戸は三木谷のおもちゃですからね。 サポーターがかわいそう。

 

6:名無しさん@さかまと!

三木谷が執拗に介入することで有名。

 

7:名無しさん@さかまと!

素人が口出すな 以上

 

8:名無しさん@さかまと!

神戸は資金力はJで最強かもしれないけど、長期的な視野が狭いというか出来ていない。 元日本代表の海外で活躍できない居場所のないベテラン獲って、チーム内の流動性が上がるとは思えない。 トーマス・フェルマーレン退団したら、それクラスのDF代わりに獲れば菊池ももっと勉強なって成長できただろう。 結局場当たり的な元代表選手のネームバリューだけで獲って、育成も若い世代との融合も疎かにして、監督何人もコロコロ変えて、後先考えないやり方じゃ、一度落ちるところまで落ちて立て直すしかないだろう。

 

9:名無しさん@さかまと!

三木谷は、何でもすぐに結果が出せる方法があるはずだ、というのが信念だから。 野球でも野村か星野に、すぐに結果が出る方法は何かないかと尋ねている。(因みにその時は、「無理。無い。」とバッサリ断言されたらしい。)

 

10:名無しさん@さかまと!

サッカーもいまやビジネスだが、ビジネスのノウハウがそのまま通用しないのがサッカー。 そういう意味では三木谷さんはサッカーは全くの素人だし、クラブ運営を楽天のビジネス拡大の手札として考えていたのであれば、選手のネームバリューも必要だし、勝てなければ早急に手を打つのも理解はできる。 ただそんな単純じゃないし、アツや吉田、永井みたいなイエスマン以外もう監督を引き受けたくはないだろう。

 

11:名無しさん@さかまと!

一般論で言えば、選手の起用は監督の専権事項のはずで、そこにクラブが介入するってのはナンセンスな話だし、それがまかり通るなら、解任ではなくて監督の方から三行半を叩きつけるくらいの話だろう。

 

12:名無しさん@さかまと!

まぁ、スポ新の内容なんて話半分で読むくらいが適当なんですが、解任されたのだけは真実であって。 でもエスパもヴィッセルもなんだが、監督選びから間違ってるよね。 ロティーナは短期で結果出す監督でも無いのだから選んだ時点で間違い。 それにチームにいる選手が高齢で走れない選手が多くいる、やり方が浸透する前に「結果出ないから解任します。」ではなぁ~。

 

13:名無しさん@さかまと!

この会長さん、サカつくをやってる気分なんでしょうね。過去、監督交代で良い結果ってどれくらい出てるの?海外から出戻りの選手、これから成長を期待できる訳でもなく、チームに全てを捧げて闘う戦士でもない、それより生え抜きを育てましょうよ。お手本になる選手はたくさんいる。チームの成長を見守れないオーナーには無理かな?

 

14:名無しさん@さかまと!

クラブが口出しするのはダメだけど、イニエスタの起用法に関してはクラブ側の考えの方が正しいと思うけどね。 ロティーナも自分の考えの元にイニエスタをスタメン起用して結果出せなかったんだから解任も仕方ないよ。 監督変えすぎなのは確かだけど、今のままでは降格まっしぐらなんだからクラブとしては静観する訳にもいかないでしょ。 まあロティーナ連れてきた人も一緒に責任取るべきだとは思うけど。

 

15:名無しさん@さかまと!

サッカー知らない人がサッカー知ってる人をコントロールしようとする、そういうクラブ体質だからこそ、神戸は弱くなったんだろうな。

 

16:名無しさん@さかまと!

もうね、なぜ今神戸が弱いかが、その理由がこの顛末からありありとわかるよ。せっかくのイニエスタもこんなフロントじゃあ活かせない。実にもったいない

 

17:名無しさん@さかまと!

ヴェルディやセレッソではスタイルが合ったけど、清水ではまるで選手がついていけてなかった。神戸の監督交代のタイミングもすぐ結果を出さなきゃいけない時点でロティーナでは無いとわかりきってた。 これは流石にロティーナかわいそう。三木谷の独裁的な判断だろうね。

 

18:名無しさん@さかまと!

これが本当だとしたら酷いマネジメントだと思うが。神戸の監督には選手の起用法決める権利もないってことか。こんなクラブにはいい監督来ないし,来ても定着しない。いくらいい選手揃えても成績安定しない理由がよくわかるね。

 

19:名無しさん@さかまと!

確かにイニエスタの使い方には配慮が必要かもしれないが、勝ち負けの責任は監督が負う以上、最終的には監督が決める事。 フロントが介入する事ではない。

 

20:名無しさん@さかまと!

ファンもイニエスタがプレイすることに期待してるけど、38歳という年齢のことも考えないといけない。でも、フロントもイニエスタ抜きで勝てる選手を揃えないといけない。古橋とフェルマーレンの穴はとてつもなく大きい。


-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.