特集・コラム・インタビュー

【主な日本人欧州組のシーズン通信簿|FW編】スペインで二桁得点の岡崎ら3人を最高評価! 「天国と地獄」を味わったのは?

記事の内容

プレミア制覇やスペイン2部優勝を経験

 欧州各国のリーグ戦はようやく終わりを迎えた。新型コロナウイルスによる中断や打ち切りという異例の事態となった2019-20シーズンに、日本人アタッカーたちはどのようなパフォーマンスを残したのか。100点満点で採点した。

岡崎慎司(ウエスカ/スペイン2部)ーー80点(とてもよくやった)
【2019-20シーズン成績】
セグンダ・ディビジョン=37試合・12得点・0アシスト
コパ・デル・レイ=1試合・0得点・0アシスト

 昨夏に一度はマラガに加入しながら、財政難により選手登録が叶わず開幕直後に契約を解除。ドタバタで同じスペイン2部のウエスカへの移籍が決まったにもかかわらず、すぐにチームにフィットした点は称賛に値する。ゴールから遠ざかり、スタメンを外された時期もあったとはいえ、最終的にはチームトップの12ゴール。セグンダ制覇&1部昇格の立役者となった。

 豪快なボレーや得意のダイビングヘッドなど印象に残るゴールも少なくなく、また献身的な守備や途中出場でも黙々と役割をこなすプロフェッショナルな姿勢を見せ、指揮官やチームメイト、そしてファンの信頼を勝ち取った。シーズン終了後には契約を1年延長。来季は、念願のラ・リーガ1部の舞台で暴れ回る姿を見せてくれるはずだ。

南野拓実(レッドブル・ザルツブルク/オーストリア→リバプール/イングランド)ーー50点(可もなく不可もなし)
【2019-20シーズン成績】
プレミアリーグ=10試合・0得点・0アシスト
FAカップ=3試合・0得点・0アシスト
オーストリア・ブンデスリーガ=14試合・5得点・6アシスト
リーグ・カップ(オーストリア)=2試合・2得点・2アシスト
チャンピオンズ・リーグ=7試合・2得点・3アシスト(リバプールでは1試合・0得点・0アシスト)

 前半戦はザルツブルクで出色のパフォーマンスを見せつけ、レッズ入りを勝ち取ったが、プレミアリーグ初挑戦となった後半戦は決して褒められた出来ではなかった。

 モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネという強力3トップが万全だったため出番が限られ、またチーム戦術にフィットしようとしている時に新型コロナウイルスによって、活動ができなくなってしまうなど、情状酌量の余地はある。だが、30年ぶりのリーグ制覇を成し遂げたチームのなかで、0ゴール・0アシストとインパクトを残せなかった点はやはり痛恨だった。

 シーズン終了後に指揮官が「失望していない。彼には時間がいる」と語った通り、本格的な戦いは2年目から。まずは限られた出場機会で、ゴールやアシストなど目に見える結果を残したいところだ。

大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)ーー60点(及第点の出来)
【2019-20シーズン成績】
ブンデスリーガ=28試合・8得点・2アシスト
DFBカップ=4試合・1得点・2アシスト
ブンデスリーガ昇降格プレーオフ=2試合・0得点・0アシスト

 ヨーロッパカップ戦出場を目指しながら、プレーオフの末に辛うじて1部残留を決めたブレーメンに高評価がつく選手はいない。ブンデスリーガで自己最多の8ゴールを記録した大迫にしても継続性に欠けた。最初の4試合で3得点と好スタートを切るも、太ももの怪我で5試合を欠場。13節からは17試合連続でネットを揺らせなかった。

 持ち味のボールキープに乱れが生じるなどフィニッシュ以外でも精彩を欠き、スタメン落ち&現地メディアから厳しい批判に晒された時期もある。ただ、フロリアン・コーフェルト監督から信頼を寄せ続けられた男は、ラスト4試合で4ゴールと爆発。指揮官の恩に報いる活躍で逆転残留に寄与した。

“英雄”から絶賛された俊足アタッカー

武藤嘉紀(ニューカッスル/イングランド)ーー20点(失望した)
【2019-20シーズン成績】
プレミアリーグ=8試合・0得点・0アシスト
FAカップ=1試合・0得点・0アシスト
リーグ・カップ=1試合・1得点・0アシスト

 プレミア挑戦2年目は苦境から脱せぬまま終わった。前半戦途中にスティーブ・ブルース監督から事実上の戦力外を言い渡され、今年に入って得た出番はわずか2試合。コロナ中断明けは、34節のマンチェスター・C戦での6分間のみの出場に留まった。失望の結果と言わざるを得ない。

 世界最大級の政府系ファンド、サウジアラビア公共投資基金と英国の共同企業体による買収話も破談に終わり、クラブの状況も不透明ないま、今夏の身の振り方が注目される。

浅野拓磨(パルチザン/セルビア)ーー80点(とてもよくやった)
【2019-20シーズン成績】
セルビア・スーパーリーグ=23試合・4得点・4アシスト
ヨーロッパリーグ=6試合・2得点・1アシスト
ヨーロッパリーグ予選=4試合・1得点・0アシスト
セルビア・カップ=4試合・2得点・0アシスト

 本職ではない左サイドハーフで、スピードを活かした突破と献身性を活かし、シーズンを通して定位置を確保。“セルビアの英雄”と崇められるサボ・ミロシェビッチ監督も、「彼ほどプロ意識の強い選手は見たことがない」と舌を巻くほどのパフォーマンスを披露した。

 ヨーロッパリーグで2戦連発(グループステージ5節と6節)をするなど欧州のコンペティションでも活躍したものの、マンチェスター・U戦のようにチャンスに決め切れない場面が目立ったのも事実。その点が改善されれば、相手DFにとってさらに驚異を与える存在になるはずだ。

伊東純也(ヘンク/ベルギー)ーー70点(よくやった)
【2019-20シーズン成績】
ベルギー・リーグ=29試合・5得点・7アシスト
チャンピオンズ・リーグ=6試合・0得点・0アシスト
ベルギー・カップ=2試合・1得点・2アシスト

 序盤は精彩を欠いたが、11月下旬にフェリス・マズを継いだハーネス・ヴォルフ監督から絶大な信頼を得て不調から脱した。公式戦全6ゴールをすべてヴォルフ就任以降に奪ったというのは決して偶然ではない。フィニッシュだけでなく、サイドでの縦への突破とカットインからの妙技で、ファンを熱狂させた。指揮官から「1試合当たりの走行距離を1キロ増やせ」という課題を与えられ、攻守に渡って勤勉にハードワークし、それがプレーの迫力につながった。

 チームはグループステージで敗れ去ったが、伊東の技術はチャンピオンズ・リーグの舞台でも通用することが証明された。ベルギーのメディアが、シャルルロアの森岡亮太とともにこの快足アタッカーを「リーグを代表するプレーヤー」としてリストに載せたのも、十分に頷ける。

奥川や北川、中村の評価は?

奥川雅也(レッドブル・ザルツブルク/オーストリア)ーー80点(とてもよくやった)
【2019-20シーズン成績】
オーストリア・ブンデスリーガ=23試合・9得点・6アシスト
チャンピオンズ・リーグ=4試合・0得点・0アシスト
ヨーロッパリーグ=1試合・0得点・0アシスト
リーグ・カップ=5試合・2得点・0アシスト

 開幕2戦連発と好スタートを切り、新進気鋭のアタッカーが集うザルツブルクで重要な戦力に成長。とりわけ南野拓実とアーリング・ハーランドという主力アタッカーが抜けた1月以降は、レギュラーとしてチームを支えた。

 リバプールやナポリと対戦したチャンピオンズ・リーグの大舞台で目に見える結果を残せなかった点をマイナス材料としたが、リーグ戦23試合に出場して9得点を記録し、国内リーグ7連覇に貢献した点は高評に値する。

北川航也(ラピド・ウィーン/オーストリア)ーー40点(やや不満が残る)
【2019-20シーズン成績】
オーストリア・ブンデスリーガ=19試合・2得点・1アシスト
リーグ・カップ=1試合・1得点・0アシスト

 欧州挑戦1年目は故障に苦しんだ。9月の国内カップ戦で王者のザルツブルクからゴールを奪うなど上々のスタートを切ったが、その矢先に左足首の靭帯損傷と圧迫損傷という大怪我を負って前半戦を棒に振る。

 ウインターブレイク明けからコンスタントに出場機会を得たものの、決定機を逸する場面なども散見し、リーグ戦2ゴールと乏しい結果に終わった。ただ、シーズン後に地元紙『Kurier』が「クラブ側から絶大の信頼が寄せられている」と紹介するなど、周囲からの期待は揺らいでいないだけに、2年目の飛躍に期待したい。

中村敬斗(トゥベンテ/オランダ)ーー50点(可もなく不可もなし)
【2019-20シーズン成績】
エールディビジ=19試合・3得点・1アシスト
オランダ・カップ=2試合・0得点・0アシスト

 J1のシーズン中にトゥエンテ移籍が決まり、ぶっつけ本番で開幕を迎えた。それが返って良かったのだろう。第1節の強豪PSV戦で、オランダ代表DFデンゼル・ドゥムフリースを大胆なドリブルで圧倒し、ゴラッソを決めると、続くフローニンヘン戦でも、直接FKを叩き込み、鮮烈なデビューを果たした。

 しかし、昨年6月にU-20ワールドカップを戦ったうえ、夏のオフもなかったため、秋になるとパフォーマンスが低下。12月のアヤックス戦でスーパーゴールを決めたものの、年が明けると主戦場はリザーブリーグになってしまった。

いずれも欧州初挑戦の食野、安部、前田、鈴木のパフォーマンスは?

食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)ーー40点(やや不満が残る)
【2019-20シーズン成績】
スコットランド・プレミアシップ=19試合・3得点・1アシスト
リーグ・カップ=2試合・0得点・0アシスト

 英国での労働許可が下りた4節以降、国内リーグ14試合連続出場を果たし、声価を高めた前半戦から一変。後半戦はチームが低迷したこともあり、序列も落として完全に失速し、“天国と地獄”を味わった。

 ハーツでの期限付き移籍は終了し、いったん“保有元”のマンチェスター・Cへ戻り、来シーズンも他クラブへのレンタルが濃厚だ。「25歳までにビッグクラブでプレーする」と青写真を描いているだけに、新天地でブレイクを果たしたい。

安部裕葵(バルセロナB/スペイン2部B)ーー50点(可もなく不可もなし)
【2019-20シーズン成績】
ラ・リーガ2部B=20試合・4得点・0アシスト

 バルセロナの独特のスタイルに馴染むのにそれほど時間がかからなかった点は評価していいだろう。4-3-3の左ウイングで起用されていたシーズン序盤は、存在感が薄かったが、11節に初めてCFで先発起用されると、そこから7試合で4ゴールをマーク。17節のラ・ヌシア戦では、左右両足で1点ずつ豪快なシュートを叩き込むなど新境地で結果を残した。

 周囲との連携も高まり、さぁこれからという2月2日のプラット戦で、右大腿二頭筋を断裂の大怪我を負い、シーズンが終了。フィンランドで手術を受け、2月末には日本に帰国してリハビリの日々となった。

前田大然(マリティモ/ポルトガル)ーー40点(やや不満が残る)
【2019-20シーズン成績】
リーガNOS=23試合・3得点・0アシスト
ポルトガル・カップ=1試合・1得点・0アシスト

 昨夏に松本山雅から1年間のレンタルでマリティモに加入。初の海外リーグ挑戦となったが、第3節トンデラ戦で初ゴールをゲットするなど、幸先は悪くなかった。その後は主戦場のCF、左右のウイング、サイドハーフなどシステムや戦術に合わせてポジションを移しながらも、スタメンに定着。得意のスピードを活かしたプレーでたびたび好機を演出した。

 しかし、絶好機を決め切れない場面も多く、第15節から故障で約1か月戦列を離れると、その後は調子を上げられないままシーズンが閉幕。23試合で3得点はFWとしてやや物足りない結果に終わっている。ローン期間が終了し、8月3日に横浜F・マリノスへの期限付き移籍が決定した。

鈴木優磨(シント=トロイデン/ベルギー)ーー70点(よくやった)
【2019-20シーズン成績】
ベルギー・リーグ=24試合・7得点・0アシスト
ベルギー・カップ=1試合・0得点・0アシスト

 鹿島時代の負傷で半年間戦列を離れた状態でベルギーに来たため、シーズン開幕直後はコンディショニングの向上に努めた。9節のシャルルロワ戦で移籍後初ゴールを泥臭く決めたが、調子が上がったのは13節のメヘレン戦から。この時期になるとボリの2トップが「ボリギ」という愛称をいただくほど、相手チームの驚異になった。

 とりわけ14節のオーステンデ戦で決めた鈴木のゴールは、2トップのお手本のような連携だった。冬の市場で相棒がチームを去ったことから「ボリギ」は短期間で解消されたが、後釜に収まったファクンド・コリーディオと徐々にコンビを合わせていったのはさすがだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/a2bc28bd7757eb772d71f269fb29051f1154f013

 

1:名無しさん@さかまと!

こうやってみると、シャドーストライカー系が多く、サイズがあるセンターフォワード系が少ない、大迫選手の「次」が早く出てくることを期待します!

 

2:名無しさん@さかまと!

正直前田はもっと出来ると思ってた。1年で帰ってくるなら行かなきゃいいのに

 

3:名無しさん@さかまと!

これを見て岡崎って本当すごいわ。

 

4:名無しさん@さかまと!

伊東と奥川に期待。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.