特集・コラム・インタビュー

浦和レッズ、V字回復。リカルド・ロドリゲス監督の手腕と膨らむ期待

記事の内容

開幕6試合こそ1勝と結果がついてこなかったが、ここに来て3連勝と浦和レッズが調子を上げている。スペイン人指揮官のリカルド・ロドリゲス監督の下、浦和にどんな変化が起きているのか。好調の要因を探る。

チームにポジショナルプレーを持ち込んだ新指揮官

どうやら産みの苦しみの時期から、抜け出したようだ。今季、スペイン人指揮官のリカルド・ロドリゲス監督を迎えた浦和レッズのことである。

3月を終えた時点では、リーグ戦1勝2分3敗の13位に沈んでいたが、4月3日の第7節・鹿島アントラーズ戦で4試合ぶりの勝利を飾ると、清水エスパルス、指揮官の古巣・徳島ヴォルティスを破って3連勝を達成。10位に浮上し、目標とするACL出場圏内の3位まで勝ち点4差に迫ってきた。

この鮮やかなV字回復の要因は、いったいどこにあるのか――。

リカルド・ロドリゲス監督が浦和に持ち込んだのは、ポジショナルプレーと呼ばれる戦術だ。選手の立ち位置を変えながら優位性を保ち、ゲームの主導権を握って相手を攻略していく。

成果は思いのほか早く現れた。

FC東京との開幕戦は1-1の引き分けに終わったものの、狙いとしたビルドアップの形を何度も出せたことは、「1試合目にしては選手たちの理解が早く、表現できたところがたくさんあった」と指揮官も驚くほどだった。

しかし、当然のことながら、チーム作りは始まったばかり。第2節のサガン鳥栖戦では相手のプレスに苦しみ、0-2の敗戦。第3節では最下位に沈む横浜FCを2-0と下して初勝利を飾ったが、第4節の横浜F・マリノス戦は0-3と完全に力負け。

第5節の北海道コンサドーレ札幌戦は0-0の引き分けに持ち込んだものの、第6節の王者・川崎フロンターレ戦は0-5の大敗を喫してしまう。

もっとも、連戦が続き、戦術トレーニングを積む時間が少なかったのも事実。川崎F戦後に迎えたインターナショナルマッチウイークこそ、V字回復のポイントだった。指揮官が説明する。

「2週間じっくりトレーニングを積む時間があったので、1週目は守備にフォーカスしました。特にペナルティエリア内の守備で、簡単に相手FWにボールを付けられて、プレーされた場面があったので、そこを修正しました。2週目は攻撃を中心に、システムの変更など、バリエーションを増やすことを行いました。また選手も入れ替えました。それまで出ていた選手が悪かったわけではなく、より良い状態の選手を起用しようと考えたのです」

変化をもたらした偽9番システム

より良い状態の選手とは、開幕から出番のなかったDF西大伍、FW武藤雄樹、MF武田英寿、MF柴戸海のことである。

キャンプで怪我を負った西は3月27日のJリーグYBCルヴァンカップ第2節・柏レイソル戦で公式戦初出場を飾り、右サイドのビルドアップをよりスムーズにさせた。

さらに大きかったのが、28日に行なわれたエリートリーグの札幌戦だ。システムを[4-2-3-1]から[4-1-4-1]に変更。しかも、1トップの武藤が中盤をサポートするために下がり、両ワイドやインサイドハーフが飛び出していく「ファルソ・ヌエベ(スペイン語で偽9番)」を試したのだ。

「武藤は役割を見事にこなしてくれたうえに2ゴールを決めてくれた。それで、鹿島戦でも起用しようと思ったわけです」(リカルド・ロドリゲス監督)

迎えた鹿島戦、武藤が空けたスペースに飛び出した左サイドハーフのMF明本考浩に西のクロスが渡って先制。後半にもPKからDF槙野智章が追加点を奪い、スコアは2-1ながら完勝を飾るのだ。

中盤ではFC琉球から加入したMF小泉佳穂が攻撃の“ハブ”として存在感を発揮。開幕前に負傷したMF関根貴大も第5節からスタメンに返り咲き、徳島戦ではヘディングで値千金の決勝点を奪取した。

武藤にポジションを取られた格好のFW杉本健勇も、清水戦では豪快なボレーシュートを突き刺した。何より前線で身体を張ってボールを収め、懸命にプレスを仕掛ける姿に、今季に懸ける気持ちが伝わってくる。

負傷で出遅れたFW興梠慎三がまだ本調子でないのが気がかりだが、4月1日には昨季のノルウェーリーグでMVPと得点王に輝いたデンマーク人FWキャスパー・ユンカーの獲得を発表。すでに来日を果たしており、隔離期間を終えたらチームに合流する。

さらに、負傷離脱中のDFトーマス・デンの復帰も間近だ。このU-24オーストラリア代表DFがメンバーに加われば、ビルドアップの形にさらなる変化がもたらされるに違いない。

リカルド・ロドリゲス監督が思い描く理想からは、ほど遠い。しかし、そのギャップは伸びしろに他ならない。小泉や明本がさらにチームの主軸に成長し、興梠、ユンカー、デンが加わったら、どうなるか……。妄想はふくらむばかりだ。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

まだまだ伸びる。
まだ未成熟な部分が多いし、
頑張らなければいけない選手も多い。
そこが成長できれば、もっと勝てるチームになれる。
ただし、そうなるにはまだまだ波もあるだろう。
焦れずに確実に、成長して行って欲しい。

 

2:名無しさん@さかまと!

リカの手腕は今でさえ十分伝わってるしチームも段々と良くなってきてる!
今年はACLとかタイトルは気にせずのびのびとプレーさせてチームの底上げをしてもらいたいです。
毎試合勝って欲しいけどそれ以上に良いプレーをたくさん見たいですね!

 

3:名無しさん@さかまと!

最早妄想ではないと思う。ただセレッソ戦でどんな戦い方が出来るかが、今後の試金石になるかな。
でもたとえ結果が出なくても、昨年のような希望も展望もないサッカーとはおさらば出来たのでは?

 

4:名無しさん@さかまと!

監督の力って、大きいですね。
経験やスキルのある監督の層の分厚さでは
日本はまだまだヨーロッパの足元にも及ばない。
ヨーロッパで活躍した選手が監督やコーチとして現地で経験を積むようになってくると、
差が縮まってくるかも、
まだまだ伸びしろがある日本のサッカーに期待しよう。気長に。

 

5:名無しさん@さかまと!

今までは怪我人が多いなかで、フォーメーション、選手の組み合わせ、
ポジションを試行錯誤をしながら戦術を落とし込み、連戦で修正もろくにできなかったので、チームとしてはお試し状態。
だから、完成されているマリノスや川崎に惨敗したのは当然であり、想定内だった。
まだまだ怪我人がいながらも、ここで修正が加わって回復し、
三連勝したのは上出来だが、他チームに対策されればまた勝てなくなるかもしれない。
怪我人が全員戻り、対策を乗り越え、安定して勝てるようになってこそリカルドサッカーの完成だろう。
チーム作りが始まってまだ三ヶ月。リカルド浦和の今後の成長が楽しみだ。

 

6:名無しさん@さかまと!

V字回復というにはまだ早いと思う
実際にまだまだシュートチャンスは少ないし
狙い通り持てている試合もあれば持たされているだけの試合もまだまだ多い
ただ着実にリカルドの狙いが浸透してきていてそれを見ているのが楽しい

 

7:名無しさん@さかまと!

去年はスタジアムに行ってもワクワク、興奮するシーンが少なかった。
勝負事だから全ては勝てないにしろ、観客を魅了する場面を見せるのがプロチームだと思う。
次のホームゲームは見に行きます。楽しみです。

 

8:名無しさん@さかまと!

相手が本格的に対策してくるのはこれから。あとは右肩上がりだとか、そういう甘い考えは持たない方が良い。
一度壁にぶつかった後が大事だと思う。

 

9:名無しさん@さかまと!

まだまだV字回復とは言えない。
しっかり優勝争いに溶け込めるようになれれば完璧な回復、強かった14年代に再び戻そう。

 

10:名無しさん@さかまと!

とは言え、得点力の少なさは克服できていない。
今のままではちょっとした結果で2部降格も充分ありうる。

 

11:名無しさん@さかまと!

次も勝てる、この先も勝てる
そんなことは誰にもわからないけど、効果的な積み重ねと期待感をハッキリと感じる
昨年までの「観なきゃよかった…」「え、どうして?」という思いになることは無く
ただただワクワク観戦できている
久しぶりに、試合を観ることを迷わない日々
とても楽しいです

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.