特集・コラム・インタビュー

「意地を見せよう」 浦和FW武藤雄樹、宇賀神&槙野の”左サイドトリオ”で掲げた誓いは?

記事の内容

G大阪相手に今季初得点を奪い、2015年の加入以降ゴールした試合の無敗記録を伸ばす

浦和レッズのFW武藤雄樹は、19日のJ1リーグ第11節ガンバ大阪戦にスタメン出場して今季リーグ戦初ゴールを記録。2015年の加入から続く、自身がゴールした試合での無敗記録を伸ばした一方で、DF宇賀神友弥、DF槙野智章との3人での出場に「出た時に結果を残して意地を見せよう」という誓いがあったと話した。

 武藤は2トップの一角でスタメン出場すると、前線から追いかける守備や相手のライン間でボールを受ける攻撃への貢献を見せた。そのなかで後半12分、相手のパスミスをカットしたMF長澤和輝のパスに相手DF三浦玄太が処理をミスした場面を見逃さず、左足でシュートを流し込んだ。これで2015年から武藤がリーグ戦でゴールした試合は32勝4分と、無敗記録が続いた。

 とはいえ武藤は現在、絶対的なレギュラーポジションという立場ではない。クラブは3年計画の初年度であり、世代交代も重要なテーマとして掲げる。そのなかで、30歳を超えた選手たちには、その戦いもある。武藤に加えて流通経済大の1年先輩でもある宇賀神、そして日本代表でもプレーを重ねてきた槙野でさえも、ポジションは安泰ではない。

 今季はプレシーズンのキャンプから4バックを導入。武藤と宇賀神は昨シーズンの負傷を引きずって別メニューのスタートになり、槙野はフルで参加したが2月の公式戦ではスタメンに入らなかった。そして、新型コロナウイルスの影響で中断したリーグが再開しても難しい立場が続き、宇賀神は前節・サンフレッチェ広島戦(1-0)が今季初スタメンで、浦和の左サイドを支えてきたトリオが揃ってスタメン出場したのも当然ながら今季初めてだった。

 その思いについて武藤は、「最初に出場機会が得られなかったりして、そのなかでも『しっかりやろう』、『出た時に結果を残して意地を見せよう』という話はしていたので。そういったなかで3人が揃ったので、『やっとできるね』などと話しながらやっていた」と話す。

レオナルドが5戦連続弾、興梠も負傷から復帰してベンチ入りとFW争いは熾烈

 浦和はこの3人が揃ってのスタメンで2連勝。武藤もまた世代交代に抗う立場として「もちろん槙野さんも宇賀神さんも今、守備の部分で素晴らしい活躍を見せて勝利に貢献していますし、僕自身も今日はゴールで貢献できたと思う。もちろん良い選手がたくさんいるなかで良い競争が生まれているので、僕たちもまだまだ負けないぞというところをこれからも見せ続けて、切磋琢磨できたらいい」と力強く話した。

 浦和の前線ではFWレオナルドがこの日のゴールで5試合連続ゴールとして軸になりつつある。そして、この日は出場機会がなかったがエースのFW興梠慎三が負傷から復帰してベンチ入りしていた。さらに、長身FW杉本健勇も擁するために決して争いは楽ではない。

 だからこそ、ゴールという目に見える結果が大きな喜びになった。「自信をつけて次のゲームに臨みたいし、チームのためにもっとゴールが取れるような、そんな活躍を見せたい」と力を込めた武藤もまた、浦和の前線で相手に怖さを与える存在になっている。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f46be88fa18a2875b2b92a918975c8beff656eba

 

1:名無しさん@さかまと!

「長身FW杉本健勇も擁するために決して争いは楽ではない。」
↑こいつは争うべき人数に入れなくても良い。。。

 

2:名無しさん@さかまと!

「ゴールを決めたら不敗記録」にたいして価値は無い
「出場すれば不敗」であってほしい

 

3:名無しさん@さかまと!

ん?
杉本ってどこのポジションを誰と争ってるんだろ…?

 

4:名無しさん@さかまと!

いや、杉本は違うだろ

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.