特集・コラム・インタビュー

なぜ仰天4ゴールを決めた名古屋グランパス前田直輝は歴代のウルトラマンポーズを取ったのか?

記事の内容

 最初は胸の前で両腕を十字に交差させた。2度目は胸の前で今度は両腕でアルファベットのTを作った。3度目は両方の人さし指と中指を伸ばした形で額に当てた。そして、最後は右手を心臓の位置に何度も、誇らしげに叩きつけながら、名古屋グランパスのFW前田直輝は笑顔を弾けさせた。

「ハットトリックなんていつ以来だろう、という感じなので。中学生のときも練習試合はともかく、公式戦では達成していなかったイメージがあるし、素直にというか、非常に嬉しいですね」

 ホームの豊田スタジアムで浦和レッズを6-2で一蹴し、1試合消化が少ない状況ながらも3位に浮上した8日の明治安田生命J1リーグ第9節。J1では今シーズン3人目、日本人選手に限れば2018年9月のFW鈴木武蔵(当時V・ファーレン長崎、現北海道コンサドーレ札幌)以来、約1年11カ月ぶりに達成された前田のハットトリックは、ともに無得点で迎えた前半9分に幕を開けた。

 ペナルティーエリアの左角あたりからFW金崎夢生が放った、シュート気味の鋭く低いパスに飛び出して右足をダイレクトでヒットさせる。一度はレッズの守護神・西川周作に阻まれたものの、すぐにこぼれ球を拾い、周囲の状況を見極めながら利き足の左足で冷静にゴールネットを揺らした。

 再び咆哮をとどろかせたのは、先制点からわずか1分後だった。左タッチライン際を抜け出したFWマテウスから、グラウンダーのクロスが来ると信じて右サイドを全力で疾走。イメージ通りのボールに右足をヒットさせ、今度は西川が防げない一撃をレッズゴールの左側へ突き刺した。
 前半38分には中央を縦に突破した、司令塔ガブリエル・シャビエルのスルーパスに反応。右サイドを抜け出し、左足によるコントロールショットでプロになって初めてハットトリックを達成。1点を返された直後の後半5分には4点目をゴール左隅へ蹴り込んだ。

「どれもすごくいいパスばかりで、正直、僕は本当に触るだけというか、合わせて流し込むだけという形だったので。なので、チームメイトに感謝したいですね」

 試合後のオンライン会見で言葉を弾ませた前田だが、冒頭でも記したように、ゴール後のパフォーマンスは3度披露した前半と、J1史上で19度目となる1試合4ゴール以上の快挙を達成した後半とでは少し違った。前半のパフォーマンスの意味を問われると、照れくさそうに舞台裏を明かした。

「今日観に来てくれている息子が最近、ウルトラマンのことが大好きで。新しく始まった『ウルトラマンZ』を今朝も一緒に観てきたので、最初はウルトラマンZの、その次はウルトラマンタロウの息子のタイガの、最後はウルトラセブンの真似を息子へ向けてやった感じです」

 すべては3月に3歳になり、いまは幼稚園児になった長男へ捧げた歴代必殺技のポーズだった。1点目は6月からテレビ東京系列で、毎週土曜日朝に放送が始まった『ウルトラマンZ』のゼスティウム光線。2点目は前作『ウルトラマンタイガ』のストリウムブラスター。そして3点目は昭和40年代前半に放送され、いまも名作として語り継がれる『ウルトラセブン』のエメリウム光線だった。

「奥さんからラインが入っていて、息子も喜んでくれたみたいなのでよかったです」

 こう語った前田に、あえて聞いてみた。4点目を決めた後に特別なパフォーマンスを演じなかったのは、必殺技シリーズがネタ切れだったのか、と。答えはエンドが替わった後半で、夫人と長男が観戦していた場所と、攻め込んでいくレッズゴールが離れてしまったことが理由だった。

「息子の目の前でやりたかったので、わざわざ走っていっても疲れちゃうかな、というのもあって。あとは『アイツ、次は何をやるんだ』とハードルが上がるのも、ちょっと嫌だなと思ったので」

 前節で柏レイソルに0-1で敗れて今シーズン初黒星を喫したグランパスを、前半だけで5ゴールをあげる大勝へ導いた。チームのピンチを救う痛快無比な大活躍を演じる、まさに無敵のヒーローになった前田は、くしくもウルトラマンというニックネームを別の意味でつけられたことがある。

 小学生年代のジュニアから心技体を磨き、トップチームでデビューを果たした東京ヴェルディから、J1に初めて昇格した松本山雅FCへ期限付き移籍した2015シーズン。自ら熱いラブコールを送り、前田を迎え入れた反町康治監督は、前田のプレーの傾向を見てウルトラマンと呼んだ。

「試合の流れから消えている時間が多いから、すぐにカラータイマーが鳴ってしまう、という意味を込めてウルトラマンと言ったんですよ」

 いま現在は日本サッカー協会の技術委員長を務める反町氏は、前田の潜在能力に魅せられていた。ヴェルディで叩き込まれた繊細なボールタッチと右サイドからカットインし、左足で放つ豪快なシュートの威力と精度に、松本から初の代表選手が出るならば、能力的には前田と言及したこともある。

「いままでは自分の好きなことだけをやっていればいい、というプレースタイルだった。ただ、サッカー界でそんな特権を与えられているのはメッシだけ。メッシの領域まで到達できないのであれば、攻撃でも守備でもチームのために必要なことを、しっかりやらなきゃダメだと常々伝えてきた」

 ウルトラマンに込めた思いをこう語った反町氏は、2015シーズンが後半に入ったころには「最近はカラータイマーが鳴らなくなったよね」と、前田に生じたポジティブな変化に目を細めている。

  2016年から2年間所属した横浜F・マリノス。そして、半年間だけJ2の舞台で戦った2度目の松本をへて、2018年夏からグランパスの一員になった25歳は、昨シーズンはクラブおよび自身のキャリアで最多となる9ゴールをマーク。理想とする選手像を、いまではこう思い描いている。

「今シーズンは仕掛け続けることにこだわっていきたい。ボールをもっているときでも、もっていないときでも、そして守備でも躍動感のある姿を見せていきたい」

 新型コロナウイルスの影響で公式戦が中断し、クラブも活動を停止。自宅待機を余儀なくされた日々で、自身を支えてくれる夫人の存在にあらためて気がつかされた。あまりの家事の多さに驚かされ、ある夜には「花束の代わりにディナーを」と心機一転、料理をすると申し出たこともある。

「でも、続かんという感じで。料理は難しい。奥が深い。毎日3食作ってくれる奥さんの大変さもそうですけど、ご馳走さまと言って食器を下げると『ちょっとは洗えよ』という雰囲気になって」

 公式戦が再開してから1カ月あまり。過密日程のなかで迎えた真夏の戦いへ臨んでいる前田をより強力に後押ししようと、夫人は新たに料理の勉強を開始しているという。 前田がしみじみと語る。
「今回のコロナのなかで、感謝の気持ちがよりいっそう強くなりました。今日のハットトリックで(恩を)ちょっと返せたのかな……というか、こんなのろけ話、いらないでしょう」
 休む間もなく公式戦無敗と絶好調をキープする川崎フロンターレとの大一番が続く。12日には決勝トーナメント進出がかかったYBCルヴァンカップのグループステージ最終節を、23日にはリーグ戦での初対決をともにホームで迎える。必勝を期すからこそ、前田は「切り替えないと」と前を向いた。

「今日も6点取っても2点取り返されていることなどに関して、後半への入り方も含めて改善していかなければいけない。正直、(レッズ戦は)もう終わったことだけど、今日一日ぐらいは奥さんに『すごかったでしょ』と言っちゃうかもしれない」

 先月18日のサガン鳥栖戦で決めたスーパーボレーが、7日にJ1月間ベストゴールに選出された。一夜明けて達成したハットトリックで、一気に5ゴールとして得点ランキングの4位タイに、日本人選手では鈴木と並ぶ1位に躍り出た前田は、ピッチの上でチームを勝利へ導く無敵のヒーローで、ピッチを離れれば愛妻家、そしてテレビの前でともにウルトラマンに夢中になる子煩悩なパパであり続ける。
(文責・藤江直人/スポーツライター)

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/28eb39aea77597c5c144ddaca8b710730b081d0f

 

1:名無しさん@さかまと!

鹿島サポですが天晴です。前田はもちろん、シャビエル、中谷、吉田、稲垣、成瀬とハイパフォーマンスでしたね。更に阿部がいるのか。
今年も名古屋は手強そうです。

 

2:名無しさん@さかまと!

前田よりオッサン世代には初代のスペシウム光線からタロウのストリウム光線でセブンのエメリウム光線かと思ったw。今シーズンはCF起用が多くて得点から遠ざかってる感じだったけどキレキレの前田が久しぶりに見れて嬉しいわ!

 

3:名無しさん@さかまと!

あのパフォーマンスはそういう事でしたか。
いい話ですね。
真顔でポージングしてるのが面白かったです。

 

4:名無しさん@さかまと!

完全に贔屓目ですが、イメージ的に今年のグランパスってハードワークなんですけど、楽しそうでここぞってときの爆発力があると思う。前線もそうですけど、良い意味でディフェンスもグッとこれまでより半歩前に出られているので安心感がすごい。
これは監督の手腕なのか!?
いずれにせよ前田の伸び伸びしたプレーは大好きです!

 

5:名無しさん@さかまと!

あの独特のボールタッチするのは日本人ではなかなかいないですね。
大好きな選手。

 

6:名無しさん@さかまと!

前田選手はマリノスに在籍していた
2017年にもリーグ戦の対浦和戦では
2試合とも決勝ゴールを挙げてます。
なので浦和相手には相性のいい選手
なのかもしれませんね。

 

7:名無しさん@さかまと!

自分の子供時代しか知らないけど、タロウの息子とか居るのね。
仮面ライダーは昆虫ではなくなったみたいだけど
ウルトラマンは過去作の設定が続いてるのね。

 

8:名無しさん@さかまと!

前田のシュートセンス大好き。
特にボレーに関しては日本人トップレベルだと思う。
がんばってるね。

 

9:名無しさん@さかまと!

直輝は良いパパやな

 

10:名無しさん@さかまと!

これはグランパスとウルトラシリーズとのコラボ展開きてほしいですね。クラブグランパスで売らないかな。

 

11:名無しさん@さかまと!

やべっちFCで観ました。
4点ってすごいですね!
お子さんも喜んでいてよかった!
これからも期待しています。

 

12:名無しさん@さかまと!

あのボレーシュートからなんか一皮剥けた感じがする
松木安太郎が今週もイチオシしてたな

 

13:名無しさん@さかまと!

確かに4点目を取った時は次のポーズを
期待したなぁ。^_^

 

14:名無しさん@さかまと!

どう考えても前田がお父さん!なんて超羨ましい。

 

15:名無しさん@さかまと!

前田を代表に!!!

 

16:名無しさん@さかまと!

相変わらずヴェルディ下部組織って良い選手よう輩出するよなぁ

 

17:名無しさん@さかまと!

そーいや浦和のウルトラマンはどーした?
まー試合に出られなきゃ活躍もできないか…。
2980円よかましな気するけど。

 

18:名無しさん@さかまと!

元々決定力はあった選手。

 

19:名無しさん@さかまと!

プレースタイルはバルタン星人だがな

 

20:名無しさん@さかまと!

『ババカッコイイ』
子供さんの心に残った筈

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.