特集・コラム・インタビュー

【悲報】内田篤人さん「勝っていない本田さんの考えが、なぜあんなに受け入れられる?」

記事の内容

 日本サッカー史上最高の右サイドバックと評された鹿島の元日本代表・内田篤人(32)が現役引退を発表した。2014年に負った右ひざの大ケガ以降、ベストの自分を取り戻すために最後まで苦しみ、戦い抜いた。

「試合に出られなくても、若い選手に日々、勝利にこだわることの大切さを伝えていた。8月12日の清水戦後、『もはや理想のプレーはできない。鹿島以外でプレーする選択肢はなく、もうやめなければ駄目だ』と実感し、そのままクラブに引退を申し入れたそうです」(サッカー誌記者)

 その甘いマスクで絶大な女性人気を誇り、11年に出版したフォトエッセイは15万部を売り上げた。

「『サッカー選手はサッカーのみに真摯に取り組めばいい』など、無骨な考え方が披露され、女性ファンはギャップに虜になった。構成には最も熱心に取材をしていた新聞記者を内田自身が指名。少しでも記者にお金が入るようにと、版元とギャラのパーセンテージの交渉までしたとか」(同前)

 5年前には故郷・静岡の同級生と結婚。2人の女児をもうけている。

「奥さんとは10代の頃からくっついたり離れたりしていたようです。その間、女優の松下奈緒やモデルの中村アンなど芸能人からもアプローチが多くあり、本人も満更ではなかった。しかし最終的に、人生の伴侶には幼馴染を選んだ」(スポーツ紙記者)

「勝っていない本田さんの考えが、なぜあんなに世間に受け入れられるのか」

 筋を通すのは勝負の世界でも同じだった。14年のブラジルW杯では、旗振り役の本田圭佑をはじめ多くの選手が攻撃重視のスタイルに傾いていく中、1人、警鐘を鳴らし続けた。

「内田は本田よりもクラブで獲得したタイトルが多く、ドイツでは欧州最高レベルでの試合経験も豊富。『自分たちのサッカー』で世界一を狙う理想主義の本田に対し、現実に応じた策で勝つという考えで抗っていた。近い人間には常に『勝っていない本田さんの考えが、なぜあんなに世間に受け入れられるのかわからない』と漏らしていたそうです」(サッカー協会関係者)

 まだ32歳。気になるのは今後の人生設計だ。

「芸能界からのニーズも高いですが、本人は鹿島に“恩返し”したい気持ちが強い。今年に入って『指導者やクラブマネジメントにも興味が湧いてきた』と語っています。心酔する鹿島のレジェンド・小笠原満男は既にコーチをしており、将来は人望のある小笠原が監督、戦術家の内田がGMとしてタッグを組む可能性が高い。いわば、ジャニーズの滝沢秀明と同じような道を鹿島で辿ることになりそうです」(鹿島関係者)

 第二の人生でもブレずに筋を貫き通すことだろう。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年9月3日号

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/74a08074b58d074a9df011d9c3478df18d092a5c

 

1:名無しさん@さかまと!

内田も本田も下げてしまう下手なニュース。
内田が陰口を言ったようにもとれてしまい、
本田も気楽な無能の様な書き方。
意見がぶつかるからより良い様に戦略を練るわけだし、世間への受け狙いではなく、勝てる戦略を練る仕事のひとが監督である。

 

2:名無しさん@さかまと!

文春さん内田選手が本田選手に文句を言ったように証拠もなく書くのはヤメて下さい。
内田選手は本田選手がミラン退団する時にこう話してる。
「まあ出場機会があったりなかったり、厳しい中でしたけれど、本田さんはやっぱりブレないので、練習ももちろん100パーセントでやっていただろうし、僕は何も連絡とってないんで分からないんですけど、ミランで10番背負える人ってやっぱり凄いですよね。これからどこのチームに行くのかは知らないですけど、ちょっと電話して聞いてみます」
"これからの本田"について問われた内田は、「あの人、本番に強いんでね。やってくれると思っていますし、またもう一度一緒にプレーしたいなと思う。それには、僕がもう一回這い上がらないといけないんでね。負けないように頑張ります」と長年に渡り日本サッカーを引っ張ってきた"僚友"と再びプレーすることを熱望した。
今回の引退も本田選手に連絡してる

 

3:名無しさん@さかまと!

あんまり適当なことは書かないほうがいいよ
内田を上げて本田を下げたいのだろうけど、
これはどっちも下げてる
うっちーが本田をリスペクトしてるのは過去のコメントを見ればわかるでしょ

 

4:名無しさん@さかまと!

内田の考え方という見出しの割に
内田の考え方の本質を完全に外してしまってる駄文
少なくとも内田の引退に関しては
チームの助けになっていないから引退をするというもの
理想のプレーが出来ないから引退するなんて話にしちゃいけないし
これだと意味合いが全く変わってしまう
それにブラジルW杯の自分たちのサッカーに内田が異論を述べたのも
理想のプレーを求めて地に足が付かない状態のチームに対して
相手が強くなる中で普段通りのプレーをすることが大事なのに
そこを飛ばして理想のプレーができるなんて甘いよというもので
これは怪我で万全でなくても
その中でのベストを尽くしてきた内田らしい発言
それを本田が勝っていないのにその発言が受け入れられる?といった
おかしな理屈にしてしまうのは
あまりにも物事を捻じ曲げて全く別の話にしてしまっている
もう少し選手にリスペクトを持って
考えをその通りに伝えて欲しい

 

5:名無しさん@さかまと!

内田が、そんな事を言ったかどうかは 分かりませんが、日本代表が、世界の強豪国と渡り合うには、内田が求めているようなサッカーをするしか無い。本田の言う理想のサッカーと内田の理想とするサッカーが、違う事は、代表戦を観ていても、試合後のコメントを聞いていても何となく分かっていた人もいたと思う。少なくとも強豪国の真似事を日本人が、幾らやっていても勝ち目はない。野球なら、アメリカやドミニカ共和国と戦うのに相手をパワーで上回るような野球は絶対にしないし出来ない。海外のサッカーを見て思うのが、日本人とは単純にボールを蹴るパワーが全然違う。パススピードが違う。日本人の自分達のサッカーとは 本田が追い求めているサッカーでは無く、内田が求めていたサッカーこそが日本人らしい自分達のサッカーではないかと思う。

 

6:名無しさん@さかまと!

内田がそんな意図で言ったとは思えませんね、2010年の闘莉王のように(時には泥臭く戦わなきゃ駄目だ)、という趣旨が言いたかったのでは?本田も別にそこに反対しているとは思えないです。
そういえば先日映画で見たのですが、1993年予選時にラモスもイラン戦敗退後同じこと言ってますね。ラモス、闘莉王、内田のような選手も貴重だと思うのですが。。

 

7:名無しさん@さかまと!

記事の真意はさておき、内田の言っている事は非常に筋が通っている。
かといって、けっして本田との仲が険悪なわけではなくお互いに認め合うからこその発言なんだろうね。
と推測。
にしても記事の書き方下手くそか。
一見すると内田と本田の仲が良くないような記事に見えてしまう。
本当にやめてほしい。
この2人は代表で共に戦った戦友。

 

8:名無しさん@さかまと!

実際ここまで露骨な言い方したかはともかく、プロになるアスリートは誰しも持論持ってるもの。
統率や和を乱す内に入らない。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.