特集・コラム・インタビュー

【動画】内田篤人「冨安はこのままサイドバックをやらされ続けたらキツいと思う」

記事の内容

プレミアリーグのサイドバックに何が求められるかで「キツい」との見解

 元日本代表DF内田篤人氏が、スポーツチャンネル「DAZN」の番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」の中で、プレミアリーグの名門アーセナルへ移籍した日本代表DF冨安健洋の起用法について言及している。

【動画】右SB、それともCB? 元日本代表DF内田篤人氏が名門アーセナル入りの冨安の起用法に言及

 内田氏は現役引退後、日本サッカー協会(JFA)が新設した若年層の強化および普及に関わる「ロールモデルコーチ」に就任するとともに、「DAZN」の番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」のMCを務め、国内外の試合や欧州で戦う日本人選手の活躍を解説している。

 同番組の最新回「#49」の中では、プレミアリーグの名門アーセナルに移籍した日本代表DF冨安健洋について特集。話の中で、右サイドバックで起用すべきか、センターバックで起用すべきかを問われ、内田氏は自らの見解を述べている。

「(4バックの)センターバックとか、3枚(3バック)とかならいいけど、サイドバックはこの先ちょっとキツいと思うよ。プレーはサイドバックじゃないから。プレミアのサイドバックがあれだけ強くて、細かいことがいらないなら抜群だと思う」

 冨安はもともとセンターバックが主戦場だが、今夏まで所属していたセリエA・ボローニャでは右サイドバックや左サイドバックでの起用も多かった。現役時代に右サイドバックとしてプレーした内田氏は、「ゲームを組み立ててとか、高い位置で崩してとか。求められたらキツそう」と語る。

「俺はサイドバックしかできないからね。(冨安とは)タイプが違うし、どちらかと言えば(浦和レッズの)酒井宏樹とか(FC東京の)長友(佑都)さん寄りじゃないですか。でも、アーセナル行けるんだから凄いよ」

 冨安はデビューから2戦連続で右サイドバックとしてスタメン出場しているが、今後の起用法についても注目が集まる。

【動画】

 

1:名無しさん@さかまと!

マルディーニやラモスの流れで良いCBへ向けて頑張って欲しい。板倉選手次第では代表の左右のSBでも良いと思うが。

 

2:名無しさん@さかまと!

これは求められるものがチームによって違うとしか言えないんじゃないかなぁ。
確かに富安のプレーは現代のオーソドックスなSBタイプでは無いと思うけど、じゃあこういうSBが他に無いのかと言うと、そこまで珍しいタイプでも無いし。
逆に、今のアーセナルだと所謂内田タイプのSBにしてしまうと守備がまた崩壊してしまう気がする。

 

3:名無しさん@さかまと!

今のところは右サイドが穴だったんだから富安が入って守備重視になればティアニーは上がりやすくなるだろう。だが、上位との対戦になれば相手の両サイドアタッカーは強烈でどちらからでも攻めてくるのでこの連勝のようにはならないだろう。
言うて一昨日もウーデゴーのFKしか得点してないんだから富安入って連勝したからもう勝てるチームになったというわけではないだろう。
だけど、富安が入って守備面で安定してきたのは間違いない。

 

4:名無しさん@さかまと!

今のアーセナルにとっては、両サイドが攻めが上がるより、冨安は守備的にティアニーが攻撃的に方が安定するし面白い。富安は攻めも出来るので、たまに攻め上がると意表ついて面白かったりするし、このままな感じで見てみたいな〜

 

5:名無しさん@さかまと!

今はSBは色々な事が求められるし、それがチームによって違うからな。冨安はCBって言われるけども、あの能力はCBではもったいないとも感じてしまうんだよね。戦術次第では物凄い選手になるよね。

 

6:名無しさん@さかまと!

攻撃力も十分あると思うけど、まずは守備安定のための起用だと思う。
自分もずっとCBとしてやってほしいと思ってるから、うっちーの意見には賛成です。
チーム事情で他ポジをやる事は今後もあると思うから、経験しておくのはプラスになるかと。

 

7:名無しさん@さかまと!

両サイドバックが高い位置をとるようなチーム(リヴァプール、数年前のマドリーなど)だと厳しいと思う。4枚でも左上がりの冨安が下がり目とか、偽サイドバック的にプレーできる形のチームならかなり期待できると思う。

 

8:名無しさん@さかまと!

このDAZNのコーナー、うっちー試合のハイライトしか見ない上で喋るから解説のプロならちゃんと試合見た上でコメントしてほしいっていつも思う。

 

9:名無しさん@さかまと!

現状、そこは求められてないと思う。高さ・強さだけ。トミの場合、足元の技術あるし、ポテンシャル高いからこなせてるけど。

 

10:名無しさん@さかまと!

サイドバックは難しい!!とにかく冨安は怪我だけは気をつけて欲しい

 

11:名無しさん@さかまと!

世界のトレンドでもサイドバックが一番難しいとされてきてるし…
でもミハイロビッチの要求に応えてきたのは彼の財産と自信にもなっているだろうし、下位相手にはプレミアでもポテンシャルを示してくれていると感じる。
これまでにない日本人ディフェンダーが出てきたのは確か。内田さんも泣かされたが、大きな怪我はしないで欲しい。

 

12:名無しさん@さかまと!

徐々にサイドバックも高さと強さが求められつつある。加えて組み立ての参加や豊富な運動量も必要。富安が日々吸収して成長すれば素晴らしいサイドバックになり得る。酒井のバージョンアップ版と考えれば分かりやすいかもね。

 

13:名無しさん@さかまと!

はっきり言って、CBとしても高額移籍金で獲得したベン・ホワイトより優秀だと思う。この前も下らんバックパスのミスしてたし、彼では高さに対応出来ない。
ただ、今は右SBに人がいないし、まずは守備第一で冨安を選んでいる。
しかし、強いチームほどSBに攻撃力を求める傾向にあるので、アーセナルがCL常連に戻りたいなら、冨安をCBに固定して、SBに攻撃力もより高い選手を獲得したほうがよい。
今のアーセナルでは点を取るのは一苦労だよ。この前の試合もウーデゴールのフリーキックだけだからね。

 

14:名無しさん@さかまと!

冨安の前にいるぺぺが個人で突破したがるタイプなので、冨安は彼の大外を回ってクロス…というかSBらしいプレーはしにくそう。
むしろ偽SBとしてインナーラップした方がぺぺの邪魔にならないのと、足元の技術が高いからビルドアップ(中盤の数的優位等)にも貢献できる。
グアルディオラの下でコーチをしていたアルテタならそういう使い方が冨安のベストな使い方だと気づいて欲しいけど。

 

15:名無しさん@さかまと!

サイドバックに何を求めるかにもよるよね。
守備のカバーだったり普通のビルドアップを求めるなら冨安でいいと思うけど攻撃的なモノを求めるならちょっときついんじゃないかな本来はセンバの選手だし

 

16:名無しさん@さかまと!

役割はサイドバックというより3バックの右に近いのであまり最初のポジションの名前に拘らないほうがいい気がする。冨安にすごいスピードとテクニックでオーバーラップを求めてるわけではないので、いまのティアニー上がって守備を安定させる役割には合ってると思います。

 

17:名無しさん@さかまと!

左サイドバックにティアニーがいることを考えると冨安は右サイドバックでいいと思う。現に、守備では4バックを採用して、攻撃では左肩上がりのガブリエル、ホワイト、冨安の3バックに近いポジションで組み立てようとしてるし、対人に不安のあるホワイトのサポートもできてたことからもアーセナルの中では冨安のサイドバックは最適だと思う。
4バック採用で、両サイドバックが同時に攻撃参加はリヴァプールのアーノルドとロボとかシティの2-3-5みたいな特殊なチーム以外、現実的じゃないから全然アリだと思うけどなぁ。

 

18:名無しさん@さかまと!

内田はDAZNに求められて無理にコメントをしてるから、本来の海外サッカーに興味無いのが見え隠れしている印象。今回の場合、アーセナルがベン・ホワイトを使わざるを得ない事情などがわかっていないため、冨安がSBで起用されていることがわかってない。もちろん冨安はCBをやった方が安定するだろが、そのときチームに右のSBやWBがいないことを知らない。

 

19:名無しさん@さかまと!

複数ポジションができることは良いこと。
仮にCBになったとしてもイングランド代表より能力あるから起用されるはず。
日本人の評価も冨安によって変わることを願う。

 

20:名無しさん@さかまと!

冨安はCBが最適なポジションだとは思うけど、彼の凄い所はその成長力。なんだかんだ攻撃的なSBを教え込まれたら高水準でやれてしまいそうとさえ思えてしまう。今後の成長が楽しみです!


-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.