特集・コラム・インタビュー

闘莉王、震災で感じた“日本人魂” 被災地に勇気を与えた奇跡のパス【#あれから私は】

記事の内容

闘莉王が振り返る2011年東日本大震災、アウェー仙台戦に向かう新幹線で缶詰めに

 2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生した。当時、名古屋グランパスに所属し、アウェーのベガルタ仙台戦に向かっていた元日本代表DF田中マルクス闘莉王は、新幹線に缶詰め状態になった。あれから10年――。複雑な思いを抱えたまま臨んだ日本代表対JリーグTEAM AS ONEの「東日本大震災復興支援チャリティーマッチ」や、ブラジル出身の闘莉王だからこそ感じたことを明かした。

「普通の試合前の一日という感じだった。新幹線に乗る前までは、『明日試合なんだな』という思いで名古屋から出発して、少ししたら新幹線が急に止まった。何が起きているか僕らには何も分からず、『ちょっとしたら、また動き出すんじゃないかな』という期待をしていたなかで、なかなか出発しない。そのまま止まったまま、1時間経ち、2時間経ってもなかなか戻らない。情報も入ってくることなく、待たされる一方。3時間経ち、4時間ぐらい経ったところで(初めて)情報が入ってきた」

 3月11日、当時名古屋に所属していた闘莉王はJ1リーグ第2節アウェーの仙台戦に向かう途中だった。午前中は練習し、午後から移動。そのさなか、浜松駅を過ぎたあたりで突如東海道新幹線が停車した。故障なのか、トラブルなのか。状況を理解できないまま、新幹線の車内販売も底をつきかけた頃、ようやく東北での大震災を知った。停止からすでに4時間が経ち、同時に映像も確認。衝撃を受けた。

「新幹線からは出られず、どうなるかというのも正直分からないままずっと待たされたなか、映像も入ってきて、大変なことが起こっているんだな、と。新幹線の中にいて、なかなか何が起きているか分からなかった。地震が起きて、津波が陸に上がってきたということは、すごく驚かされて、不安でしょうがなかった。こんなこと日本で起きているのかというぐらい本当に驚きましたね」

 結局5時間以上缶詰め状態に。試合開催の有無も分からないまま閉じ込められ、「正直すごく複雑な思いだった」という。ようやく出発し、掛川駅で新幹線を降車。掛川駅のホテルで夕食をとり、名古屋のクラブハウスに戻ったのは深夜を過ぎていた。

「本当に大きなことが起きたんだなと時間が経つにつれて想像が大きくなって、僕ら選手の中ではそういう会話をしていましたね。(食事会場で)映像も見られて、何が起こっているのかニュースで知ることができた。その映像にびっくりして自分たちで整理できなかった。(バスの中では)正直なところ、試合どころじゃなかった。僕らも仙台に向かっていたし、もうちょっと早くたどり着いていたらどうなっていたか。そういうことを考えてしまって、試合のことを考える暇もなかった。みんな大丈夫なのか。もっと情報が欲しくなるという状況で、サッカーどころじゃなかった」

被災地のために立ち上がる…古巣・水戸でのボランティア活動とチャリティーマッチ

 ブラジル出身で渋谷教育学園幕張高を卒業後、2001年にJ1サンフレッチェ広島でプロデビューした闘莉王。日本で生活を送るうえで、これほどの恐怖と直面したことは初めてだった。サッカーに打ち込んできた人生で、サッカーのことが考えられなくなった。

「ここから何ができるか、というよりは普通の時がどれだけ幸せだったか、そういうことを感じてしまった。外国人の選手もみんな国に帰ったりして、それぐらい怖がって不安になっていた。正直なところ経験したくなかった。こんなに好きな日本が、こんなことになっているなんて……という嫌な気持ちだった。でも、逆にそれが自分を強くしてくれた」

 だからこそ立ち上がった。闘莉王はプロ3年目の2003年に水戸ホーリーホックに在籍。古巣も大きな被害を受けた。名古屋のチームメートだった元日本代表GK楢﨑正剛とともに、水戸市の子どもたちを訪問。愛知トヨタの協力の下、チャリティーオークションも行った。

「何かしたい、何か手伝いたいというその気持ちでいっぱいだった。こういう時こそ、“日本魂”というか、団結してもう一度作り直そうとするのは日本にしかできない。僕が最も日本を好きなところはそういうところ。僕らが勝手に行くとか行動することはできなかったけど、できる範囲でやろうと思っていた。1人じゃ行けないので楢さん(楢﨑氏)もついてきてくれた。本当に小さなことかもしれないけど、足して大きなことになる。自分として何ができるのか。できる範囲でやろうという気持ちを持てた。それについてきてくれた仲間たちには感謝」

 そして、忘れてはならない一本のパス。被災地へ勇気を与える“奇跡のパス”となった。

 闘莉王は2011年3月29日、長居スタジアムで行われた日本代表対JリーグTEAM AS ONEの「東日本大震災復興支援チャリティーマッチ」に出場。闘莉王はJリーグTEAM AS ONEの一員として先発した。FWカズこと三浦知良、GK川口能活、DF中澤佑二、MF中村俊輔、MF小野伸二、東北出身のMF小笠原満男ら元日本代表のレジェンドが集結したJリーグTEAM AS ONE。アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表との一戦は苦しい展開から始まった。

 前半15、19分と立て続けに失点。重い雰囲気を一変させたのが、後半17分から登場したカズだった。同37分、川口のロングフィードに反応した闘莉王が頭で落とし、カズへパス。受け取ったカズが相手GKとの1対1からネットを揺らすと、スタンドに向かって“カズダンス”を披露した。

「普通の男はあそこで外す」カズのゴールを呼んだ闘莉王の頭でのパス

「みんなで力を合わせてどうにか復興しようという気持ちで試合が行われた。本当に周りの人たちのエネルギーがプラスで、いいエネルギーを感じる場所だった。(0-2から)最後にカズさんが入ってくれて、この男ならなんとかしてくれる、スタジアムもそういう雰囲気をすごく感じた。なんとかしてくれるという雰囲気のなかで、『なんとかしてくれるなら手伝ってやりたい』という気持ちだった。能活さんが蹴って、僕はカズさんの後ろにいた。落とし気味に頭でパスしたんだけど、普通の男はあそこで外す。綺麗に決めてくれるのがやっぱりカズさん。あの盛り上がり、得点は1点で変わらないけど、あの得点は10点ぐらいの価値があった」

 間近で見たカズダンスには心を打たれた。JリーグTEAM AS ONEの黄色のユニフォームを纏い、大阪の夜空に向かって決めポーズをするカズは「輝いていた。カズさんスターだなと思いました」と、忘れられない瞬間となった。

 あれから10年――。ブラジル出身の闘莉王だからこそ、震災と向き合い、日本という国について考えてきた。

「大変な苦しい悲しい本当にもう戻ってこられないような、すごく大変なことになってしまった人たちがいるなかで、あらためて日本という国、日本人魂はやっぱり素晴らしい。日本人にしかできないことがある。素晴らしい人たちがいる、勉強させてもらった」

 暗闇の中でもみんなで手を取り、光を見つけて進んできた。その力を闘莉王は信じている。10年経っても、20年経っても、何年経っても、震災のことを忘れず、“日本人魂”を忘れず、助け合う強さを持つこと。闘莉王が伝えたいことには、心にとどめておかなければいけない大事なものが詰まっていた。(文中敬称略)

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

サッカーの試合いっぱい観てきたけど、
あれほど感動するゴールはない。
他の誰でもなく、カズが決めたからこそ
素晴らしいゴール。
あの時、色んな想いがこぼれ落ちて
気付いたら泣いてた。
闘莉王ありがとう。

 

2:名無しさん@さかまと!

私はあの試合を忘れない。
そして、カズがなぜカズなのか改めて見せつけられた。
本当に美しいゴールだった。

 

3:名無しさん@さかまと!

あのカズのゴールは未だに忘れられない。というよりザックジャパンのドキュメント映像を度々見る中で、チャリティーマッチの試合も見れるので、毎年数回は見てる。
興奮した、さすがカズ。そしてそのゴールを相手チームにも関わらず喜んでいたザックとその後のコメント、
復興に協力してくれた当時のジャパンのメンバー、余震が続く中イタリアからすぐに日本へ駆けつけてくれたザックにはいつも感謝している。

 

4:名無しさん@さかまと!

闘莉王さんの日本への変わらぬ愛が本当に嬉しくて元気が出ます

 

5:名無しさん@さかまと!

ネガティブなニュースしかなかった中でのあのゲーム、それもあのカズのゴール。
あのカズのゴールを見て勇気づけられ人は本当に多いと思う。
私もあれを見て、まだ日本は死んでいないし、難局にも対処していけるという実感ができた。

 

6:名無しさん@さかまと!

チャリティーマッチ 本当に感動しました。

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.