特集・コラム・インタビュー

冨安健洋、田中碧を絶賛!「彼がいるかいないかで試合内容が変わる」

記事の内容

「オマーンは力があると感じている」

 アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋が、森保ジャパンの新機軸である4‐3‐3の“キーマン”について語った。

【動画】グループ最弱の相手に伊東純也の1ゴールのみ…まさかの苦戦を強いられたベトナム戦のハイライト

 カタール・ワールドカップのアジア最終予選で1勝2敗とまさかのスタートを切った日本代表は、第4節のオーストラリア戦で4‐2‐3‐1から4‐3‐3にシステムをチェンジ。今予選初出場でインサイドハーフに入った田中碧(デュッセルドルフ)が先制点を挙げ、終盤のオウンゴールで2‐1の勝利を収めた。

 第5節のベトナム戦(1‐0)の前にDAZNで配信された『内田篤人のFOOTBALL TIME』の中で、オンラインで対談した元日本代表DFの内田篤人氏から「(オーストラリア戦で)後ろから見ていて、4‐3‐3はどうですか?」と質問された冨安。「ボランチが3枚いることにより、上手くボールが回っている感じはしました」と答え、こう続けている。

「個人的には、田中碧のことは、一人で変えられる、彼がいるゲームといないゲームでは試合内容が変わる、というぐらい信頼している。彼がいてくれるだけで楽になる感覚はありますね」

 そして、(冨安がアーセナルへの移籍手続きのため欠場した)第1節で敗れたオマーンとの再戦については、「初戦で負けているし、他の試合を見てもオマーンは、力があると感じているので、気を引き締めて準備をしなければならないと思っています」と意気込みを語った。

 今夏の東京五輪でも、ともに主力を担い、ベスト4進出に貢献した同級生の田中は、冨安にとって重要な存在であるようだ。

 

1:名無しさん@さかまと!

前が点をとればディフェンスは楽になる。
そういう風にも考えれる。

 

2:名無しさん@さかまと!

その田中がブンデス2部でベンチという現実
乗り越えて欲しい

 

3:名無しさん@さかまと!

東京五輪世代がA代表を引っ張って行って欲しい

 

4:名無しさん@さかまと!

田中はインタビュー見ててもしっかりしてるのが伝わるからな。
自信もってなきゃあの態度にならない。
監督ももう一つ若い世代に譲らないとな。

 

5:名無しさん@さかまと!

スッと身体の向き変えたり、スピード抑えたりするだけで相手をクルクル回しちゃえる、相当レベル高い選手だよな。線も細く見えるけど強度もあるし今後のキャリアが楽しみ。

 

6:名無しさん@さかまと!

上手い言い方だな
表向きは同僚を絶賛してるだけだけど
選手起用で少しでも森保に影響を与えようと凄く伝わってくる内容だった。
あの駄目監督に少しでも伝わって欲しいよ。

 

7:名無しさん@さかまと!

>「初戦で負けているし、他の試合を見てもオマーンは、力があると感じているので、気を引き締めて準備をしなければならないと思っています」
一番気を引き締めなければいけないのはベンチ。次に攻撃陣。

 

8:名無しさん@さかまと!

2人共、見ていて安心感があるし、
どことなく余裕をもってプレーしているように見える。
同じように攻撃陣にもこんなプレーヤーがいたらワクワクしそう

 

9:名無しさん@さかまと!

どうせ今回出場できないなら、余計に東京世代中心で戦って欲しいよ。
彼らは、まだ次の4年後も目指せるだろうし。
そりゃ長友や大迫も頑張ってほしいけど、この人たちはもうどっちみちリベンジできる可能性は限りなく少ない。

 

10:名無しさん@さかまと!

オマーン戦は相手も確実に勝ち点3を取りにくるだろう。日本も負けたら終わり。そんな中、富安の存在は大きいよ。
しかし守備か頑張っても得点がないと勝てません。富安、吉田クラスなら森保に提案してもいいんじゃないか?
後ろから見てると得点の匂いがしないのが分かるだろうし、必要不必要な選手の存在も。

 

11:名無しさん@さかまと!

田中はたぶん今の代表で1番頭がいい。
状況も相手もよく見えていて正確な判断ができる。
ある程度プレッシャーに来られても判断及びプレーの品質を維持でき、簡単に失わない点が柴崎との大きな違いになっている。

 

12:名無しさん@さかまと!

今頃五輪世代が融合してもっと魅力的なチームになっていてもおかしくなかった。
トルシエは上手く世代の融合を進めたが、森保兼任監督の成果は既に現れている。

 

13:名無しさん@さかまと!

田中のポジショニングもまあ良いとして、パスの出しどころを含めて、受け手・出し手へのコーチングがいいのではないかな。
ドイツでは早く言葉の壁を突破しないと、良さが半減してしまう。

 

14:名無しさん@さかまと!

柴崎と遠藤コンビではチグハグしてて不安になる。でも遠藤と田中なら安定感あるよ。
守備もしっかりやるし何より前に対しての意識がしっかりしてる。本当に経験積んで代表で活躍してほしい

 

15:名無しさん@さかまと!

狭いスペースでもボールを受けて運べる田中碧
デュエルで圧倒的な勝率を誇る遠藤
自ら仕掛けてドリブルでもパスでも打開できる三苫
絶対的な空中戦の強さと1対1で負けないスピードを持つ冨安
ワントップで日本人離れした決定力を持つ古橋
こんな将来性のある若くて核になれる選手を使って
信じられないほどのクソサッカーを繰り返すのが森保

 

16:名無しさん@さかまと!

森保監督にはこの冨安選手の言葉を尊重してあげてほしい。
後ろからチームを支えている目で、そう言っている。
柴崎を重宝する森保には耳の痛い内容なのかもしれないが、今後チームを長年支えるであろう歴代最高レベルのDFの言葉ですから

 

17:名無しさん@さかまと!

ベトナム戦でも、田中が狭いスペースで要求しているのに、他の選手は出さないことも多い中、富安は信頼して預けている場面があった。
田中としてはもっとボール受けたかっただろうと思う。

 

18:名無しさん@さかまと!

冨安がいるかいないかでもだいぶ変わるけどね。
内田・岩政も言っていたけどサボらないし。
守備が安定しているからなんとかなっているだけであって、攻撃はバリエーションもないし選手頼みでひどいもんだよ。

 

19:名無しさん@さかまと!

冨安にそう言ってもらうと碧も嬉しいだろうな!
今はチームで苦しんでるみたいだけど、もう一皮剥けて更なる飛躍を!

 

20:名無しさん@さかまと!

田中碧は狭いところでも受けれるし、トラップで剥がしたりターンでサイド転換も出来るので前の選手もマークがズレて楽になる
SBとボランチがゲームを作る現代サッカーでは冨安と田中碧の存在は大きい

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.