【試合】前評判・結果・戦評

京都サンガ曺貴裁監督、冨安が顔面を踏まれたプレーに「明らかに踏みつけている、VARのチェックを入れるまでもない、故意かどうかなんか関係ないでしょ」

記事の内容

冨安健洋への“顔面踏みつけ”の判定は妥当だったのか。日本人元主審の見解は? 京都の曺貴裁監督は「意図的かどうかではなく…」

 日本でも物議を醸した判定は妥当だったのか?

 12月14日に配信されたDAZNの番組『ワールドサッカージャッジリプレイ』で、アーセナルのDF冨安健洋への“顔面踏みつけ行為”が取り上げられた。

【動画】これがカードなしは妥当?イングランド代表DFが冨安の顔を踏みつけた決定的瞬間!

 問題のシーンは、12月6日に敵地で行なわれたプレミアリーグ第15節エバートン戦(●1-2)の28分に起きた。タッチライン際で敵MFアランと競り合って倒れた冨安の顔を、エバートンのイングランド代表DFベン・ゴッドフリーが踏みつけたのだ。

 冨安は顎付近を切って出血する事態となったが、VARが介入したもののオンフィールドレビューは行なわれず。結果、ノーファウルの判定となり、カードも提示されなかった。現地や日本で物議を醸したこのジャッジは、果たして正しかったのか。

 まず、ゲスト出演した京都サンガの曺貴裁監督は、「アシスタントレフェリーや第4審は、明らかに踏みつけているのが分かると思う。何でそれが見られなかったのか。教えてほしいですねVARチェックを入れるまでもない気がします」と見解を語った。

 また、Jリーグの原博実副理事長は、「ゴッドフリーをよく見ると、味方にパスを出して、そっちのほうを見ている。見ていて冨安に引っ掛かって、足をついたら冨安の顔のところで、慌てて足を引っ込めているような仕草にも見える。冨安だけを見ていたら、足をどかせたと思う。そのへんをどう判断するか。僕は故意には見えなかった」と持論を述べた

 元国際主審で、現在はFIFAの審判インストラクターを務めている深野悦子さんは、この両者の主張に対して、「悩んでいます、両方あると思います」と切り出し、こう意見を述べた。

「顔とか腹に足の裏が入るのは危険ですし、レッドカードという意見もある。ただ、スピードとか強さがそこまでじゃない。意図的だったのか、意図的ではなかったのかはどちらもある。踏みつけたかといえば、踏みつけにはいっていなかった。ちょっとよける仕草もあった。最悪のところを回避したと思えば、カードを出さなかったのも支持できる」

 そして、「現場のレフェリーがカードを出していれば、そうですねとなるし、こうなった(カードなし)結果にも、そうですねと言える。ただ、曺監督の言うように、第4審判は分かっていてほしかったというのが私の意見です」と続けている。

「結果、顔に入ったのはレッドではないの?」(曺監督)

 進行の桑原隆アナウンサーが「一番は故意かどうかか焦点になるんですか?」と尋ねると、深野さんは「いや、接触部位とスピード、強さになります。故意かどうかは(意見が)分かれると思いますし、そこまではなかなか判断できない」と説明した。

 これに対し、曺監督は「思い切り踏む意図はなくて、足をどこに置こうか思っていたと思う。ただ、結果、顔に入ったのはレッドではないの? 意図があったかどうかは大きな問題でなくて、相手の監督からすれば『顔を踏んでるじゃん』となる」と、現場の指揮官として率直な思いを語った。
 
 深野さんは、「ここ(首から)上はだめなんですけど、力をかけなかったというのがありありますね」と返答。曺監督から「そんなの分かります?」と問われると、「そこは分かりました、(力を入れていたら)膝が伸びてたり、もっとぐっといっている。足の置き場もなかった」と見解を示した。

 最終的に深野さんは「このジャッジ自体は間違っていなかった」と結論づけた。ただ、元レフェリーの目から見ても難しい判断だったようだ。

 

1:名無しさん@さかまと!

結果責任でいいのでは?故意でも故意でなくても危険な状態はカード出してほしい

 

2:名無しさん@さかまと!

富安の状態を見た後に顔を背けている。
踏んだ足に体重は乗っていなかったように見える。
故意かどうかはどちらにも受け取れる様子だが、踏んだ部位があまりに危険だった。

 

3:名無しさん@さかまと!

今季のJでもありましたが顔面に足裏は本当厳しくして欲しい。
ポイントで目を傷つける可能性とか考えて欲しい。

 

4:名無しさん@さかまと!

え、サッカーやってた人にもわからないのか?となった。プレーしてる中で考える暇も無いようなスピードで起きたことじゃない。踏みに行ってる。
ちゃんと目線逸らしながら。それに人の顔誤って踏んじゃったらどこかで反射的な動きが出るはず。意識的だろうどう見ても。

 

5:名無しさん@さかまと!

故意かどうかなんて判断できるわけないし、顔を踏んだという事実からカードは出すべき
力入れてた入れてないっていうのも関係無い
頭なんてデリケートな部分だし、後頭部ぶつけてたら危険だろ
まれに聞く話だけど、軽く叩いたつもりでも当たり所が悪かったのか障害が残った、なんてケースもあるし

 

6:名無しさん@さかまと!

富安に謝罪に行ってれば、また印象は違ったかもね。少なくとも何事もなかったかのような振る舞いは、スポーツマンらしからくありません。

 

7:名無しさん@さかまと!

富安が倒れているのを確認して、顔がどこにあるかを確認してあと、目線を逸らして踏みに行ってるではないですか?
普通ならジャンプしてかわそうとしたり、なにかしらするのでは?百歩譲って故意でないとしたら、多少は詫びたり、悪びれた素振りがあっても…と思う。

 

8:名無しさん@さかまと!

これだけ騒いでいるのに、試合後のコメントすらないのですか?わざとでも、わざとではなくても、このイングランド代表はスポーツマンシップが微塵もない。

 

9:名無しさん@さかまと!

故意か事故かじゃなくて顔踏んだらカードは出されるべき。あれでイエローすら出ないのは分からない。審判は円滑に試合を進めることと選手の安全を守るのも仕事じゃないの?

 

10:名無しさん@さかまと!

ラグビーのハイタックルは意図的でなくても肩から上にコンタクトしてしまったらペナルティ…
顔に直接だったら意図的でなくてもシンビンになることも…
危険な行為については意図的かどうかではなく結果的にどうなったかで判断するべき。

 

11:名無しさん@さかまと!

故意かどうかとか力を入れたかどうかではなく、顔面を踏んでしまったという事実があるのだからカードを出すべき。あの危険なプレーを公認してしまったら試合中に誰が選手を守るのか。

 

12:名無しさん@さかまと!

カードが出ないから、ここまでなら、とヤル奴はやる。カードが出ると思えば、最初から足が顔に当たるのを避けようとする動作があるはずだけど、それがない。
わざと、か、わざとじゃなくても当たって良い、という考えのもとでのプレーだと思う。

 

13:名無しさん@さかまと!

このジャッジが出来ない審判はやめろ。
スパイクが目に入って失明しても、故意じゃないからプレーオンなら、みんな同じようなことをし始める。
それと映像が残っていて、顔にも明らかな傷があるにも関わらず、それが無かったことになるなら、そもそも何のための審判なのかわからない。

 

14:名無しさん@さかまと!

顎だったからよかったけど、目とかに当たってたら相当危険だったんだから少なくともカードは出すべきだったね
考えたくはないけど、これロナウドが被害者ならカード出してたよなぁたぶん
少なくとも主審がビデオチェックはしてたと思うわ

 

15:名無しさん@さかまと!

この試合を最初から通して見ていた者からすると、ゴッドフリーは試合開始からカード出されないのを良い事に冨安とサカを明らかに壊しに来てた
このプレーだけじゃなかった
2人とも怪我なく試合が終わったのは奇跡だったよ

 

16:名無しさん@さかまと!

奴はトミーの顔の位置を確認して、そのまま行けば、顔を踏む事が判りながら、カモフラージュするために眼線を反らせて、ワザとではありませんを演出しているだろ!
つまり、ここをチャンスとばかりに踏んづけに行った訳だ。試合を通してのラフプレーを見れば痛めつけようという魂胆が見え見え。

 

17:名無しさん@さかまと!

裁定自体は深野氏に同感だけど、謝りに行かなかったのがこの上なく怪しい。
今までもこういう危険なプレーいくつか見てきたけど、本当に事故でやっちゃったと思われるケースでは加害者がびっくりして謝ることが多い印象。
故意が入ってたなら数試合BAN案件なんでなおさら難しいな。
しかしホント、謝れよな。

 

18:名無しさん@さかまと!

そもそもなんで故意か故意じゃないでカードが出る出ないになるの?そうじゃなくて危険なプレーだからカードの対象になるんじゃないんですか?
じゃあこれからは危険なプレーだとしても故意じゃなかったらカードは出ないって認識してもいいって事?

 

19:名無しさん@さかまと!

踏む気だったかは分かりにくくても、踏まないようにしたかは一目瞭然でしょう。避ける意識が働くと足を下ろすまでに動きに無駄が出るもの。

 

20:名無しさん@さかまと!

危険な行為なので意図がどうと言うことではなく、行為に対してカードを出すのが適当だと思います


-【試合】前評判・結果・戦評
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.