特集・コラム・インタビュー

韓国戦で肘打ち浴びたDF冨安 歯が折れていた 応急処置で「見た目は戻りましたね」

記事の内容

 「W杯アジア2次予選、モンゴル-日本」(30日、フクダ電子アリーナ)

 日本代表DF冨安健洋(22)=ボローニャ=が27日、オンライン取材に応じ、25日の国際親善試合・韓国戦(日産ス)で相手選手の肘打ちで歯が折れていたことを明かした。

 冨安は「歯が折れました。半分折れちゃいました」と明かした。応急処置を施し「見た目は戻りましたね」と笑い、「全然大丈夫ですね。練習も試合も大丈夫です」と問題なしを強調した。

 冨安は韓国戦の後半20分過ぎに韓国MF李桐浚(蔚山)の肘打ちを顔面に浴び、口を押さえて転倒。出血もあったが、フル出場を果たした。

 李の行為には日本国内だけでなく、韓国でも大きな批判が起こっていた。冨安は26日に自身のインスタグラムを更新し「相手選手からの肘打ちの件ですが試合中には起こり得ることで、彼が故意的にやった事ではないと信じています。もうすでに謝罪のメッセージも受け取っていますし、大きな問題にならない事を願っています!」と投稿。大人の対応で事態の沈静化を願った。冨安のインスタグラムのコメント欄には韓国人とみられるアカウントから多くの謝罪も寄せられている。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

冨安選手が取材対応で具体的に答えたコメントは以下の通りです。
「相手選手の反応からしてもわざとじゃないというのは感じていた。僕も手を使って相手のFWをコントロールするのは意識して、
肘打ちされる前のシーンで、スローインで手を使って相手を制する、コントロールするために、ちょっと駆け引きのところで腕を使ってやっていたので
その腕を払おうとして、その腕が歯にたまたま当たっちゃったと僕は思っている。試合が終わってすぐ、メッセージでごめんねと来ました」

 

2:名無しさん@さかまと!

肘打ちではなく、肘鉄!
歯が折れるほどに肘鉄をくらってレッドカードが出ないのは大問題。しかもサッカーボールは絡んでない。
担当した審判にペナルティを課すべき。日本人はあまり文句いわないし、
スルーするから大丈夫だと思ったら大間違い!日本サッカー協会は強く抗議すべき。
歯はスポーツ選手にとって、パフォーマンスに影響する大切なものだ!
痛くて練習に集中できない、病院に通わなければならないなど影響は多々ある。
韓国選手は富安選手に謝ったのか。何故か韓国国民には謝罪をしているが。

 

3:名無しさん@さかまと!

冨安は今後の自分を守るためにも韓国選手には悪気はなかったものと信じているというしかないが100%故意によるラフプレー、
それで歯を折る悪質性とカードすら出ないジャッジング、親善試合など無駄と証明した、
今の日韓ではソンフンミンがいても相手にならない実力が違い過ぎる、ソンフンミンが10人来るなら親善試合を開催すればいい。

 

4:名無しさん@さかまと!

韓国国内でも本件については、非を認めているようです。
でも「反省」ってのは再発をしない、させないためのもので、
口だけ謝って、次の試合でまたラフプレーをするようではダメ。
だから、次の試合が大事・・・ 次があればの話ですが。

 

5:名無しさん@さかまと!

富安は故意じゃないと信じる、って言ってたけど100%わざとです。
こんなチームと親善はあり得ないので、二度と組まないでもらいたい。

 

6:名無しさん@さかまと!

懸念された事が起きてしまった。
故意は明らか。
協会はきちんと抗議して、あちらとは二度と親善試合はやらないでください。

 

7:名無しさん@さかまと!

逆の場合だったら、傷害罪で告訴するんだろうな。富安は大人の対応しているが、相手はそうは受け取らないでしょうね。

 

8:名無しさん@さかまと!

故意では無くても、普通周りに人がいる所であんなに激しく腕振らないよね。

 

9:名無しさん@さかまと!

別に韓国人は、韓国はとかの嫌韓に繋げて欲しいとかない。日本代表はもっと高い意識で戦ってるのだしこういう件は彼らの意思が全て。
ただ李桐浚選手に対する罰は厳しいものであってほしい。スポーツマンシップとしてそれは当然。再発防止の観点からも。
歯を折る為という故意ではないだろうが顔付近を軽く攻撃してプレー出来ないようにというくらいの悪質な意図を感じさせるには十分な映像。

 

10:名無しさん@さかまと!

>相手選手からの肘打ちの件ですが試合中には起こり得ることで、彼が故意的にやった事ではないと信じています。
他にコメントもしようもないかもしれないが......立派なコメントだと思う。
差し歯ということになるのだろう。
ただ、正直、「試合中には起こり得ないことで」、「故意にやった事」だと思っている。
たぶん、加害選手への批判の多さは、そういうふうに感じている人が多いということ。

 

11:名無しさん@さかまと!

サッカー選手はマウスピース必須です。遠藤がマウスピースやってるの見て先見性があると思ってました。だって国際親善試合は戦争だからね。

 

12:名無しさん@さかまと!

JFAはこれでも抗議無し?
大事な選手を派遣して故障させられても何もしない様な協会、
これじゃ海外のクラブは派遣してくれなくなるのでは?
戦前から散々危惧されていたのに、なんでこんな国とこの状況で
試合を決行したのか?
何が親善試合?この国と親善なんてありえないだろ。

 

13:名無しさん@さかまと!

これを選手に我慢して貰って水に流すには余りにも酷い事案です。
FIFAやAFCが何も制裁や警告をしないなら管理組織として機能してない。
日本サッカー協会も正式に抗議しないのは意味が分からない!

 

14:名無しさん@さかまと!

いつも韓国選手のラフプレーは目に余りますが、今回の冨安選手への肘打ちはラフプレーの範囲さえ越えている。
日本への入国禁止措置を韓国サッカー協会に取らせればいい。どうせ謝罪なんて口先だけなんだから。
スポーツマスコミには突撃取材をお願いしたい。口先だけがよくわかると思うから。
もう韓国とのテストマッチは見たくない。

 

15:名無しさん@さかまと!

歯は折れると二度と生えてこない。軽く考えて良いようなものではない。スポーツ選手だからといって歯ぐらい折れて当然と考えてはいけない。
競り合いでのアクシデントなら仕方ないが、ボールと全く関係ない所で、故意に見えないように背を向けて、しかも顔付近を目掛けて手を振っているのは明らか。
しかもこれは親善試合であり、そこまで熱くなるべきものではない。顔を狙うような悪質な暴力行為は罰を与えるべき。日本協会もしっかりと抗議すべきだ。

 

16:名無しさん@さかまと!

だから、あれだけの人数が『なぜ、あんなチームと親善?試合を?』と声をあげたのではないか?誰の考えだ?
この結果は、容易に予想できたのではないか?親善試合や強化試合はサッカーの強いチームと組んで欲しい。
ラフプレーが攻撃の一つと考えているようなチームと、試合する必要はない!

 

17:名無しさん@さかまと!

人間、力を出すときは必ず歯を食いしばるので、死活問題にならないか不安です。
ボールのないところで歯が折れるほどの肘鉄。
これを故意じゃないと言われても、相手が相手だけにね…

 

18:名無しさん@さかまと!

完全に故意だったのは映像をみれば誰でも分かること。なぜベンチがすぐに抗議しなかったのか不思議でならない。
あれで一発退場がないのなら試合をボイコットしてもいいくらい。いったい誰の都合であの国との試合を組むんだろうね。
むこうにはメリットがたくさんあるんだろうが、日本にとってははっきり言ってデメリットばかり。まずはスポーツで関係を断つことから始めよう。

 

19:名無しさん@さかまと!

公式戦での対戦は仕方ないが、2度と韓国とは親善試合を組むべきではない。
次の日のアルゼンチン戦を見て何で韓国なんか呼んだか、改めて憤慨した。

 

20:名無しさん@さかまと!

折れているのは、中継観てて分かった。
痛々しかったな。
それにしても、冨安は大人だな。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.