【試合】前評判・結果・戦評

【動画あり】冨安健洋は再開後3戦連続のフル出場…ボローニャ、先制点守れずドローで連勝逃す

記事の内容

セリエA第29節が7月1日に行われ、DF冨安健洋が所属するボローニャはホームでカリアリと対戦した。
冨安は右サイドバックでスタメン入りし、再開後3試合連続でフル出場した。  

前節5試合ぶりの白星を挙げた11位のボローニャは
開始6分にムサ・バロウがペナルティエリア前のFKで直接狙ったが、
シュートは枠の上に外れる。

一方、勝ち点差1で10位のカリアリは
直後の7分にラジャ・ナインゴランがエリア前から強烈なミドルシュートを打ったが、
これも枠を捉えられなかった。  

主導権を握るボローニャは29分、ロドリゴ・パラシオが
エリア左に抜けてシュートを放つが、相手GKに阻まれる。

39分にはエリア右に抜けたガリー・メデルの折り返しで決定機を迎えたが、
ゴール前で合わせたパラシオのシュートは惜しくも枠を捉えなかった。  

ボローニャの攻勢が実ったのは前半アディショナルタイム3分、
バロウがエリア左へ抜け出し、左足シュートをニアに突き刺して先制点を決めた。

しかし、1点ビハインドで折り返したカリアリは後半開始直後の46分、
エリア内でパスを受けたナインゴランがターンして左足を振り抜くと、
中央のジョバンニ・シメオネが押し込んで同点ゴールを挙げた。  

追いついたカリアリは56分にジョアン・ペドロがエリア前から強烈なミドルシュート、
ボローニャも直後の57分にバロウがエリア前からシュートを放ったが、
どちらもお互いのGKの好セーブに阻まれた。  

ボローニャは77分、リッカルド・オルソリーニが
エリア右に抜けたが、シュートはGKのセーブ。

81分にはバロウがエリア左へ抜けて左足を振り抜いたが、これは枠の左へ外れた。

その後もボローニャは勝ち越しを目指して攻勢を仕掛けたが、
得点は生まれず。このまま引き分けで終わり、
ボローニャは連勝を逃し、カリアリは連勝が2でストップした。  

次節、ボローニャは5日にアウェイでインテルと、
カリアリは同日にホームでアタランタと対戦する。

【スコア】 ボローニャ 1-1 カリアリ

【得点者】 1-0 45+3分 ムサ・バロウ(ボローニャ)
1-1 46分 ジョバンニ・シメオネ(カリアリ)

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/49ddcde3d5d4096f80765b38930af9e9b3ab9296

RSS フットボールアンテナ

-【試合】前評判・結果・戦評
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.