特集・コラム・インタビュー

アーセナルMFスミス=ロウ「練習で誰も冨安を彼を抜けない」「英語も上手」DFベン・ホワイト「英語は僕と同じくらい話せる」「僕がトミにパスしないという記事を読んだ」

記事の内容

アーセナルの若きエース、スミス=ロウが冨安健洋を激賞「練習で誰も彼を抜けない」「みんなトミのことが大好き」

アーセナルに所属するイングランド代表MFエミール・スミス=ロウが、チームメイトの日本代表DF冨安健洋について語った。

アーセナルユース出身のスミス=ロウは昨シーズンに公式戦37試合に出場して7ゴールを記録。21歳ながら主力に定着してイングランド代表デビューも果たしたアタッカーは、今季もここまで公式戦21試合で9ゴールをマークしている。

そのスミス=ロウは、『DAZN』のインタビューで冨安について、「トミは本当にナイスガイだよ。若くて良い選手で、みんな彼のことが大好きなんだ。ピッチ外ではみんなと冗談を言い合っている」と、良い関係性であることをアピール。とりわけ、トレーニング時から際立った守備力を見せていると話した。

「本当に良い補強だったし、一緒にプレーできて嬉しい。彼の守備は凄いんだ。練習で誰もパスを通せないし、ドリブルでも抜けない」

「それが彼の最大の持ち味だと思うけど、スピードがあってフィジカルも強く、何でもできるんだ。加入当初から彼の守備面は際立っていたね」

さらに、スミス=ロウは冨安の英語力についても、「英語も上手だね。最初は彼が英語を話せるかわからなかったけど、加入初日から完璧な英語を話していた。チームに馴染んでいるね。本当に上手いんだ」とまったく問題ないことを明かし、コミュニケーション能力の高さが素早い適応の助けになっていることをうかがわせた。

記事の内容

アーセナルの78億円DFベン・ホワイトが冨安を大絶賛「僕がトミにパスしないという記事を読んだが…」「隣でプレーできて光栄」

アーセナルに所属するイングランド代表DFベン・ホワイトが、同僚の日本代表DF冨安健洋を絶賛した。

昨夏にブライトンから推定5000万ポンド(約78億円)の移籍金でアーセナル入りしたホワイトは、今季ここまで公式戦20試合に出場。シーズンが進むにつれて調子を上げて4位まで上昇したアーセナルの中でポジションを確保している。

そのベン・ホワイトが、同時期にアーセナル入りして好パフォーマンスを見せている冨安について、『DAZN』のインタビューで言及。ベン・ホワイトは冨安について、「トミは凄いよ。今までプレーした中で最高の右サイドバックだ。常に集中している。隣でプレーできて光栄だ」と称賛し、コミュニケーションにも問題がないことを強調した。

「トミは簡単なことをワールドクラスレベルでこなす。意識が非常に高く、試合でも怠慢なプレーを見せることはない。加入当初から英語ですべて理解していたし、僕と同じくらい話せるね」

また、右センターバックのベン・ホワイトが右サイドバックの冨安にパスする場面が少ないとの指摘が一部であったことについて、本人も「僕がトミにパスを出さないという記事を読んだ」と目にしたことを明かすと、その件について以下のように解説した。

「サッカーに詳しくないとわからないかもしれないけど、右サイドバックへのパスを狙って相手はプレスをかけてくる。トミにパスを出すと、狙われてプレー選択がなくなる(状況がある)」

「単にトミにパスしたくないわけではなく、最善策としてファイナルサードに繋がるように組み立てているんだ」

さらにホワイトは冨安とブカヨ・サカの縦関係にも触れ、「トミとサカはタイプが違う選手で、それが良い関係を生み出している。トミは守備的で能力が高く、サカは逆に攻撃的だ」と口にし、「サカはドリブルで相手を抜き去るが、トミが彼に自由を与えて良い位置でプレーさせている」とコメント。冨安のバランス感覚についても称えていた。

 

1:名無しさん@さかまと!

冨安だけの貢献とは言わないし皆が頑張った結果だけど、最下位からCL圏内に上昇したキッカケは明らかに冨安加入だからね。
マネ、ソンフンミン、サンチョ、スターリング、みんな止めた。
マンC戦なんてスターリング&デブライネという悪夢コンビが攻めてきたけど何もさせなかった。
もう冨安は日本代表に呼ぶのが申し訳ないほどの選手になってしまった。

 

2:名無しさん@さかまと!

練習で彼を誰も抜けない。
パレス時代のワン=ビサカも同じように言われていたし、スピードスターのザハでも抜けなかった。
冨安は、攻撃面においてワン=ビサカよりも少し上だと思うし、今後も要注目。

 

3:名無しさん@さかまと!

>>1
ラムズデールかなあ
ラムズデールに1票

4:名無しさん@さかまと!

相手のエース達を試合から消してボールを奪うから貢献度は半端ない

 

5:名無しさん@さかまと!

アーセナルは昨シーズンまでと変わってワクワクするチームになったな。
冨安は泥舟に乗り込むのかと不安だったけど、個人としてもしっかり仕事しつつ、他の若いメンバーと共にチームの流れを明らかに変えたな。

 

6:名無しさん@さかまと!

>>5
泥舟を自ら修理して乗っちゃった

 

7:名無しさん@さかまと!

スミスロウも16歳の若さでU23でプレーしてた逸材。あのエメリがポテンシャルの塊と評しただけの事はある。

 

8:名無しさん@さかまと!

シティ戦守備で目立ってたしな。デブライネが抜け出した時のスライディングはシビレた。
前にケインにも似たようなのカマしてた

 

9:名無しさん@さかまと!

もし富安がブラジル国籍やアルゼンチン国籍のEU外選手だったなら80億くらいの価格になるはず。
日本国籍の選手ではイングランドプレミアシップで最も成功した選手になると思う。

 

10:名無しさん@さかまと!

確かに去年までのアーセナルは右SBのソアレスやチェンバースにボールが入った途端に
プレスかけられて奪われたり、クリアやバックパスでビルドアップ出来ない場面が多々あった。
最近冨安へのパスが増えたとは思うけど信頼関係が増したというよりも、
冨安自身のポジショニングが改善していたり、パーティー、ウーデゴーア、サカとの距離感や、
フォローが良くなっているから組み立てやすくなっているからだと思う。
ホワイトはただ足元やパス能力に長けているだけではなく、
味方も相手もよく見えている所がビルドアップ能力が高いと言われる所以だと思う。

 

11:名無しさん@さかまと!

平凡な選手ならややリスキーなパスも、ばんばん冨安に出すと思う。
受け手の状況を把握してパスを出す出さないを使い分けてるのは、ホワイトの優秀さの一端だね。

 

12:名無しさん@さかまと!

信頼関係は確実に増してると思います。冨安経由のビルドアップは確実に増えた。

 

13:名無しさん@さかまと!

記事の最後にも書いてるけど今のサカと富安のバランスが一番いいよな
冨安もっと攻めろとか言う人いるけど今はサカが調子良くてイキイキしてるし
下手に前出て邪魔しないほうがお互いのために良い

 

14:名無しさん@さかまと!

周りからどうみえようがホワイト本人が今までで最高の右サイドバックと発言しているならそれが全て
パスの本数を気にするなんてあまりにもくだらない

 

15:名無しさん@さかまと!

冨安自身がベンホワイトの状況判断能力の高さに言及していましたね。

 

16:名無しさん@さかまと!

ウッチーと冨安の対談だっけ
CBからSBへの嵌めパスに言及してたの。あの時点で冨安は理解してるしホワイトも気にする必要なし。
まあチーム内では共有できてるだろうから連携が上がってるんだろうしね

 

17:名無しさん@さかまと!

最近は冨安へのパスが増えてきた。
これは冨安なら多少リスクがあっても大丈夫だろうという信頼感が醸成されたのと、
チームとしてウーデゴールがビルドアップに参加するようになりパスコースが多くなった事もあるだろう。
後者はアルテタの手腕かと。

 

18:名無しさん@さかまと!

メジャーリーグに行った日本人野球選手は、何年経っても通訳付けて
英語をしゃべれないのが多いが、サッカー選手はみんな結構外国語をしゃべれるよね。

 

19:名無しさん@さかまと!

最初は信頼しきれてなかった部分も少しはあったと思うよ。プレミア初めてだし。
ただ数試合の実力を見て確実に信頼されるようになったね。

 

20:名無しさん@さかまと!

今のアーセナルのバックスは本当にすごい。
4人全員足元あるし、フィード蹴れるし、頭良いし、足速いし、身体強いし、若い。+ラムズデール。
今後が楽しみでしかない。



-特集・コラム・インタビュー
-, , ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.