特集・コラム・インタビュー

伊藤の招集で平均身長187cmのヤングトリオ完成へ? 今後を見据えて試したい板倉、冨安らの魅力的な3バック

記事の内容

さすがにカタールまでに作るのは時間がないか

先日、日本サッカー協会から6月の親善試合に向けた28名の日本代表が発表された。その際のオンライン会見で森保一監督は興味深い発言をしている。

「チームのパワーを最大限に発揮できるように、ベースであるコンセプトをまず浸透させられるようにしたい。その先に3バックで戦うとか、[4-3-3]を[4-2-3-1]にするなど考えていきたい」

これは気になる発言だ。まずは現状の[4-3-3]をより向上させたいと考えているようだが、その先を見据えたシステム変更の案はあるようだ。

11月に開催されるワールドカップ・カタール大会では3バックを採用するのもありだ。グループステージではスペイン代表、ドイツ代表との対戦が決まっている。彼らはボールを持つところからスタートするため、日本は確実に押し込まれる。相手は崩しを得意としており、より守備を固める3バックを採用するのも悪くない。

今の日本代表には3バックに適した人材がいる。それが冨安健洋、板倉滉、そして初招集の伊藤洋輝だ。

板倉はシャルケで3バックの中央を任されている。伊藤はシュツットガルトで3バックの左を、アーセナルの冨安は基本右サイドバックでプレイしているが、センターバックでも起用できるユーティリティ性を持っているため適応には時間はかからないはずだ。

完成となれば平均年齢23歳の若い3バックが完成だ。3選手ともサイズもあり、平均身長187cmの壁となる。空中戦で強さを見せられれば跳ね返す力は十分にある。

そして最も魅力的なのは3選手共に、ボールを自分で運ぶことができ、正確なフィードで攻撃を活性化させられる点だ。特に3バックのサイドは中盤までポジションを上げて組み立てに参加することになるが、彼らであれば失わず難なくこなしてしまうだろう。

代表チームで3バックといえばディディエ・デシャンが率いるフランス代表がそうだ。EURO2020では残念な結果に終わってしまった同代表だが、のちのネーションズリーグではベルギー代表、スペイン代表を破った。ここではジュール・クンデやリュカ・エルナンデスなど3バックの左右に配置された選手の持ち上がりが非常に効果的だった。もちろん、守備は固く堅守速攻にピッタリのシステムである。

日本サッカーの成長もあって若くして海外クラブで地位を確立する選手は多くなっている。板倉と伊藤は特に今季は飛躍のシーズンとなっており、彼らを存分に活かせる術を見つけたい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d776de0addfabd66f7ae321328960a162802aaf

 

1:名無しさん@さかまと!

良いんじゃね?3バック。ただ確実にスペインドイツは空いてるサイドを狙ってくるから重要なのはWBとDHの守備力と走力だよ。

 

2:名無しさん@さかまと!

いずれにしても今回の招集では冨安は使わないで怪我の治療に専念させて欲しい。
プレー出来そうでも休ませるべき。

 

3:名無しさん@さかまと!

吉田は先日のインテル戦、3失点に絡んだね…。自信を無くしていなければ良いけど。
最終予選含め、ここ最近の日本代表を吉田麻也が引っ張ってくれたのは間違いないけど、日本代表で安泰とは言えないのも事実だと思う。
昔からの実績で言えば圧倒的だが、ここ最近の調子でいえば当落線上。

 

4:名無しさん@さかまと!

五大リーグでスタメンを張る冨安・伊藤、ドイツ2部とは言え優勝に貢献した板倉、この3人がスタメンに選ばれることに何の違和感もない。

 

5:名無しさん@さかまと!

控えに酒井宏樹置きつつ、このスリーバック作れたらいいな

 

6:名無しさん@さかまと!

彼らの能力や言語面での障壁がないことなどから考えると今からでも十分連携は仕上がると思う。
実際他国の代表やクラブは指揮官変わった初戦や陣容が変わった試合でも遜色ない連携を見せていたりする。
まぁそれもこれも監督の指示伝達が明確かつ正しくないと無理な話なんだけど。

 

7:名無しさん@さかまと!

この3人は共通してボランチ経験者だから配給が上手い。
サイズもあってボールの出し手になれる現代型CBが3枚揃うのはなかなかレアだと思う。

 

8:名無しさん@さかまと!

怪我しているのにも関わらず冨安を招集したのは、3バックの共有事項を理解してほしかったからだと思う

 

9:名無しさん@さかまと!

他に同世代の町田や瀬古がいて、更に10代には東廉太、高井幸大、田中隼人など190cm前後の次世代CB候補も控えているし、
北中米大会の頃にはCB、SB、アンカーのポジション争いが高いレベルでもっと熾烈になっていきそう。

 

10:名無しさん@さかまと!

しかしすごい時代になったもんだな
ここまでCBが頼れるのは闘莉王中澤のとき以来
吉田は189cmとサイズはあったけど成長するまで割と時間かかったし、吉田の相方が割と不安定だったよね、今野(178cm)とか森重とか・・・

 

11:名無しさん@さかまと!

この三人の控えに吉田ってのが本来なら最高の状態なんだけどね。キャプテンの役割含めて吉田に全てを任せ過ぎたのはある。
そこは遠藤とか所属クラブでキャプテンやってる奴がしっかりしてくれれば解決してたけども。
まぁもうそれはW杯終わってからでいい。

 

12:名無しさん@さかまと!

元々はボランチ系譜のCBだけにフィードも巧い・走れる・高い。
この3バックで3-4-2-1を試して欲しい。
戦術伊東も4で生きるし、戦術鎌田も2で生きるし。0トップでもいいのよ。

 

13:名無しさん@さかまと!

伊藤をサイドバックでも試してほしいね。中山のパフォーマンスが安定しない。伊藤が使えると、4バックと3バックの併用も可能になる。

 

14:名無しさん@さかまと!

つまり吉田は外される、と?
確かにパフォーマンスは下がってきているけど、長友も吉田も一気に外す決断をあの監督が下せるとは考えにくいような・・・

 

15:名無しさん@さかまと!

ほんと数年前までCBの層が薄いと言われてたのに、こんなに豊富になるとは。
GKとFWで突出した存在出てきて欲しい。

 

16:名無しさん@さかまと!

この3人の3バックを早く試してほしい。
やはり左WBが人材不足なのが気にはなるけど。

 

17:名無しさん@さかまと!

選手に合わせてフォーメーションは変えるべき
無理に人材難のサイドバックを使わなくて済む

 

18:名無しさん@さかまと!

ヨーロッパのディフェンダーなんて190サイズが普通だから別に空中戦有利になるわけではないよ。

 

19:名無しさん@さかまと!

吉田も今回が最後っぽいし、いつまでも頼ってるわけにはいかないよな

 

20:名無しさん@さかまと!

本戦はドン引きになるんだからいいんじゃないかな?


-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.