特集・コラム・インタビュー

【動画あり】米国大学リーグで最優秀GKに選ばれた日本人、元FC東京U-18高瀬和楠がアメリカへ渡った理由。

記事の内容

米国の大学リーグ、AACで日本人として初めて年間最優秀GKに選出

 FC東京U-18出身のGK高瀬和楠は2018年に高校を卒業後、アメリカ・フロリダ州にあるサウスフロリダ大学に留学。全米大学スポーツ協会(NCAA)のディビジョン1に相当するアメリカン・アスレチック・カンファレンス(AAC)で戦ってきた。渡米後には怪我に苦しむも、大学ラストイヤーとなった21年シーズンにトップリーグの年間最優秀GKに選出される日本人初の快挙を成し遂げた。中学と高校で日本一を経験していた男はなぜアメリカへ渡ることを選んだのだろうか――。

   ◇   ◇   ◇

 現在21歳の高瀬はFC東京の下部組織で育った。U-15時代にも日本一を経験。U-18時代の16年には夏の日本クラブユース選手権と冬のJユースカップ(現・Jリーグユース選手権大会)の2冠達成に貢献するなど常に世代のトップレベルでプレーしてきた。

 1つ上の世代にはGK波多野豪(FC東京)、ともに日本一になったチームには日本代表MF久保建英(マジョルカ)やMF平川怜(松本山雅FC)などかつてのチームメイトの中にはすでにプロとして活躍する選手がずらりと並ぶ。そうしたなかで高瀬も卒業後にJリーグや日本の大学進学が選択肢にあったが、「目の前の線路をそのまま進んでいる気がしていました。当たり前の人生を送るのはつまらない」とアメリカへの留学を決意した。

「正直、僕はものすごく運が良かったと思います。これまで全国優勝、日本一というものがそんなに珍しいものではありませんでした。U-15の時にクラブユースで優勝できましたし、1個上の世代も準優勝でした。U-18では、1個上も僕たちの代も2冠を達成しています。生意気に聞こえるかもしれないですが、優勝が珍しい環境ではなく自分の中でそれがすごいことだと実感があまりなかったんです。全国制覇して、そのままプロや大学に進んだ選手を数多く見ていたからこそ、僕の中ではそれが“線路をそのまま進む道”に見えてしまったんです」

 より厳しい道を求めた高瀬はアメリカで実力を磨き、各大学の監督やコーチの投票で決まるシーズン年間最優秀GKにまで上り詰めた。結果次第では“クビ”すらもあり得るプロ顔負けの競争がある大学サッカーリーグの中での快挙。渡米から間もない1年時は英語でのコミュニケーションに苦戦し、2年時には怪我による手術でシーズンを丸々棒に振った。3年生になってようやく試合に出られるようになると、集大成となるラストシーズンでついにこれまでの努力が実を結んだ。

 今年は怪我で開幕から4試合を欠場したが、復帰以降はレギュラーとして奮闘。「シュートを止めて、チームを助けるようなプレーができていた実感はありました。それに伴ってチームの結果も付いてきましたし、自分の中でも(年間最優秀GKを)もらえる手応えは感じていました」。高瀬はアメリカの地で自信を深めていた。

「僕のYouTubeを見てアメリカ留学に興味を持ってくれた人もいます。そこでいろいろなことに挑戦できると言っても、そこで僕がプロになって活躍できなければ説得力に欠けてしまいます。発信の価値を高めるためにも、将来的にはプロに入って活躍することを目標にしています」

卒業後の進路は? マイケル・ジョーダンの母校からのオファーも

 高瀬は将来的にプロ選手になることを目指しつつ、今後アメリカ留学を志す学生や選手をサポートする仕組みを作りたいと話している。これまでもアメリカでの生活をSNSを通じて発信してきたが、そうしたマルチな活動を今後も続けていきたいという。そのためのベースを作れた大学生活だったとも振り返っている。

 そして現時点で進路についてはいくつかの選択肢があり、それぞれをフラットに考えているという。

 まずは12月に大学を卒業し、MLSコンバイン(トライアウト)を受けてプロ入りを目指すこと。2つ目は大学でのプレーを続けること。アメリカの大学では高瀬のように怪我で1年間プレーできなかった場合などに、1年間選手資格を延長できるレッドシャツというルールがある。さらに今年はコロナ禍でシーズンが延期されたことに対する特例措置もあるため、合わせて2シーズン分の“アディショナルタイム”がある。

 その際には他の大学への移籍も可能となり、高瀬にはすでにいくつかのオファーが届いているという。その中には“バスケットボールの神様”と称されるマイケル・ジョーダンの母校、ノースカロライナ大学チャペルヒル校からのオファーも含まれる。

 そして、アメリカ以外の国へ渡ってプレーする3つ目の選択肢も検討中だという。米国で大きな成長を遂げた高瀬のさらなる挑戦に注目だ。

 

1:名無しさん@さかまと!

将来的に色々なことを見据えていてすごいなぁと思います。
高瀬くんがプロになれるかは分からないけど、プロになれなかったとしてもこれからの活躍を期待しています。
MLSのトライアウトを受けて合格してMLSでプロになった場合、将来的に逆輸入JリーガーとしてJリーグ入りもあるのかな?

 

2:名無しさん@さかまと!

記事を書いている人はアメリカの大学スポーツの仕組みがわかってなそうですね。「NCAAのディビジョン1に相当するアメリカン・アスレチック・カンファレンス」とか、「トップリーグの年間最優秀GK」とか。
ディビジョン1のカンファレンス(リーグ)はアメリカに20~30ぐらいあって、AACは単にその一つです。日本で言えば関東一部とか関西一部とか、そんなのがたくさんあってその一つという感じです。AACがその中でトップリーグというわけでもありません。
日本人としてカンファレンスの一つの中であってもGKで最優秀と評価されたのは素晴らしいですが、日本のJアカデミーでトップクラスの実績がある選手ならそれも頷けるかなと。
それより、アメリカの大学だと文武両道だし、日本人で英語のレポート出したりとか、それこなしてきたのは素晴らしい。

 

3:名無しさん@さかまと!

YouTubeみてるけど、アメリカの大学は色々と環境が凄すぎる。MLSもレベル上がってきたし、アメリカでプロになる日本人プレイヤーは増えて欲しい。

 

4:名無しさん@さかまと!

素晴らしいキャリア形成だ。
Jに戻ってくることにこだわらず、世界を渡り歩きいつか代表に!

 

5:名無しさん@さかまと!

勿論努力の上で成り立ってるんだろうけど、持ってるなと思う。

 

6:名無しさん@さかまと!

アメリカのサッカーが彼の影響で日本により身近になると良いね。

 

7:名無しさん@さかまと!

技術も、足元も、キックセンスも抜群

 

8:名無しさん@さかまと!

Jリーグでプロになってください!

 

9:名無しさん@さかまと!

FC東京がオファーしなかったらアホだろ…

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.