特集・コラム・インタビュー

【悲報】浦和FW杉本健勇[2年で4ゴール(内PK3)]、記事にされてしまうwww

記事の内容

今季が正念場“2年で4ゴール”の杉本健勇 良さを生かす戦術とは

明治安田生命J1リーグの第2節が3月6日に行われ、浦和レッズはサガン鳥栖と対戦。鳥栖FW山下敬大に2得点を許してしまい、0-2で敗れる結果となった。これで開幕から1敗1分と、チームは出遅れる形となった。

この日、浦和の杉本健勇は最前線9番の位置で先発出場を果たした。浦和はボールを保持する鳥栖に対し、無理にボールを奪おうとせず、ディフェンスラインを低く設定してコンパクトな守備陣形を形成。縦パスには出足の早い守備陣が対応し、ボールを拾って前線の杉本に預ける。受けた杉本は前線でポストとなり、小泉佳穂がスペースにロングフィードを供給。すると、左右の汰木康也と田中達也が快速を活かして敵陣に攻め込む。鳥栖の攻撃を無力化しつつ、自分たちは優位に攻め入る、効果的な戦術だった。

前線で大きな体躯を生かして時間を作れる杉本は、前半の戦術の中心にあったと言える。また、近くでプレイする小泉の存在も大きい。得点こそ奪えなかったが、守備に追われるチームの縦パスを拾ってくれる選手は、非常にありがたい。

しかし後半になると杉本の良さは消えてしまう。浦和は後半、前半とは打って変わって前からのプレスを選択するのだが、これが裏目だったようだ。浦和のプレスは杉本も含め連動性がなく、簡単に剥がされてしまっていた。また、パートナーの小泉がプレスに奔走し疲弊。結果杉本が消えてしまった。前線からの守備のほかにも決定機逸、プレイエリアの狭さなど、克服しなければいけない課題は多いように思う。

浦和移籍後の2年間ではリーグ戦わずか4得点にとどまり、批判にさらされることも多い杉本。浦和での生活も今年で3年目と、そろそろ目に見える結果が欲しいところだ。セレッソ大阪時代にはシーズン22得点を記録したこともあるだけに、ストライカーとしての力は本物のはず。開幕ダッシュに失敗したチームの起爆剤になれるか、今後の彼の動向に注目が集まる。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

杉本が生きる戦術なんてあるんですかね。
浦和で80試合近くこなして4点(3点はPK)。点を取れないFWのために戦術をいじる必要があるのでしょうか
リカルドも色々試しているんでしょうが、明本1トップの方が期待を持てる

 

2:名無しさん@さかまと!

正直全く使えない。2年で4点のフォワードがスタメンってレッズやばすぎ

 

3:名無しさん@さかまと!

今年最初のゲームで点取って「今年の杉本は違うのか!」と思った途端、オフサイド判定になってしまった。
それがまた杉本なのかなと。
あのシーン、興梠ならオフサイドにならず点取ってた気がする。

 

4:名無しさん@さかまと!

チャラチャラした風貌でもピッチの上で戦う姿勢だったり結果を残してれば納得できる部分もあるけど、杉本からは何一つ応援する要素を感じない。

 

5:名無しさん@さかまと!

セレッソ時代、海外からオファー来たと言う話聞いた事あるが、海外チームは獲得しないで、正解かも、国内で4点じゃ、話にならないし

 

6:名無しさん@さかまと!

二年間で4ゴール内3ゴールがPK、これが全て。
良いパスが来ないと点は決められないが、鳥栖戦の様にフリーでも決められないのは、最早CFとして失格。
先輩に誘われたら平気で規律違反もするし、もう流石にお払い箱でしょう。槙野に遣らせてももう少し点を取りそう。

 

7:名無しさん@さかまと!

セレサポとしてはセレッソを出て行ったならどうせなら活躍してほしいと思う。
2980円とかコロナの件とかサッカー以外でネタになってどうすんねん。
興梠が出れない今、点取らないとホンマに後がないと思うくらいの必死さみたいなのをあんまり感じないのよね・・・
頑張ってほしいねんけど・・・

 

8:名無しさん@さかまと!

フロントも含め周囲が期待しすぎなんじゃないのかなぁと。
二桁得点したのセレッソ時代の2017年だけですよね?
あの時のセレッソは右も左も攻撃陣みんな絶好調でしたから相手ディフェンスが的を絞れてなかった中での結果と見てます。
もちろん身体を活かしたポストプレーとかヘディングは強みですが、あまりシュート技術は高くないような気もしますし、
そもそも2017年以外の良いプレーの記憶がほとんどない。本人も辛いかもですが 汗

 

9:名無しさん@さかまと!

川崎サポです
自分が求めるボールが来ないとも思えるコメント残して1年で去っていった君。
何故、我々から愛されないからはわかっている?
物凄く良いお手本として嘉人さんがいるけど君には到底、無理だし目指す気ないでしょうね。

 

10:名無しさん@さかまと!

ゴールを決めそうな雰囲気が全然ない!
2年で4ゴールに納得してしまう
突然化けるような匂いもしないし
戦術云々の問題じゃないと思う
チームとしても点を取れそうな感じがしないイコール
下位4チームに入りそうな雰囲気がする

 

11:名無しさん@さかまと!

たまにいる、一年だけマグレで点取るFW
再現性がないのは、身に付いた能力で点取ってないからだろう
なんで点取れてたのか、本人が一番わかってないパターン

 

12:名無しさん@さかまと!

あれが活きる戦術なんかない。
ただ浦和のフロントが一発屋の貧乏くじを率先して引いただけ。誰かさんと一緒に、仲良く岐阜行って残りの選手生命楽しめばいいのに。
決定力は監督の責任ではない。

 

13:名無しさん@さかまと!

フロンターレのプレイスタイルが合わなかったり、あるいは他のクラブに出番を求めたり、
あるいは好条件の提示に曳かれてと色々な理由で川崎を離れた選手が対戦相手となり等々力に戻ってきた時に、
試合前の選手紹介でその名前を紹介されても、フロサポはブーイングせず、
甘いと他のサポーターに言われるのですが、大きな拍手で迎えます。この前のセレッソ戦の大久保の様に。
ただ一人の例外が杉本ケンユウ。

 

14:名無しさん@さかまと!

良さなんてリーチくらいだろう。
それすら身体が強いわけではないからターゲットにはなりえないし、頭もスピードもアジリティも足下の技術も際立ったものは無し。
なにを期待して獲ったのか分からないのに、活きる戦術があろうわけなし。

 

15:名無しさん@さかまと!

「良さを活かす戦術」杉本選手は戦術の問題なのかな?
今期に入ってボールを散らすような動きが多くて、汰木とかにシュートを委ねるところがある。
何で自分でシュートしないのか消極的にみえるけど、戦術の問題なのかな。

 

16:名無しさん@さかまと!

他サポですが、正直良さがあんまり分からないです。。すいません。
興梠選手と比べてしまうと、どうしても。

 

17:名無しさん@さかまと!

シーズン始まってるから期待したいけど、杉本は千葉に、浦和は垣田を獲る。たぶんこれが安定だったなって思います。
杉本くらいのチャンス与えるなら、阪野や歳取る前の高崎、小池の方が結果残してそうとすら思ってしまう。

 

18:名無しさん@さかまと!

田中達也ワントップのほうが良さそうだよなぁ。
汰木は山形時代のドリブルのキレが失われている。ほとんど相手を抜き去る場面がないものね。J1来て自信がなくなったのかな。

 

19:名無しさん@さかまと!

川崎ではチームとしてのポジショニングが理解できていなかったのか、常にピッチ内で迷子になってて、嘉人にいっつも怒鳴られてたな〜
個人的には等々力迷子って呼んでたもんな。
1年みてて、あそこまで成長しなかった選手もあまり記憶にない。

 

20:名無しさん@さかまと!

たまにすごいいいミドルとか打つんだけど、やはり入らない。
杉本とは全く別のタイプの選手だけど、杉本と清水の竹内の2人はすごいいいミドルを打っても打っても入らないイメージが自分の中ですごいある。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.