特集・コラム・インタビュー

「ソンは日韓戦を楽しみに」 反町技術委員長、コロナ禍開催の3月代表戦“舞台裏”明かす

記事の内容

JFA連載コラムで3月に行われた代表戦計4試合について回顧「一番大変だったのは選手」

 日本サッカー協会(JFA)が27日、公式ホームページ上で反町康治技術委員長の連載「サッカーを語ろう」を公開した。第9回は「3月の成果を6月に生かす」と題して、先月行われた日本代表戦とU-24日本代表戦の計4試合について振り返っている。

 反町技術委員長は2001年にアルビレックス新潟で監督に就任。そこから日本代表のコーチや北京五輪代表監督を歴任し、2009年から11年までは湘南ベルマーレの指揮を執った。12年に松本山雅FCの指揮官を務め、就任3年目にはクラブ史上初のJ1昇格を達成。19年限りで松本の監督を退任した。そして、20年3月29日にJFA理事会で技術委員長への就任が決定。現在は技術委員会のトップとして、日本サッカー界を牽引している。

 今年3月に日本代表とU-24日本代表は19年11月以来、1年4カ月ぶりに国内で活動を実施。A代表は国際親善試合・韓国戦(3-0)とカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル戦(14-0)に臨み、東京五輪世代のU-24日本代表はU-24アルゼンチン代表と2連戦(0-1/3-0)を戦った。

 コロナ禍での開催だったが、海外から入国した選手や関係者は特例で2週間の待機を免除。代表選手は国際Aマッチウィーク期間、一般社会から隔絶された「バブル」と呼ばれる環境で過ごした。反町技術委員長は厳しい対策がなされたなかでの代表戦をコラムの中で振り返っている。

「中でも一番大変だったのは選手だったと思う。動線は一般の人と完全に切り離されていたので、チームと行動をともにした私も選手宿舎となったホテルの舞台裏にずいぶんと詳しくなった。即戦力としてホテルでバイトができるのではないかと思ったくらい。ホテルの出入りは従業員用や荷物の搬入口を使い、エレベーターも非常用のものを利用した。部屋の掃除は3日に1回くらいにしてハウスキーパーと極力接触しないように努め、替えのタオルや歯ブラシは所定の場所から自分でピックアップ。合宿中はほぼ毎日、新型コロナウイルスの検査を受けた。食事も海外組と国内組は別々。時間をずらし、場所もパーテーションを立てて分け、黙食も徹底。日本の選手は本当に真面目で『黙食をお願いします』と頼めば、本当に黙食する。たまには外の空気を吸いたくなるだろうに、バブルの中での単調な毎日にじっと耐えてくれた」

 そのなかで、まずA代表が韓国に快勝。だが、JFAは「強い相手とやらないと真の強化にならない」というスタンスを取る一方で、負傷により相手のエースFWソン・フンミンの不参加が決定した。反町技術委員長は「韓国のチーム関係者によると、これまで日本で試合をしたことがないソン自身も今回の日韓戦を非常に楽しみにしていたという」と、相手エースの心情を明かしている。

 東京五輪世代のU-24日本代表はアルゼンチンと対戦。初戦は0-1と完敗したものの、2戦目では南米予選1位通過の強豪相手に快勝を演じることができた。そのなかで技術委員長として、オーバーエージ(OA)の必要性を訴えた。

6月には東京五輪世代にOAを合流も?「チーム強化のために…」

「あくまでも技術委員長としての所感を述べれば、東京五輪本番で試合巧者になるために、OAは必要だなとも感じた。SAMURAI BLUE(日本代表)の韓国戦を見ていても、吉田麻也(サンプドリア)なんかはオーラが全然違った。日本はこの試合で鎌田大地(フランクフルト)がキム・ヨングォンを向こうに回して見事なドリブルシュートを決めた。吉田にも似たシチュエーションがあったが、難なく1対1をさばいてみせた」

 吉田の冷静さを評価しつつ、U-24日本代表には試合をコントロールするOAがカギを握るとした。また、今回の活動から得た知見は日本五輪委員会(JOC)にも報告済み。JOCの会議に反町技術委員長が出席し、15分ほどプレゼンテーションをしたといい「我々の経験をこの夏の東京五輪、パラリンピックに役立ててもらえるとうれしい」と振り返った。

 次の活動はA代表が5月28日にミャンマー、6月7日にタジキスタン、同15日にキルギスとW杯2次予選を戦い、同3日と11日にキリンチャレンジカップの計5試合が控えている。また、U-24日本代表も同5日と12日に強化試合を実施。3月にはA代表とU-24日本代表はバブル間で移動することは控えたが、6月には可能になるかもしれないと反町技術委員長は語っている。

「コロナ禍で積んだ昨年秋の欧州での知見、この3月の日本での知見を土台に、6月はバブルとバブルの間で選手を動かすことができるかもしれない。例えば、5月28日のミャンマー戦でSAMURAI BLUEが最終予選進出を決めたら、東京オリンピックのチーム強化のために、SAMURAI BLUEからOAの候補者を抜いて、U-24のチームに合流させるようなことが。もちろん、それはサッカー界だけで勝手に決められることではなく、関係各方面と慎重かつ丁寧に話し合いを進めていく必要があるのだが、とにかく、3月にしっかり活動できたことで、6月以降に『1チーム2カテゴリー』の強みを、さらに生かしていける態勢が整ったことだけは間違いないと思う」

 コロナ禍で行われた3月の代表戦。反町技術委員長は様々な手応えを得たようだ。

 

1:名無しさん@さかまと!

試合に勝てたけど、その代償で冨安選手の歯が折られたんですよ。
反さん、二度と敵国同然な国と試合なんかしないようにしてください。

 

2:名無しさん@さかまと!

ケインが出て行くかもしれない来シーズンはどうなるだろうな
でもCL決勝まで行った年はほとんどケインいなかったような

 

3:名無しさん@さかまと!

ちゃんとしたサッカーをして下さいよ、スポーツのサッカーですよ。
ルール無用の格闘技(喧嘩)じゃなくてね。

 

4:名無しさん@さかまと!

来シーズンはソンの立場がかなり危うくなりそうだな。

 

5:名無しさん@さかまと!

サッカー好き!いい試合みたい!すごいプレーみたい!
って気持ちより『韓国嫌い!』が多すぎて悲しいわ。
ソンフンミンみたいに決まってるだろ!いつか日本来て試合してくれよ!

 

6:名無しさん@さかまと!

競技技術委員長が、現状の韓国代表を相手とするマッチメイクで強化が測れると思ってる
ようなので、Wカップは期待でき無いね

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.