特集・コラム・インタビュー

小野伸二41歳 海外クラブで見てきたものと、いま日本で求められているもの #1

記事の内容

 「シンジは自分の中で一番上手い選手」

 元・日本代表の中村俊輔(横浜FC)は、今シーズン開幕直前の記者会見の中でそう語った。

 北海道コンサドーレ札幌への移籍により、小野伸二が2シーズンぶりにJ1の舞台に帰ってきた。リーグ開幕戦となった横浜FC戦にメンバー入り。そして後半41分、万雷の拍手を浴びながら、途中交代でピッチへ。前半で退いた『天才レフティ』とピッチ上で相まみえることは残念ながら叶わなかったが、開幕戦勝利の歓びをチームメイト、サポーターとともに分かち合った。

 『日本サッカー界の宝』という評価に異論を挟む人は少ないだろう。浦和でプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせると、2001年にオランダのフェイエノールトへ移籍。2001-02シーズンのUEFAカップ(現UEFAヨーロッパリーグ)制覇に大きく貢献した。その後も、帰国を挟みながら、ボーフム(ドイツ)、ウェスタン・シドニー(オーストラリア)と、海外3クラブでプレーしてきた。これら海外クラブでの経験は、小野伸二のサッカー観にどんな影響を与えたのだろうか。41歳になったいま、小野伸二が日本で求められている役割とは? 浦和レッズ時代からの盟友・河合竜二とともに語り合ってもらった。

■ 海外での生活とサッカー

 ―小野選手はこれまでオランダ、ドイツ、オーストラリアと海外3カ国でのプレー経験があります。海外クラブでの経験を振り返ると、どんな印象ですか?

 小野:各国の文化は、行ってみて色々感じることがありました。オランダにいた時も、試合に出ていた選手のうち半分くらいが他の国から来ていました。色々な国の選手たちとプレーをし、日常生活を共にして。色々な文化がピッチ内外にあったので、自分の中で新しい発見、楽しい部分が多くありました。

 ―UEFAカップ決勝(vsボルシア・ドルトムント)のメンバーを見ても、ベンチ入りした18選手中10人がオランダ以外の出身。先発メンバーでは小野選手以外に、FWトマソン(デンマーク)、MFカルー(コートジボワール)、DFジョンサ(ポーランド)、ギャン(ガーナ)と5人がオランダ以外の出身でした。

 小野:ドイツは基本的にドイツ人、オーストラリアはオーストラリア人が多かったかな。

 河合:どこの国、どこの街が一番好きだった?

 小野:どの国も良い思い出が沢山ありますよ。オーストラリアは暖かいシーズンしかプレーしないので、自分としては体の調子を持っていきやすい。オランダ、ドイツはやっぱり冬の時期は寒い。その辺りの違いはありますけど、どこの国も良さは凄くある。でも、やっぱり札幌が一番じゃないですかね(笑)。

 河合:上手いことまとめた(笑)。どの国でも周りの人たちとすぐに仲良くなれるのが小野選手の良さだと思います。その中でも、オーストラリアは一番楽しんでるなあと。

 小野:確かにオーストラリアでは、ケガが無かったというのもありますけど、試合にずっと出させてもらいましたからね。久々に充実して試合をしていたなという感じ。

■ 「何も無い」クラブが、サポーターと作り上げた熱狂

 ◎小野は2012年から2シーズン、ウエスタン・シドニーに在籍。クラブ創設初年度に加入すると、チームの主軸として活躍し、いきなりのリーグ制覇に大きく貢献。さらに2年目のシーズンは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で、チームをベスト8に導いた(ラウンド16でサンフレッチェ広島を破り、ラウンド8進出を決めた大会途中に札幌へ移籍。その後クラブは勝ち進み、アジアチャンピオンとなった)。

 ーウェスタン・シドニーは新設されたクラブでしたよね? フェイエノールトのように100年を超える歴史があるクラブと新しくできたクラブでは、考え方やクラブの哲学も全く違うのではないかと思うのですが、どんなチームでしたか?

 小野:本当にできたばかりのチームで、ロッカールームすら無いようなところからのスタートでした。なので、着替えや練習前のウォーミングアップ、テーピングによるケアも全てオフィスのような場所でしていました。契約書のサインもテーブルが無かったので、ソファに座って、ソファの上でサインしました(笑)。何も無いな、みたいな。あ、練習着の洗濯だけはしてくれましたね。

 河合:それは良かった(笑)。

 小野:でも、それだけ(笑)。シューズは毎日持ち帰って、持って来る。自分で管理しなきゃいけない状況が続きました。時間とともに段々とオフィスができて、すごく小さかったけどロッカールームができて。狭い中に20人以上入っていたかな。

 ―ですが、そういうところから本当にあっという間にアジアの頂点まで駆け上がりました。環境と結果が必ずしもリンクするわけではないということですよね?

 小野:そうですね。本当に凄いことを成し遂げたんだなと思います。トニー・ポポヴィッチ監督(当時)は、僕がJリーグに入ったときに広島で選手としてプレーしていた人でした。オーストラリアに行って初めてのミーティングで、「このリーグで優勝するんだ。できたばかりのチームかもしれないけど、俺は優勝しか見ていない」と言っていたんです。僕はAリーグ(オーストラリアのプロサッカーリーグ)のレベルも知りませんでしたから、「できたばかりのチームが優勝なんてできるのかな?」と思っていましたが、監督のメンタリティや練習に対する姿勢に、選手たちが良い刺激を受けて、プレーすることができた。それらが結果につながったのかなと思います。それに加えて、サポーターも最初の数試合は、「サッカーに興味はないんだけど、何かやっているから、お酒飲みながら見ようかな」程度の感じだったんです。でも、段々と自分たちの勝ち試合が続くようになってから、いきなりひとつになり始めて。結局、Aリーグで一番くらいのサポーターになっちゃったので。あれは本当に凄かったです。

 ー選手たちは、自らのプレーや結果でこれだけ多くの人々がまとまって盛り上がり、熱狂を作ってくれているんだと、凄く実感を持てたんじゃないでしょうか。

 小野:嬉しかったですね、あれは。それからホームゲームは、毎試合1万6千人くらい入るようになりましたからね。本当に楽しかったです。(続く)

◆小野 伸二(おの・しんじ)
1979年生まれ。41歳。静岡県出身。清水商業高校(現・清水桜が丘高校)から浦和レッズに入団。
ワールドカップに1998年フランス大会から3大会連続で出場するなど、日本代表として56キャップ。
オランダの名門フェイエノールトなど海外3クラブでのプレーを経験し、2014年に当時J2であったコンサドーレ札幌に加入。
2021年、FC琉球から札幌に復帰。

引用元

1:名無しさん@さかまと!

幼少期から小野と同じ練習させても小野にはなれないと思う。小野以上に練習させても小野の領域には辿り着けないと
もう二度と現れない才能は、それなりに成功しているけど、ボタンの掛け違いがなければもっともっと上の世界にいたと思える。

 

2:名無しさん@さかまと!

三上GM回の次がもっととんでもない大物がこの忙しい時期に出てくるとは思わなかった。この時期各メディアに色々と出てインタビューしてたとはいえ
小野伸二も相手が盟友河合竜二所長というのもあって最初はお互いにデレデレムードだった。
フェイエノールトなんかはとんでもないメンバーの中でも小野伸二が遜色無くプレーしてUEFAカップ優勝に貢献したっていうところに凄さを感じるわけで。
トマソン、カルー、ファンペルシーと並んで遜色無い日本人はそうそう居ない。
シドニーはポポヴィッチがモチベーター能力凄いなと思った。出来たばかりのクラブをそこまで引き上げるんだからスゴいものよ。

 

3:名無しさん@さかまと!

小野は経験とテクニックがある。
まだまだ現役で頑張ってほしい

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.