特集・コラム・インタビュー

"天才"小野伸二、オランダ時代の功績に海外再脚光 「日本サッカーの折り紙アート」

記事の内容

フェイエノールト時代の活躍を称賛した1本の動画をSNSで公開

 J1北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二はこれまで、ドイツやオーストラリアなど海外クラブでもキャリアを築いてきた。そのなかで、2001-02シーズンから5年にわたってプレーしたオランダのフェイエノールトでは、卓越したテクニックでファンを魅了。同国のスポーツベッティング会社「TOTO」は公式SNSで当時の雄姿にスポットライトを当て、「日本サッカーの折り紙アート」と称えている。

 浦和レッズで1998年にプロデビューした小野は、01年にフェイエノールトへ移籍。06年までの5シーズンを過ごし、移籍1年目からスタメンに定着すると、UEFAカップ(現UEFAヨーロッパリーグ)では日本人選手として初めて欧州カップ戦優勝を成し遂げた。卓越したテクニックでファンを魅了したことから、2000年代のフェイエノールトで英雄の1人に数えられている。

 在籍当時の活躍はこれまでも海外メディアでたびたびスポットライトが当てられてきたなか、「TOTO」は公式ツイッターとインスタグラムで小野の雄姿に再脚光を当てた1本の動画を投稿。約1分半でまとめられた映像の後半部分では、移籍1年目の01-02シーズンに決めた“神ループ弾”や04-05シーズンの敵地ヴィレムⅡ戦で生まれた左足のミドル弾など、当時の名場面が登場。字幕では「デ・カイプ(本拠地)を日本のお寺にした。日本サッカーの折り紙アート。フェイエノールトのサポーターはお辞儀をしない。しかし、シンジの場合は例外である」と、功績を称えている。

 この投稿に、フェイエノールト公式ツイッターも反応。ファンからは「なんてヒーローだ。当時の世界最高のミッドフィールダーの1人」「小野はカルトヒーロー以上のものだった」「シンジは最も熟練した日本人選手」といった賛辞が送られるなど、フェイエノールトを去って15年がたった今なお、当時の輝きが色褪せていないことを物語っていた。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

後にも先にもこんなボールタッチができる日本人はいない。
天才ともまた違うんだろうけど、練習だけでたどり着けるレベルでもない。ホントに稀有な選手。

 

2:名無しさん@さかまと!

小野といい、俊輔といい、所属クラブから本当に愛されているな。同じ時間を少しでも共有できたことに感謝。。。

 

3:名無しさん@さかまと!

当時オランダじゃないけどドイツ行った時小野の事聞かれたわ。
テクニックがあったから驚かれたんだろうね。
特に、ゴールの左側でトラップして切り返したプレーがあっちの人達に話題だったらしい(3人としか話してないから正しいかはアレだが)
トラップで切り返せるのはステータス、みたいな事言っていたなぁ。
サッカー好きな人が言うんだからトラップってやっぱり大事なんだね。

 

4:名無しさん@さかまと!

元チームメイトだったファン・ペルシが一番うまいのは小野だって何かのインタビューで答えてたのを思い出します。
その当時のチームメイトや対戦相手から相当リスペクトされていたのは有名ですね。
オリンピック予選で後ろからのタックルで靭帯を怪我しなかったらどのくらいのレベルまで行ったのか見たかった。

 

5:名無しさん@さかまと!

フェイエノールト時代の小野伸二
セルティック時代の中村俊輔
ドルトムント時代の香川真司
レスター時代の岡崎慎司
フランクフルトの長谷場誠
このメンバーは、チームに多大なる貢献をして、助っ人外国人として、そして、人として、本当に愛されていると思う。

 

6:名無しさん@さかまと!

当時のフェイエノールトにも
トマソンやファンホーイドンク、
カルー、デビュー直後のファンペルシなど
良い選手、上手い選手がいたけど
小野のプレー、特にボールタッチは
本当に異質でしたね。
gaoraの中継だったと思うけど
毎週一番の楽しみでした!

 

7:名無しさん@さかまと!

三木谷さんはオファーを出したのだろうか?
本人が断るかもしれないけど、イニエスタ選手とパス交換する小野選手なんて、5つ星級に見たい。

 

8:名無しさん@さかまと!

ボタンの掛け違いがなければもっともっと上で活躍して世界を魅了していたと思える
当時のタレント揃いのオランダで最高年俸をもらっていたのが小野伸二だったらしい。

 

9:名無しさん@さかまと!

FIFAワールドユース準優勝、FIFAコンフェデレーションズカップ2001準優勝、日韓ワールドカップGL1位通過、
UEFAカップ優勝、アジア年間最優秀選手賞を受賞。
FIFA世界大会、UEFAクラブ国際大会のすべてに出場した唯一の日本人選手である。

 

10:名無しさん@さかまと!

テクニックに関しては今でも日本人でNO1だと思ってます。
中でも一番違うな、と思ったのはトラップですね。
ファーストタッチでもう自分だけのボールにしてしまう、だから次のプレーを自由に
選択が出来る、ここに関しては間違いなくワールドクラスだったと思います。

 

11:名無しさん@さかまと!

フェイエノールト時代の動画特集を見ると
「天才」がわかる。テクニックが凄い。
小野はもっともっと評価されてもいい選手。

 

12:名無しさん@さかまと!

初めてユニフォーム買った選手。
高卒ルーキーで浦和の大黒柱になったあの衝撃は今でも忘れない。
あのベルベットパスを、札幌でもまだまだ見られることを願います。

 

13:名無しさん@さかまと!

ロングボールの前線へのパスもバウンドしてから真上にバウンドするような、
バックスピンをかけたりしていて本当のテクニシャンあとにも先にもこんな選手は出てこないだろう。

 

14:名無しさん@さかまと!

あのプレーは大怪我の後のプレーですから、怪我がなかったらどうなったのかと、つい考えてしまいます。

 

15:名無しさん@さかまと!

スポーツにタラレバはないのだろうが、小野にだけは、あの怪我さえなければと、思ってしまう。
それでも日本の宝であることには変わりない。

 

16:名無しさん@さかまと!

テクニックは間違いなくヨーロッパでも通用してましたね
でも上手いからといってビッグクラブまで辿り着けて活躍できるとは限らないわけで
サッカーは奥が深い

 

17:名無しさん@さかまと!

それでも大怪我をした後なんだよね
生で試合観たけど練習から一人異次元だった

 

18:名無しさん@さかまと!

これが「全ての感覚を失ってしまった男」のプレーなのだから、
大けが前の小野には、いったいどんな風景が見えていたのだろうか。

 

19:名無しさん@さかまと!

小野伸二は怪我がなければバルセロナのシャビのような活躍をしていたと思う。

 

20:名無しさん@さかまと!

あのファンペルシが、「オランダ代表で小野より上手い選手はいなかった」って言ってたからそういう事なんだろう。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.