特集・コラム・インタビュー

【セルジオ越後】「辛口」と言われ、思うこと。

記事の内容

ジーコを批判した数年後にはブラジルでのイベント前夜に…

新型コロナの感染拡大の影響はまだまだ止まるところを知らないね。
ベルギーに続き、オランダやフランスでもリーグ戦が打ち切りになったし、
Jリーグも緊急事態宣言が延長される見込みとなって、6月中の再開が怪しくなってきた。

そんななかで、メディアのスポーツ記事も新型コロナ関連以外では過去を振り返る企画が多くなってきた。
前回のコラムでは、『サッカーダイジェスト』で行なったJリーグ歴代ベストイレブンの企画で、
僕が選出できなかった日本サッカーの功労者たちにスポットを当てて語ったんだけど、
あの記事にはけっこうな反響があったようだ。

というのも、僕は日本代表の監督をやっていた当時のジーコを
かなり辛辣に批判していたんだけど、
それなのにJリーグ発足にあたり土の上でサッカーをやってくれたことに
「感謝している」という話が意外だったというんだ。

ひとつ言っておきたいのは、僕は“プロ”の評論家であるということ。
プロフェッショナルの選手、監督、チーム、あるいは組織に対して、
良いものには良いと言うし、ダメなものには遠慮なくダメと言わせてもらう。

その基準がどこにあるのかといえば、やはり結果でしかない。
だから、僕はジーコだけじゃなく、ザックやハリルの時だって、
結果を出せなかった時には厳しい論調で批判していたはずだ。

そこには個人的な感情なんかは存在しない。
別にジーコが嫌いだったから批判をしていたわけじゃないし、
当時の結果や選手の起用法などを見て、
これではダメだと思ったから厳しいことを言ったまでだ。
それがプロとしての僕の仕事だし、当のジーコだって分かっているはずだよ。

余談になるけど、10年ほど前に日本人ブラジル移住100周年の
記念イベントがブラジルで行なわれた時、
その前日の夜にJリーグで活躍したドゥンガやビスマルク、アルシンドといった
懐かしい顔ぶれが集まったんだ。
そこにはもちろん、ジーコもいた。
なんのわだかまりもなくて、みんなで遅くまでワイワイやっていたよ。

結局、お互いにプロという立場で仕事をしているわけで、
だからこそ厳しいことを言ったから言われたからといって、
それを引きずるということはないんだ。

とくにプロサッカーへの目が厳しいブラジルでは当然のことだよ。

うまくいっていないのに、うまくいっている“フリ”をするのは違うと思う

僕は93年のJリーグ開幕以来、『サッカーダイジェスト』誌で
「天国と地獄」というコラムをずっと継続してきたんだけど、
いろんな人から「セルジオさん、本当にいつも辛口ですね」って言われてきた。

さっきも言った通り、何も恨みがあって厳しいことを言っているわけじゃない。
別に自分では辛口とも思っていないし、僕の言葉が
「辛口」っていうなら、それは本当のことを言うってこと。

長年日本に住んで思うのは、日本人ってあまり本音を出したがらないよね。
その場の空気を読んでうまくまとめようとする。
でも、僕はうまくいっていないのに、うまくいっている“フリ”をするのは違うと思うし、
もっと良くなるためにも厳しいことを言ったり、求めたりしなくちゃいけないと思っている。

さっきのコラムのタイトル「天国と地獄」は、プロとして良いことは良いと讃えて、
“天国”のように持ち上げて、ダメな事にはダメとハッキリ言って、
まさに“地獄”に落とすという意味で付けたんだ(笑)。

日本にプロリーグができてもうすぐ丸27年になるけど、
まだまだ日本のメディアは“プロ”の仕事ができていないね。
日本のサッカーをもっと良くしたいと思うなら、
ダメだと思うものには愛情をもって厳しい言葉をぶつけていかなくてはいけないよ。

この記事に対する反応

 

日本が初めてW杯を決めたあの時の、セルジの絶叫はいまだに覚えている。
この人は本当にサッカーが好きで日本が好きなんだなと思っている。
それが根底にあるからか…、セルジの辛口はあまり気にならない。
むしろ、「もっと高みに昇れ」との叱咤激励の思い入れがあるようにさえ感じる。
セルジの発言や意見に賛同することは半分もいかない位かな。
でも、それが普通でしょう。

 

セルジオさんの解説は勿論好きだ。手放しで喜びたい時もあるのに冷や水をかけられた時もあるけどね。
彼の最も尊敬する所は子供達のサッカー教室に力をいれてらっしゃる所。
日本のレベルを上げる為には裾野を広げて、尚かつレベルを上げる事が必要だと感じて、
その地道な活動を継続されてこられた事は本当に素晴らしいと思う。

間違いなく日本サッカーの恩人だと思う。

 

俺はセルジオさんのスタイル良いと思うけどね。
結局見た目が日本人だから皆厳し過ぎると受け入れないと言うのだと思う。
これが日系人以外のブラジル人(特にコケージアン)だったら
同じように批判しても素直に受け入れてたんじゃないかな?
日本人は批判をすぐ人格否定みたいに捉えるからなかなか議論が出来ない。

 

セルジオさんが、Jリーグがプロ化する前に、三浦知良を連れて
岡山の田舎までサッカーを教えにきてくれた。
僕らの世代で、彼にサッカーを教えてもらっていない人はいないのではないかな。

厳しめなコメントや批評があるが、彼になら言うことができると思うよ。

 

まあ、他の解説者はテレビではやさしめのことしか言わないよね。
日本サッカーはまだ歴史が浅いので、解説者のキャラも少ない。
今のアラフォーくらいの選手やOBなんかは海外を経験したりしてる人が多いので、
そういう人の解説とか、どんな感じなのか聞いてみたい。

 

基本普通ですよね。
言っていること。
分かりやすいから、その言葉に安易に乗っかる人が沢山いて煽る人も出てくるし、
賛否が両論挙がるけど、この人ほど本気で言葉を発している人はいないと思う。

そして、本気で仕事している人はお互いを分かり合えるから後腐れないという感覚もよく分かるよ。
だって、結果的にお互いと、お互いが仕事している環境が成長する事になるんだから。

そんなに言うならお前が監督やれって発言したスペインの小坊主は、
セルジオさんの様に一生情熱と愛情もって自分以外のサッカー選手を育てるくらいの気持ちを、今後見せてもらいたいね。

 

私の地元栃木の藤和不動産での現役時代、引退後のサッカー教室ではそのプレーに何度も度肝を抜かれました。
そしてセリエA取材時に幸運にも現地でフットサルと夕食をご一緒させて頂きました。
文章での厳しい評論調からは怖いイメージも感じるかと思いますが、
話すと温和で我々素人にも日本のサッカーの現状等、分かりやすく説明して頂きました。
ブラジル代表かというレベルだった現役選手が日本へやって来て
かつ現在までずっと力を貸してくださっている。
日本へのサッカー普及への貢献は計り知れないものです。

 

日本のサッカーが強くなる為にはセルジオさんみたいな人は必要。
ファンやメディア、マスコミがサッカーに熱狂歓喜し、
厳しいく批判をする事でその国のサッカーもまた強くなる。

Jリーグ発足以降、サッカー人口も増えてW杯も常連になりつつあるし、
海外のサッカーを見る機会も増えてファンの目は肥えてきた。

だけどメディアやマスコミの成長はそれに追いついてない。
未だに祭りごとの様な扱いしかしないし、
記事の内容はデータもまともに取り扱わない薄いものが殆ど。
日本の居酒屋で語られてるレベルの記事しかない。

日本サッカーのファン達はコアな情報を欲している。
批判や称賛も、分析と検証の深い角度の記事がもう少し増えてもらいたい。

 

育った環境の違いがあるからね、ブラジルとは歴史違うし人間性の違いもあるだろう。
たまにブラジルメディアの論評みると辛口とか通り越してる。
セルジオさんもブラジル流もあるでしょうがこれからもぶれることなく愛ある辛口批評を。

 

個人的には、セルジオさんの発言には、
日本人や日本サッカーへの愛を感じるし、リスペクトもあると思っている

だから、たまにセルジオさんの発言がネットニュースになって炎上している時は悲しい、
特になんでもかんでも批判するだけのジジイみたいな暴言をうけているときは、
いや褒めてるときもあるよ(めっちゃ少ないけど・・・)って擁護したくなる

時代が流れて、必ずしもセルジオさんの言うことが的得てると思わないような時もある
しかし、プロとしての在り方や心構えなどは、いつまでも間違ったことは言っていない

世間はコロナで大変、セルジオさんもご高齢のひとり、
どうか体調に気を付けて、これからも日本サッカーも見続けて欲しい

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.