特集・コラム・インタビュー

【インタビュー】スイス1部グラスホッパーDF瀬古歩夢(22)「日本に比べて圧倒的に身体能力が高い」

記事の内容

22年1月からスイス1部でプレーする瀬古歩夢を直撃

 2017年にセレッソ大阪でクラブ最年少となる16歳11か月でトップチームデビューを果たした22歳DF瀬古歩夢は、現在スイス1部グラスホッパーに在籍し、スイスリーグで自分と戦い続けている。22年1月、移籍後の半年間は試合に出れないという覚悟をもって海を渡ったなかでリーグ戦13試合に出場し、試合を重ねるごとに評価を高めた。

 競り合いの強さやビルドアップからの正確なフィードは武器となっており、スピードやヘディングでも引けを取っていない印象を受ける。実際にスイスリーグでやって感じたところはどうなのだろうか。グラスホッパーのクラブハウスで瀬古に直接話を聞いた。(取材・文=中野吉之伴/全2回の1回目)

   ◇   ◇   ◇

「正直に言うと、身体能力の差はありますね。足のリーチであったり、爆発的に初速が早い選手がいる。身体能力のところはこっちの方が圧倒的にあるなというのは思う。日本では守れていた部分も、リーチの長さとかでというのは、ここ数試合何回かあった。徐々にこっちに慣れてきてはいますけど、球際のところでは激しさがありますね」

 瀬古は世代別の日本代表で何度も国際舞台を経験している。そこでの感覚を日本に持ち帰り、改善に取り組んだこともある。だが継続的に実戦で感じられなければ、その感覚を自分のものにするのは難しい。試合を重ねるたびに身に付くという感覚が必要だった。

「間合いを開けすぎるとダメ。プレッシャーを感じないんで、こっちの選手は。ちょっとの間合いでも『あ、打たれるんだ』というのがある。日本の間じゃなくて、こっちで考えた自分の間合いを見つけないといけない。こっちに来て勉強になった」

「こっちで考えた自分の間合い」。実際に試合ではどのようなプレーを見せているのだろう? 取材に訪れた第34節バーゼル(1-1)とのアウェー戦では強豪相手にクレバーなプレーを見せる瀬古がいた。

 バーゼルには世界トップレベルのFWがいるわけではない。だが、マインツ、ホッフェンハイム、シャルケで活躍したハンガリー代表FWサライ・アーダーム、インテルからレンタル移籍中のイタリアU-21代表FWセバスティアーノ・エスポージト、同日クラブ史上最多記録となる454試合出場を果たした元スイス代表MFファビアン・フライといった曲者揃いだった。

「フィジカル部分はもちろん、駆け引きの部分、バイタルエリアの中での駆け引きっていうのは、やっぱり上手かったなっていうのは、やっていて思いました」

 DFの位置を見ながら相手の背中側にスッと動いたり、裏に抜け出す動きをしながらサイドに抜けたりと絶えず駆け引きを仕掛けてくる。そうかと思うと、がっしりと相手を背負ってボールを引き出そうとする。そうした相手に瀬古はポジショニングや身体の向きを上手く修正しながら対応していた。

「3バック同士で声を掛けながらできていると思います。足が速い選手っていうのは分かっていたし、サイドに抜けてくるのは分かっていたので、いい準備ができていた」

求めていた震える場所「こういう状況だからこそ成長できる部分もある」

 バーゼル戦では相手にほとんどチャンスを与えず、悪くないパフォーマンスを披露していただけに、ほんの1つの躊躇が失点につながって点だけが悔やまれる。

 後半39分だ。グラスホッパーは味方に退場者を出していたものの、その時点でまだ1点リードしていた。相手陣内から飛んできたロングボールに対応しようとした瀬古だが、蹴ったボールが背中を向けながら下がってきた味方選手に当たって跳ね返り、瀬古はそのまま味方と交錯。こぼれ球を拾ったエスポージトが抜け目なくシュートを決め、手痛い同点ゴールを献上してしまったのだ。

「すごくイージーなミスだったんですけど。1つの声で回避できたことだった。時間帯的にもあと10分ぐらい。自分の感覚的には越えてくるだろうなっていうのがあって。はっきりクリアしておけばいいし、それでなんの問題もなかった。それが中途半端なクリアになって、重なる形になって」

 残留争い中だったチームに貴重な勝ち点3をもたらすことができなかっただけに、悔しさは相当なものだったはずだ。それでも強豪相手の勝ち点1は悪いものではない。大事なのは、次へどう生かすかだ。1つのミスがクラブの行く末さえも決めかねない残留争い。そうした震える場所こそが瀬古が求めていたものだった。

「選手としてね、こういう状況だからこそ成長できる部分もある。残留が懸かっているなかで戦うっていうのは選手としても、あまり経験できることではないと思う。だけどこういう状況でああいったミスをしてしまったら、1つのミスで信頼をなくす可能性もあるし、もしかしたら次は出られないかもしれない」

 控室に戻ろうとした瀬古が、空に向かって「勝てなくてすいません!」と大きな声で叫んだ。熱い選手なのだ。戦う男なのだ。口だけではない。この男が言うならば「来季は3位以上!」という目標も現実味を感じさせられる。

 今季目標だった1部残留は果たした。スイスリーグ優勝27回、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAカップの常連だった古豪グラスホッパーをまたスイスの強豪へと導く活躍を期待したい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/61b9c540d82b8c4a30588a6349f3906a4b743f4d

 

1:名無しさん@さかまと!

去年の東京五輪では出番なかったけど 順調に吉田の後継者としての道を進んでるようだね 代表デビューは多分カタール後になりそうだけど

 

2:名無しさん@さかまと!

DFラインは海外選手でないとね。 しっかり間合いを身につけて欲しい。 日本代表のDF選手全員が海外の間合いが 染み込んだ高い計算できる事で より強い代表になる

 

3:名無しさん@さかまと!

半年で13試合に出られたと言う事はスタメン勝ち取ったと言う事、板倉の様にコンスタントにで続けていればステップアップのチャンスは来る。 若いCBは貴重な人材だから来シーズンも活躍したらブンデス下位辺りからオファーとなるかもな。

 

4:名無しさん@さかまと!

充実した日々過ごしてるみたいで次代表で見るの楽しみ

 

5:名無しさん@さかまと!

彼がいたのを忘れてた。 でも鈴木優磨タイプだし森保くんは好きではないだろうな。

 

6:名無しさん@さかまと!

森保に好かれないタイプなのは確か 五輪の扱いとかみてもわかりやすかったしなぁ

 

7:名無しさん@さかまと!

瀬古選手も良い選手ですよねえ。 本当にDFは良い選手で溢れかえってる

 

10:名無しさん@さかまと!

足元上手いしセンスもあって良い選手だよね。 ステップアップして欲しいな。

 


-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.