ニュース

被災Jリーガー、避難所を回り流した涙 震災10年、仙台MF関口が伝えたいこと【#あれから私は】

記事の内容

仙台MF関口訓充が振り返る2011年東日本大震災の光景「石油コンビナートが燃えて…」

 2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生した。ベガルタ仙台の元日本代表MF関口訓充にとって、一生忘れられない光景が目の前に広がっていた。あれから10年――。当時も仙台に所属していた関口が「Football ZONE web」のインタビューに応じ、当時の様子を振り返った。(取材・文=Football ZONE web編集部・小杉 舞)

「感じたことのない揺れで、立っているのがやっとだった。周りを見てもいろんなものが倒れたり、ビルとかの壁が落ちてきたり、信号が止まったり……。映画の中の世界にいるんじゃないかな、というぐらい見たことのないような光景だった。大きい道路に出た時に信号が止まって、周りの車も自分たちが進んでいいのか、止まったほうがいいのか、徐行しながら進んでいたのを今でもはっきり覚えている」

 10年前、東日本大震災が発生した瞬間は今でもはっきりと覚えている。当時はホーム開幕戦の前日、午前中は練習し、自動車店にいる時だった。立っていることもままならない状況で、周囲は混乱に陥っていた。「一回、家に帰ろう」。そう決断し、関口はすぐに車を出した。

「信号が止まっていて、警察も出動していた。道路が割れて段差になったりしていて、とても普通じゃない状況だった。ただごとじゃないな、と感じた」

 その日の夕方にはクラブから翌日の試合中止の連絡が入った。クラブハウスには食料や水が用意されていたが、関口は近くの小学校や公民館に避難。そして、仙台は活動休止が決まった。

「活動休止になった時は、サッカーをやっていていいのかという状況だった。やれるような精神状態でもなかった。チームが一度解散になって、僕は実家に帰ろうと思って山形空港に向かって車を走らせた」

 空港までのガソリンはギリギリ。チケットも取れていない。でも、仙台の家はライフラインも止まり、引き返せない。そんななか、車のテレビから流れてくる映像にさらに衝撃を受けた。

「津波の映像や仙台空港も浸水している様子が流れてきた。小学校で避難していても、石油コンビナートが燃えているのが遠くから見えていたので、すごいことが起きているな、と思った」

「サッカーをやれる精神状態でもなかった」関口の背中を押したカズの言葉とゴール

 東北が苦しんでいる――。どうしてもサッカーに打ち込む勇気が持てなかった。そんな時に決まったのが、11年3月29日に行われた東日本大震災復興支援チャリティーマッチ「がんばろうニッポン!」だった。関口は日本代表と対戦するJリーグ選抜としてメンバーに選ばれた。

「正直サッカーをやれる精神状態でもなかったし、被災地の方が苦しんでいるなかでサッカーをやっていいのかな、という気持ちだった。でも、クラブに送り出してもらって、行くことに決めた」

 チャリティーマッチでは東北出身の鹿島アントラーズMF小笠原満男氏や、カズことFW三浦知良(横浜FC)に声をかけられた。「サッカーで勇気を与えよう」。その言葉に背中を押され、「自分も中途半端なプレーはできない」と、プロとしてスイッチが入った。

「カズさんが試合で(ゴールを)決めて、カズダンスというパフォーマンスをしてくれた。カズダンスは被災地に勇気を届けるパフォーマンスだった。自分自身もサッカーでしか皆さんに夢や希望や元気を与えることができないと思ったので、できることをやろう、と。サッカーを頑張ろうという気持ちにさせてもらえたゴールだった」

 被災から18日後。長居スタジアムで開催された日本代表とJリーグ選抜の一戦で、刻まれた歴史的な一発。0-2の後半17分から途中出場したカズは、同37分にGK川口能活のロングフィードからDF田中マルクス闘莉王が頭で落としたボールに反応。相手GKとの1対1からネットを揺らすと、スタンドに向かってカズダンスを披露した。このパフォーマンスを見て、関口も心を決めた。

 サッカーで被災地に勇気を与えると決意した一方で、ボランティア活動を始め、避難所や仮設住宅も訪問。子どもたちとボールを蹴ったり、炊き出しを手伝った。

「お菓子を持って回らせてもらったりして、子どもたちと触れ合った。すごく落ち込んでいたり、『家流されちゃったんだ』という話も聞いた。でもまだ子どもで、どれぐらい大変なことか理解していない様子だった。それを聞いていた親御さんは今後どうしたらいいのかすごく不安だったと思う。そのなかで自分ができることは、1人でも多くの人に元気になってもらえるように何かするということしかなかった」

 ボランティアからの帰り道、自身の無力さに気付き、1人車の中で涙が止まらない日もあった。

「自分が行っても、子どもたちのストレスを完全に取り切ることができないし、泣きながら帰ってきたこともあった。でも、自分がピッチに立って試合に勝つ姿を見てまた頑張ろうとみんなが思ってくれていた。一番は試合に勝つことが必要だった」

1カ月以上の中断期間を経てJリーグが再開「18年サッカーをやってきたなかで一番…」

 そして迎えた4月23日。待ちに待ったJリーグ再開戦が訪れた。アウェーの川崎フロンターレ戦。関口はスタジアムに着いて、一番にスタンドを見上げた。

「仙台のサポーターがすごく来てくれていて、整列した時には泣いているサポーターもいた。いろんな思いを持ってスタジアムに集まってきてくれたと思うし、その試合で勝てて、みんなに勝利をプレゼントできたというのは、自分が18年サッカー選手をやってきたなかで一番嬉しい出来事の一つかなと思います」

 0-1でリードされた後半28分、MF太田吉彰のゴールで追いつくと、後半アディショナルタイムにDF鎌田次郎の一撃で勝ち越しに成功。逆転勝ちを収めた。3月11日に地震が発生して、活動休止を強いられたチームが、手倉森誠監督の「被災地のために戦え」という言葉で一致団結。11年シーズンは4位という好成績を収め、翌12年は優勝争いを演じた。惜しくも2位に終わったが、「被災地のために」という気持ちはチームを一つにした。

 当時を知り、現在も仙台でプレーするのは関口とMF富田晋伍の2人だけ。関口自身、震災後、浦和レッズやセレッソ大阪でプレーし、18年に仙台復帰を果たした。

「仙台に復帰して思うことは、僕自身、年齢を重ねて優勝争いをしたり、タイトルを取ることもできた。このクラブにもう一度戻ってきた時、タイトルを取る喜びを感じてもらいたいと思った」

 今季は、チームでキャンプ前に被災地である宮城県名取市の閖上地区を訪れた。10年前に指揮を執り、今季から復帰した手倉森監督は再び、「もう一度被災地のために戦おう」と話した。その言葉は、ベテランとなった関口にも重くのしかかった。

「11年、12年は全員がそういう気持ちを持って戦えたシーズンだった。だから上位にも食い込めたし、全員がそういう気持ちを持てるような雰囲気にしていきたい。全員が戦っている姿を見てもらいたい」

 もう一度、サッカーで勇気を――。東日本大震災のことを忘れないためにも――。

「自分の中では忘れられないし、みんなにも忘れて欲しくない。二度とこういうことが起こらないように子どもたちにも伝えていかないといけない。震災が起こる前、自分が知っていた風景が1キロ先、2キロ先まで何もなくなってしまった。こんな光景はもう見たくない。大事にしないといけないのは、まず逃げること。絶対に戻ってはいけない。10年経ってもまだまだ街も復興できていない。全国の皆さんにも分かってもらいたい」

 あれから10年。今もなお苦しむ人々のために、関口は今季も走り続ける。(文中敬称略)

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

私自身当時被災していてベガサポです。
当時のベガルタには本当に元気を貰いました。
あれから10年経って、関口選手、冨田選手、そして手倉森監督がいるベガルタ仙台を今年も精一杯応援します。

 

2:名無しさん@さかまと!

あの川崎戦ゴール裏で見てました。自分も、周りの人もみんな泣いていました。
そしてフレンドリーな空気を作ってくれた川崎サポにも感謝しています。

 

3:名無しさん@さかまと!

あの当時川崎戦をダイジェストで見ていたが、ゴール決めたときの倒れ混んで立ち上がれない姿を見て号泣した記憶がある。
あれから10年、あの当時のベガルタの人達も関口と冨田だけになって寂しい感じはするが、頑張って欲しいと思う。

 

RSS フットボールアンテナ

-ニュース
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.