特集・コラム・インタビュー

久保建英とビジャレアル監督の共通点。 スペイン代表3人との連携に眼福の予感

記事の内容

久保建英(19歳)の最適なポジションはどこになるのか?

 2019-20シーズン、ビセンテ・モレーノ監督が率いるマジョルカで、久保は主に右サイドアタッカーとしてプレーしている。右サイドから中央に切り込み、コンビネーションを作り、左足で決定機を作る。シュート精度も極めて高く、ほとんどが枠内に飛んでいた。

 それは、久保の有力なポジション候補のひとつだろう。

 しかし、それ以外の可能性もまだまだある。事実、マジョルカでも中央や左サイドで連係する力も示し、どのゾーンでも味方を生かし、敵を怯(ひる)ませる術を知っていた。飛び抜けたボール技術があることで、置きどころがよく、相手の重心を見極められるため、常に逆を取ることができる。逆を取った後の俊敏性も秀逸で、シュートの振りは際立って速い。相手を幻惑させるプレーを生み出すだけでなく、ゴールに迫ることもできるのだ。

 では、ビジャレアルの新監督に就任したウナイ・エメリは、どのように久保を生かすのか。

エメリは久保と同じ左利きのサイドアタッカーだった

 ひとつ、久保とエメリには共通点がある。現役時代、エメリは久保と同じ左利きのサイドアタッカーだった。

「エメリは左利きのアタッカーで、センスを感じさせる選手だったね」

 当時、レアル・ソシエダのBチームの監督を務めていたミケル・エチャリは、指揮下の選手だったエメリについてそう証言している。

「戦術にも当時から熱心で、シーズン中に、"崩し切って最後はエメリのラストパスで勝負を決める"という攻撃練習を、何度も何度も重ねて完成させたことがあった。そして、実際にその場面が試合で訪れたことがあったんだよ。ところが、エメリはパスを出さず、自分で打った。それで外してしまってね。選手の判断に関しては尊重するが、あの時は珍しく口論になったのを覚えているよ」

 エメリの祖父は、スペイン国王杯を2度も制したことがあるバスクの伝説的GKのひとりだった。父も、アラベス、デポルティーボ・ラコルーニャ、スポルティング・ヒホン、グラナダなどで活躍したGK。まさにGK一家で、独特の深淵なるサッカー理論を熟成させたのかもしれない。

左利き特有の天才肌のプレーを好む一方、理論派で、ユース年代のころから戦術ノートを欠かさずつけていた。そこから編み出した論理は監督顔負け。チームメイトへの指示が予言的だっただけに、「サッカー博士」のような存在になったという。

 しかし、エメリはレアル・ソシエダのトップチームではほとんど出場機会に恵まれなかった。スペイン国王杯を含めて6試合に出場、1得点。同じポジションに左利きのスペイン代表フランシスコ・デ・ペドロがいたことで、定着はできなかった。それが1部リーグでの記録であり、その後は2部、もしくは3部のクラブが主戦場になった。飛躍できなかったのは、たび重なるケガの影響もあったという。

 エメリは久保の能力や特性を正しく評価できるはずだ

 その一方、現役時代から監督ライセンスを最高位まで取得し、33歳で膝の大ケガと同時に、所属チームで監督業をスタートさせている。

「こうやったら、選手の力をもっと引き出せるのに」

 キャリアの後半は、そればかり考えるようになっていたという。現役時代から戦術論はほとんど無敵。チームメイトたちも意見を求めたという。そして深い見識と洞察によって、監督としての道を切り開いている。ロルカを2部、アルメリアを1部に上げ、セビージャではヨーロッパリーグ3連覇を遂げた。パリ・サンジェルマンではリーグアンを制し、アーセナルでもヨーロッパリーグ決勝に進出するなど、欧州有数の指揮官となった。

 エメリは久保の能力や特性を正しく評価できるはずだ。

「ビジャレアルは最高の選択肢でした」

 久保は、入団会見でスペイン語の質問に答えている。

「ポジションはどこであれ、プレーする準備があります。監督や数人の選手とも話すことができました。まずは現場でコミュニケーションを重ねながら、やっていきたいと思っています」

 エメリは同じ左利きのアタッカーとして、久保の力量を最大限に生かす答えを導き出せるか。少なくとも、選手同士を組み合わせる采配は傑出している。スペイン代表の3人、FWパコ・アルカセル、DFラウール・アルビオル、そして獲得が決定しているMFダニエル・パレホと久保の組み合わせは、極上の香りが漂う。

 久保が戦術の枠から外れるようなプレーをした時――。名将エメリの表情が見ものである。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/82063bc7eb5ba71888ae75bb64e27d9156d115df

 

1:名無しさん@さかまと!

立て続けに補強しているから久保君を出してもらえるか心配だが、高いレンタル料を払って獲得したのだから飼い殺しはないだろう。それにエメリとも合いそう。このメンバーで久保が大活躍すればリーガのトップ3もあり得る。アトレチコがもう終わったと思ったらバルサはもっとひどくやられていた。

 

2:名無しさん@さかまと!

ヨーロッパリーグ出るようなチームだからそりゃレギュラー争いはマジョルカより何倍も厳しいのはわかってた事。
まぁここでレギュラーを取れないようだとレアルに戻るのは夢のまた夢だろうし。
でもクレバーな久保君なら大丈夫と信じてる。

 

3:名無しさん@さかまと!

久保は周りを活かしながら自分も輝く。
周りがトップレベルであればあるほどそのポテンシャルはさらに光を放つ。
はやくシーズン開幕してほしい!

 

4:名無しさん@さかまと!

戦術家なら久保みたいなタイプの選手を使うの楽しみだろうなぁ。
色々やりようがあるし。
ハマらなかった時が怖いけど久保なら上手く順応出来るはず。

 

5:名無しさん@さかまと!

へぇ左利きのアタッカーだったんだエメリ監督
確かに同じ利き足でポジションも似てるなら、久保の適正場所がわかりやすいかもね
久保をトップ下で使うんじゃないかという話が結構あるけど
左ウイングや、セカンドストライカーなど
いろんなところで起用されて新たなポジション開拓するのも楽しみ

 

6:名無しさん@さかまと!

・監督に熱望された(元々マドリーの別の選手が内定してた)
・最初の方に決まったので構想のベースになってる可能性が高い
・出場するほどレンタル料が安くなる
・ドリブルのスタッツは人間1位(リーガ1位はメッシ)
絶対使われるでしょうね
これほどの逸材、ワシが育てたって言いたくならないわけがない

 

7:名無しさん@さかまと!

既存の主力メンバー、完全移籍の新戦力と共存できるかが課題。
出場機会の縛りが付いていれば問題ないが、そうでなければあくまでも一年限りしかクラブにいなあ久保をどこまで重用するかは未知数。
実績のあるパレホ、コクラン獲得でイボーラは2列目での出場は増えるだろうし、今後のクラブを支えるであろうチュクウェゼはビジャレアルとしても育てたいところ。
イボーラ、パレホ、コクランの誰かをベンチに追いやるくらいのパフォーマンスを見せてトップ下のポジションの確保に励む感じだろうな。

 

8:名無しさん@さかまと!

センターラインが揃っているチームは強いぞ。マジで楽しみすぎるな。

 

9:名無しさん@さかまと!

文句言わせない圧倒的な得点力を身につけて欲しいな

 

10:名無しさん@さかまと!

ありがたい記事でした!これでマジョルカみたいな親近感がグッと湧きました!

 

11:名無しさん@さかまと!

代表歴は浅いけどパウトーレスとジェラールモレノもいるのをお忘れなく

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.