サッカー談義

【動画】わずか1タッチ!ベルギーで大活躍中のU-21日本代表MFのゴールが凄い!

記事の内容

わずか1タッチ! U-21日本代表MFのゴールが凄い! ベルギーで大活躍、相手を置き去りにしたプレーとは?

 AFC U-23アジアカップウズベキスタン2022に臨むU-21日本代表が24日に発表され、ベルギー2部ロンメルSKでプレーする斉藤光毅が選出された。現地時間4月17日に行われたベルギー2部リーグ最終節のKMSKデインズ戦では斉藤光毅が先制点を決め、勝利に大きく貢献した。

 試合開始3分、その瞬間が訪れる。ロンメルのブライアン・スミーツが自陣センターサークル付近でセカンドボールを拾うと、すぐさま前線へとフィードする。その先には大柄な相手DF2人に挟まれていた斉藤が待っていた。

 斉藤は相手DFよりも先にボールの落下地点に入り、左足のインサイドでコントロールすると、相手2人を置き去りにした。相手GKのポジションニングが悪いことを一瞬で確認し、今季リーグ戦5得点目となるゴールを右足で冷静に流し込んだ。

 1タッチ目のボールコントロールで既に勝負がついていた。後方から来る難しいボールを丁寧に次のプレーへと繋がる場所に置いた。ボールのトラップで勝敗が分かれるとよく言われるが、それを証明したプレーだった。

管理人
こちらの記事には特にコメントはありませんでした


-サッカー談義
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.