【試合】前評判・結果・戦評

元アルゼンチン代表リケルメ、伝説の“回転式一人パス”に再脚光 「史上最高の股抜き」

記事の内容

2000年のスーペルクラシコでライバルチームのDFジェペスを華麗な足技で粉砕

 元アルゼンチン代表MFフアン・ロマン・リケルメは、古典的な10番タイプの司令塔として人気を博した。抜群の技術を誇ったテクニシャンが20年前に繰り出した華麗なる股抜きが再脚光を浴びている。

 時は遡ること20年。2000年5月24日、南米大陸王者を決める「コパ・リベルタドーレス」準々決勝でブエノスアイレスに本拠地を置くボカ・ジュニアーズとリーベル・プレートのダービーマッチ「スーペルクラシコ」が行われた。  第1戦は2-1とリーベル勝利で迎えた第2戦、元アルゼンチン代表FWマルセロ・デルガド、リケルメ、元アルゼンチン代表FWマルティン・パレルモのゴールでボカが3-0と勝利。2戦合計スコア4-2で準決勝に駒を進めたが、見どころはゴールシーン以外にもあった。  後半、右サイドのタッチライン際でボールを受けたリケルメに対し、リーベルの元コロンビア代表DFマリオ・ジェペスがマッチアップについた。リケルメは相手がプレッシャーをかけにきた瞬間、相手に背を向けながら右足裏でボールを操って股の下を通し、そのまま反転して“一人パス”を完成させた。  コロンビア代表で通算102試合に出場し、パリ・サンジェルマンやACミランでもプレーした実力者ジェペス相手の華麗な大技に、当時の実況も「ショータイム!」と絶叫。アルゼンチン紙「Ole」は「史上最高の股抜き」と回顧し、同紙公式インスタグラムにはファンから「スーパークラック」「魔法」「DFに同情の余地がある」といったコメントが寄せられた。  すでに20年が経過しているが、人々の記憶にはまだ鮮明に残っているようだ。

Football ZONE web編集部

https://www.instagram.com/p/CAkbwwFgB6X/?utm_source=ig_web_copy_link

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e36426a231db9537dc78486e488f8bfa7ba1f894

1:名無しさん@さかまと!

ロナウジーニョもやってたし、別に最高ではない。史上最高はベルカンプのアレだと思う。

 

2:名無しさん@さかまと!

リケルメにはこれより凄いまた抜きあるだろーが

 

3:名無しさん@さかまと!

グレミオ戦のシュートは凄かった

 

4:名無しさん@さかまと!

1人パスってしっくりこないな。股抜きでいいと思う。たしかにあれはすばらしかった!

RSS フットボールアンテナ

-【試合】前評判・結果・戦評
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.