特集・コラム・インタビュー

【インタビュー】セネガル人ハーフの流経大柏GKデューフ・エマニエル凛太朗「選手権は必ず千葉を制して、全国制覇したい」

記事の内容

雌伏の時を経て、パワーアップした流経大柏GKデューフ・エマニエル凛太朗。「選手権は必ず千葉を制して、全国制覇したい」

 ゴール前に立ちはだかる姿は、半年間の思いと努力がにじみ出ていた。

 プレミアリーグEAST第10節・流通経済大柏vs.前橋育英の一戦で、流経大柏の頼れる守護神デューフ・エマニエル凛太朗が今季公式戦初出場をスタメンで飾ると、安定感抜群のゴールキーピングを見せ、1−0の完封勝利に大きく貢献した。

 デューフはこの年代を代表するGKの1人。191センチの高さとキャッチングの上手さ、セービング範囲の広さなどを武器に昨年から名門のレギュラーを掴み取ると、U-17日本代表に選出されるなど、注目のGKの1人となった。今年に入ってもU-17日本高校選抜に選出され、さらなる躍進が期待されていた。

 しかし、U-17日本高校選抜の一員として出場予定だった3月中旬のJヴィレッジカップの2週間前、練習中に異変が起こった。ハイボールキャッチの練習をしていた際、着地と同時に右膝に違和感が走った。それでも痛みはなく、練習を続行したが、徐々に右膝は腫れ上がっていき、練習後に座っていると膝が曲がらない状態になった。

 すぐに病院に行き診察を受けると、右膝の外側の半月板損傷という大怪我だった。だが、2週間安静にすれば腫れは引き、注射を打ちながらであればプレーは続行できる。Jヴィレッジカップ、その先のシーズン開幕に向けて最初は無理をしてでもやろうと思っていた。だが、榎本雅大監督とトレーナーの意見は「無理をするな」というものだった。

「正直、進路のこともあるのでかなり焦っていました。でも、監督とトレーナーさんに『いつかは手術しないといけないのだから、もっと長い目で見ろ』と言われて、『自分のサッカーがここで終わるわけではないな』と思った」
 
 手術することを決意したデューフは同時に、自分がさらに上に行くための筋力アップも目標に設定した。

「僕はダイビングの時にパワーが出ないと感じていたんです。これでは身体が伸び切った状態でのセーブが安定しない。自分の課題と向き合うチャンスだと思ったんです」

 手術は無事に成功し、リハビリの日々がスタートした。チームメイトがボールを使った練習に励むなか、デューフはクラブハウスの前のスペースで練習の様子を時折見つめながら、黙々と筋トレを続けていた。時にはチームメイトに積極的に声をかけ、ムードメーカーとしての役割も買って出た。

 しかし、デューフが離脱したチームは苦しんだ。プレミアリーグEASTでは勝ち星から見放される。第4節の柏レイソルU-18戦から第9節の青森山田戦までの6試合で、2分4敗で勝点3を掴めないでいた。

「プレミアでは試合に出ている選手たちの元気がどんどんなくなっていった。僕も積極的に声をかけたのですが、やっぱり外からと中からでは伝わり方が全然違う。みんないっぱいいっぱいになっていたし、自信をなくしていた」(デューフ)

 さらにその流れのまま臨んだインターハイ予選では、準決勝で日体柏に0—3のまさかの完敗。このショッキングな結果を彼はスタンドから見つめることしかできなかった。

「(試合に出ている)木下(晴喜/2年生)はすごく頑張ってくれていた。僕が心から悔しいと思ったのは、負けたこともそうですが、あの3失点とも『俺なら止められた』と思わなかったことなんです。もし仮に僕が出ていても、木下と同じ判断をしていて、あの3点は防げなかったと思ったことが悔しかったんです。『俺なら止められた』と自信を持って言えない自分に悔しさと力不足を感じました」

「パンチングの威力が増し、伸びのあるセービングができるようになった」

 ちょうど日体柏戦の直前に復帰したばかりだった。悔しさを胸に試合出場へ向けて練習のギアを上げたデューフに、伊佐孝徳GKコーチから声がかかった。

「前橋育英戦、行くぞ」

 公式戦は昨年12月29日の選手権1回戦の近大和歌山戦、実戦では2月20日のU-17高校選抜合宿最終日に行なわれた桐蔭横浜大とのトレーニングマッチ以来の試合出場。不安もあったが、「準備をしっかりして、無理にできないことをするのではなく、コーチングなどの今自分のできることを精一杯出し切ろう」と決意が固まった。

 前橋育英戦の前日に取材に行き、レギュラー組で練習していた彼に声をかけると、「緊張はしていません。もう楽しみで仕方がないんですよ」と笑顔を見せた。不安よりも自分がピッチに立って仲間を鼓舞できる状況が巡ってきたことに喜びを見出していた。

「相手は間違いなく全国トップクラスの実力を持つ前橋育英。ゼロで抑えることができれば、チームも一気に上向きになる。やってやろうという気持ちのほうが大きかった」
 
 この言葉通り、前橋育英戦では大きな存在感を放った。体重が6キロ増え、腕力も増したデューフは、圧倒的なハイボールの強さを見せつけると、終盤に差し掛かるとチームを鼓舞する声を発し続けて、1点のリードを守るチームを力強く支えた。

 後半アディショナルタイムの前橋育英の猛攻も勇気ある飛び出しで跳ね返すと、チームに4月16日の第3節・横浜F・マリノスユース戦以来となる7試合ぶりの勝点3を掴み取った。

「まだまだですが、怪我する前に比べて、パンチングの威力が増したし、伸びのあるセービングができるようになったので、そこは大きな手応えを感じています。ただ、今は自分の進路とか考えたい時期なのですが、それよりも『自分が、自分が』にはならないで、下級生のためにもプレミア残留は絶対にしないといけないと思っています。当然、インターハイ予選で地獄を見た分、選手権は僕らが必ず千葉を制して、そのまま全国制覇したい。ここから一丸となって這い上がって、最後は日本で一番良い思いをしたい」

 半年でフィジカル的にも、精神的にも大きく成長した頼れる守護神デューフ・エマニエル凛太朗。名門の巻き返しの狼煙は、まさにこの男から上げられた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fb1ad230d082f2c5cb4def7dba10d72ddd2d8b70

 

1:名無しさん@さかまと!

こいつはガチ

 

2:名無しさん@さかまと!

去年の選手権の県決勝、ミスで失点した後のパントとゴールキックの質があまりにも酷かったからメンタル面に若干問題はありそう

 

3:名無しさん@さかまと!

がんばってほしい

 

4:名無しさん@さかまと!

GKは有望な若手がドンドン出てるな。あとはFW

 

5:名無しさん@さかまと!

全国高校サッカー選手権では5人目止めたのに残念でした。小学校のころから身体能力はずば抜けていた。キックオフのところからシュートを決めていた。

 

6:名無しさん@さかまと!

ザイオンに続け。

 

7:名無しさん@さかまと!

りんたろう応援してるぜ!!

 

8:名無しさん@さかまと!

エマくんがんばって。

 


-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.