特集・コラム・インタビュー

浦和R・ロドリゲス監督が母国紙に語る「日本のサッカーは多くの人が思っているよりも、ずっと魅力的で面白い。」

記事の内容

 浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督(47)がスペイン『マルカ』で日本サッカーの印象や自身の仕事について語った。

 スペイン人のR・ロドリゲス監督は過去にU-17サウジアラビア代表、ジローナ(スペイン2部)、タイの複数クラブを率い、2017年に徳島ヴォルティスの指揮官に就任。ボールを保持しながら主導権を握るスタイルを浸透させ、昨季にチームをJ2初優勝と7年ぶりのJ1昇格に導いた。そして同シーズン限りで徳島を離れ、今季から同じJ1の浦和を指揮している。

「新しいチームにやってくることは常に大きな挑戦ですが、故郷から数千キロも離れた文化の異なる国でそれを行うことは、さらに大きな挑戦です。徳島での経験に続き、浦和は私にとって日本での2チーム目となります。この土地の特徴についてはだいぶ分かってきましたが、最初の数週間の仕事は非常にタフなものとなりました」

 R・ロドリゲス監督が振り返る通り、浦和は第6節の川崎F戦(●0-5)で大敗を喫するなど、開幕からの6試合で1勝2分3敗と苦戦。それでも第7節からのシステム変更を機に今季初の2連勝を達成し、古巣戦となった11日の第9節・徳島戦(○1-0)で連勝を3に伸ばした。

 今年で来日5年目。新天地で奮闘を続けるR・ロドリゲス監督は「日本のサッカーは多くの人が思っているよりも、ずっと魅力的で面白いです。規律を重んじる国なので、選手と一緒に仕事をするのは非常に楽ですね。選手たちは指示に沿って真面目にプレーしていますし、求められていることも理解しています。これは日本のサッカー選手について、私がとても気に入っている点でもあります」とJリーグに好印象を抱いているようだ。

 その一方で「他のヨーロッパ各国で見られるような役割や仕事の進め方とは大きく異なる点もあります」と語る。「どちらが良いとか悪いとかではなく、単に異なっているだけであり、それは適応しなければならないものです」と前置きし、次のように説明した。

「例えばここでは、監督は指導をするだけでなく、一種のゼネラルマネージャーでもあります。つまり組織の決定は全て監督を経由するのです。新天地に到着すると、すぐに各スタッフとミーティングを行う必要がありました。監督は全てのことを決定し、全てに口を出します」

 そうした事情から、自身の声を代弁する通訳の選定も重要なポイントだと説き、「彼らはスペイン語を知っているだけでは不十分で、私の戦術的なコンセプトを理解し、それを正確に翻訳しなければなりません」と強調した。

 1月のチーム始動から約3か月。R・ロドリゲス監督は浦和でのチーム作りについて「現在はルーティンやメカニズムを導入している段階です。感触は良く、チームの反応も素晴らしいです」と手応えを示し、「私がプレーの際に彼らに求めるコンセプトは、彼らにとっても新しいものが多いのです。だからこそ、サッカーはとても美しい。ピッチ上でもピッチ外でも、学ぶことが尽きないのですから。私たちは皆、常に学び、ゼロからスタートしています」と話した。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

リカルド監督が欲しいと要望して連れて来たJ2の若い選手達が、今浦和で輝いているのを観ると、リカルドが次にどの選手を連れて来るのか?非常に興味深いし、楽しみだ。
エリートリーグでも京都橘と日大から練習生が3人来てたし、この監督の元でサッカーをすれば成長できるって若手がどんどん集まってくるチームになってもらいたい。

 

2:名無しさん@さかまと!

> 監督は全てのことを決定し、全てに口を出します
小泉・明本など、現時点では替えが利かない選手。
元徳島の選手というわけでなく、対戦相手として見ていた選手が、
自分のやりたいサッカーにハマるピースだと見抜き、そして即座にはめてみせる。
これはまさに監督の慧眼といえる。
田中や金子ら、他の新戦力もどんどんフィットしてきてくれることを願う。
そして恐らく監督の意向が最大限反映されていると思われる、ユンカーに多いに期待!

 

3:名無しさん@さかまと!

リカルド監督の凄い所は、とにかく色々な状況に応じて、臨機応変に対応できる対応力が本当に凄いと感じてます。
システムにしても開幕当初は4231で挑んでたけど、上手くいかないと見るや、柴戸をアンカーに置いた4141でチームが格段に良くなったし。
また試合中においても理想の内容と程遠くても試合に勝ちきる為の術を打てる所は本当に凄いと思いました。
リカルド監督をしっかり支えて、2、3年後に優勝できるチームになってくれる事を期待したいです。

 

4:名無しさん@さかまと!

あの浦和を短期間で立て直してきた手腕は素晴らしい!!!
補強もしたし、これからどうなるか。楽しみだね!

 

5:名無しさん@さかまと!

徳島での働きぶりを見ると情熱的だけど、
だが冷静でもある。この文章を読むとリカルドは人格的にも素晴らしい人間なんだと感じられる。
よかったね、浦和は。

 

6:名無しさん@さかまと!

通訳が重要なんだなってのはペトロビッチを見てても思う。
札幌がそれほど時間をかけずに今のスタイルになれたのは杉浦コーチのおかげでしょう。
そういう面でもクラブが監督にどれだけ環境を整えられるかが重要だし、浦和にも良い方向に働けばまた強くなれるかもね。

 

7:名無しさん@さかまと!

今は我慢かも知れないが彼のビジョンにハマれば良いチームになりそうな気はする。
どこまで我慢できるか。彼の欲しい選手を取れるか。

 

8:名無しさん@さかまと!

やはりJリーグは浦和が強く無いと面白くない。
ここ数年は監督選びや選手がブレッブレだったが、この監督ならっと最近思ってます。
もうJリーグは名前だけで選手を取るのではなく、チーム戦術に合った選手を育て、
移籍で取るっといった方向へシフトしないといけない時に来ているとおもいます。
っが、どーせ少し活躍すると海外へ…

 

9:名無しさん@さかまと!

川崎戦の5失点大敗後、場内挨拶に選手と一緒に回って先頭で頭を下げている姿を見て感動しました。雨で濡れながらも。
戦術家とモチベーターの両面を持ち、試合状況の読みも得意。
是非この監督と頂点まで登りつめたい。

 

10:名無しさん@さかまと!

浦和の補強で一番効果が大きいのは、実は西。
飛び抜けた武器を持っているわけではないが、ピッチの中に居ながら試合を俯瞰的に見れている。
経験云々というよりまさにセンス。間違いなく良い選手。相手にとっては非常にいやらしく見える選手であろう。

 

11:名無しさん@さかまと!

久しぶりにレッズの試合を観るのが楽しいです。素人なのでなんでかははっきりはわからないんですけど、そう感じます。
連勝してますがまだまだそんなに簡単に上手くいくとは思っていません。
だけどこの監督、選手を応援したいと思います。サポーターと共にがんばりましょう!

 

12:名無しさん@さかまと!

他サポだが、この監督のコメントを見るだけでも優秀だと感じた。
あとは浦和が我慢して待てるかどうかだな。
ミシャも優秀だったがスランプ時に解任された。
チームコンセプトがしっかりとしていれば多少の不調くらいではブレないし、
監督替える事はすごろくの「ふりだしに戻る」と同じという事を理解出来るはず。
アジアや世界で闘える本当のビッグクラブになって欲しい。

 

13:名無しさん@さかまと!

日本語ほど微妙な言い回しというか様々なニュアンスがあるものは通訳さんが非常に重要だと言うのは頷けると思います。
それは監督やコーチの発言もそうですが、選手側の発言も含まれるので通訳さんの選定はチーム作りにとって大事な部分だと思います。

 

14:名無しさん@さかまと!

浦和はアンチ多数だが、強くあって欲しいんだよね。今の監督のもと段階踏んでパワーアップして!

 

15:名無しさん@さかまと!

むしろ、監督がGMの役割をできるのが日本の特徴なのね。
欧州じゃ、それができなくて監督やめる人もいるくらいなのに。

 

16:名無しさん@さかまと!

監督のコメントを見ると人格者であるように感じられますね。頑張ってください!

 

17:名無しさん@さかまと!

あとは強烈なFWが欲しいなぁ興梠も杉本も爆発力に欠けるし
外国人頼みになっちゃうんだろうけど
エジミウソンやワシントンくらいの選手は
なかなか現れないね

 

18:名無しさん@さかまと!

新潟のアルベルト監督も魅力的なチームを作ってるし、ロティナも悪く無いし、
Jの監督にスペインブームが来るんじゃないか?

 

19:名無しさん@さかまと!

早くリカとACLでも戦いたい!

 

20:名無しさん@さかまと!

ここ数年低迷を続けていた浦和の元凶は、監督選びでブレブレのフロントの責任が大きかったと思う。
チームコンセプトもなくその場凌ぎの監督を選定し、コロコロ変えていた。
しかしこの監督のコメントと、このところのチーム成績を見ていると、今回は非常に賢明な監督選定が出来ていると思います。
この監督で2年、3先に浦和と言うチームがどこまで変貌しているか、楽しみでしかない。
ただこのまま右肩上がりに行く事はないだろうから、我々サポも我慢強く見守っていかなければならない。

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.