特集・コラム・インタビュー

【朗報】川崎レアンドロ・ダミアンのゴールパフォが海外で称賛される

記事の内容

清水戦でゴールを決めた川崎レアンドロ・ダミアン、亡くなった俳優ボーズマン氏を追悼

 川崎フロンターレは29日のJ1第13節で清水エスパルスに5-0と完勝したなか、1ゴールで勝利に貢献したブラジル人FWレアンドロ・ダミアンが披露したゴールパフォーマンスに海外メディアが注目し、「敬意を表した」と伝えている。

 試合はMF旗手怜央が2ゴールと活躍し、L・ダミアン、MF中村憲剛、MF三笘薫もそれぞれ決めて川崎が5-0と快勝した。今季14試合に出場し、6ゴール目をマークしたL・ダミアンに注目したのが母国メディア「グローボ・エスポルチ」だ。

「レアンドロ・ダミアンがJリーグでゴールし、ブラックパンサーのチャドウィック・ボーズマンに敬意を表した」と特集。ゴール直後、L・ダミアンは胸の前で腕をクロスするポーズを披露していた。

 映画「ブラックパンサー」で主演した俳優チャドウィック・ボーズマン氏が28日に大腸がんのため43歳で亡くなった。映画の中で交わされる「ワカンダ・フォーエバー」という挨拶に倣ったゴールパフォーマンスをL・ダミアンが見せたなか、「あれは、多くの人々に影響を与えた特別な人へのオマージュだった。彼は素晴らしいレガシーを残した。それが本当に好きだし、心からの賛辞と敬意を表したい」と明かしている。

「ゴールに満足している」と振り返るL・ダミアン。首位を走るチームの中で、FW小林悠(7ゴール)に続く得点源となっているなか、9月5日の横浜F・マリノス戦で2試合連続ゴールとなるだろうか。

Football ZONE web編集部

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/44fd0327f46099a128c8989978d25fbc46ca7ce2

 

1:名無しさん@さかまと!

昨年はダミアン苦しんだ年。負けている時に起用されてゴール前で孤立してDFに囲まれ、遠くからクロスが飛んで来て点を取って下さいという戦術。悪く言われても、オファーが来ても黙々と練習して残ってくれた。多分川崎歴代ブラジル人FWでトップの真面目さ。
今年は近くに若手がフォローしているので、使い・使われて活躍している。これから連携がさらに良くなりそう!

 

2:名無しさん@さかまと!

ダミアン選手は、ファン対応も選手仲間に、対する対応も誠実そのもので、その性格がそのまま現したひたむきなプレイをする方。
あらゆる方向に経緯と誠意をもって生きてる方で、様々なエピソードを聞けば聞くほど好きになります。

 

3:名無しさん@さかまと!

ダミアンが加入してすぐに麻生グラウンドに練習見学見に行ったんだけど、日本語で周りの選手にプレスの指示出したりしててビックリしたの強烈に覚えてます。
そしてその後、長男がサインもらいに行ったら、パッと表情明るくなって言葉通じないけど「ありがとうね」って気持ちが伝わってきて親子共々ファンになりました。
憲剛がピッチに入ったときにスタジアム煽るとか、最高すぎて言葉にならない。

 

4:名無しさん@さかまと!

ダミアンはいいやつですね〜
亡くなってしまった俳優さんへのリスペクトも忘れない。

 

5:名無しさん@さかまと!

名古屋にいたブラジル人とは雲泥の差

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.