移籍・契約関連情報

久保建英「ビジャレアル行き」でレアル・マドリー「活躍と売却」魔のバランス

記事の内容

 久保建英の新天地はビジャレアルになるかも知れない。

 2019-20シーズン、マジョルカで大きなインパクトを残した久保に関しては、スペイン国内外の30クラブ以上が興味を抱いていた。パリ・サンジェルマン、アヤックスといったビッグクラブに加え、最近ではバイエルン・ミュンヘンが関心を寄せていた。

 だが久保はスペインに留まることになりそうだ。スペイン『アス』をはじめ、『マルカ』『ムンド・デポルティボ』『スポルト』という四大メディアは5日、一斉にビジャレアルが久保の獲得に迫っていると報じた。

■移籍の条件面

 久保の移籍について、気になるのは条件面だ。

 ポイントは「レンタル期間」「レンタル料」「年俸負担」「(獲得側が)買い取りオプションを付けるかどうか」「(マドリー側が)買い戻しオプションを付けるかどうか」というところだった。

『アス』は、ビジャレアルが久保の年俸とレンタル料で合計500万ユーロ(約6億2700万円)を支払うと伝えている。一方、『マルカ』ではビジャレアルが久保の年俸とレンタル料で合計300万ユーロ(約3億7600万円)を工面することで合意に至ったと報じられている。この点において、ビジャレアルがグラナダやオサスナといったクラブに獲得競争で先んじたのだろう。 

 レンタル期間は1年になる見込みだ。ビジャレアル側に買い取りオプションは付けられないとみられており、つまりマドリー側に買い戻しオプションも付けられない。それは、マドリーが久保に期待を寄せている証だと言える。

 マドリーはヴィニシウス・ジュニオールがスペイン国籍取得に向けて動いている。現在、マドリーではヴィニシウス、エデル・ミリトン、ロドリゴ・ゴエスがEU圏外枠3枠を占めている。だが2020-21シーズンの間にヴィニシウスがEUパスポートを取れば、2022年夏には枠がひとつ空く。

 空いた枠に久保をはめるというのは十分にあり得る。ただ、先の冬の移籍市場でブラジル人のヘイニエル・ジェズスを獲得したマドリーが、この夏と次の冬の移籍市場で再び南米やアジアのマーケットに目を向ける可能性は否定できない。そうなると、久保には新たな競争相手が現れることになる。

■高まる久保の価値

 久保が、近い未来にレアル・マドリーのトップチームで活躍するーー。当然ながら、そんな画をイメージしたくなる。だが、その画はまだ鮮明に描かれるべきではない。

 そもそもマドリーは選手を育成するクラブではない。そこは留意すべき点だろう。事実、今夏マドリーはアクラフ・ハキミを移籍金固定額4000万ユーロ+ボーナス500万ユーロでインテルに売却している。2006年からカンテラに所属していた選手を14年後に売った格好だ。それがフロレンティーノ・ペレス会長のやり方なのである。

 ゆえに、将来的に久保が売却される可能性は残っている。そうなったとしても決してネガティブな出来事ではない。マドリーとしては、元々、久保は移籍金ゼロで獲得した選手である。その選手が高額で売却された場合、差額でマドリーが得る収益は少なくない。それはむしろ、スペインとヨーロッパにおける日本人選手の価値を高めることに繋がるはずだ。

 マジョルカでの活躍で、久保の市場価値は上昇した。ビジャレアルで好パフォーマンスを見せれば、その価値は飛躍的に高まるだろう。「レアル・マドリーではスポーツ的側面と財政面の両方が重視される」とは、ジネディーヌ・ジダン監督の弁だ。我々もまた、ジダンの言葉を頭に留めながら久保という選手を追っていかなければいけない。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/bacfdb4fd5e817e92309a6ad615dadaf98f2a9d0

 

1:名無しさん@さかまと!

いや、久保がもし使えるなら売られないはず。久保は特殊だよ。日本からの放映権料の分配も半端ではないだろうし、珍しい日本人だし、そもそもバルサが逃したというストーリーがあって現地でも注目が高い。キャラが立ち過ぎてるんだよ。

 

2:名無しさん@さかまと!

いずれにしてもバルサから奪い取った
選手だから中途半端な形で放出することは
無いと思う、マドリーの見る眼は確かだったと
いうことをキッチリ証明しなければならないから
マドリーvsバルサの100年戦争は続く

 

3:名無しさん@さかまと!

大空翼はバルサに入団し、レアルは悔しい思いをした。
久保建英はレアルに入団し、レアルはバルサに一矢報いた。久保さんがデカくなればなるほど、バルサの悔しさもデカくなる。
簡単に久保さんを手放さないんじゃないかな?

 

4:名無しさん@さかまと!

レアルに戻るとかスタメンとかがゴールと思ってなさそうなんだよね。
もっと我々が想像つかないゴールを設定してそう。

 

5:名無しさん@さかまと!

どんな事があっても買取オプションを拒むレアルの久保への期待度はかなりのもの。
日本人として本当に誇りに思う。

 

6:名無しさん@さかまと!

久保の場合は余程酷くないかつ本人が移籍を望まない限り、マドリーで生き残れると思うし、マドリーが中途半端な形で売らないと思う。アジア、ジャパンマーケット、宿敵から奪ってるんだからそう簡単には手放すつもりはないでしょう。

 

7:名無しさん@さかまと!

日本からの放映権っていうか、グッズ収入とかですかね。放映権はリーグで分配してるんじゃないでしょうか
でもそれがあるからマドリーが売らないわけではなくて、久保の正当な評価が仮にハキミと同様4,000万ユーロとすれば、例えば5,000万ユーロに売却額が上がるということだと思います
マドリーとしては久保が残っても残らなくても、移籍金ゼロで獲得、レンタル時も給料はレンタル先が負担してくれたてかかった費用もゼロ、ということで素晴らしいビジネスです

 

8:名無しさん@さかまと!

海外サイトだと懐疑的な意見もあるみたいだけど、インサイドハーフか右ウイングか、時々左ウイングか。
久保にはマジョルカみたいに自由に動かさせると思う。
インサイドハーフは守備強度足りないけど。
置いたら超攻撃的になる。
そしてそこはカソルラのポジション。
問題は体格だろうけど、監督もわざわざ守備ばっかりさせるかな。
プレー見てるだろう。
既存のチェクウェゼ、永井みたいな早い選手ならやりやすいだろ。共存も可能。
切り札的な選手としても有効だし。
絶対使えるやろ。6億ちょいとか商業的にもすぐ回収しそうだけどな。

 

9:名無しさん@さかまと!

正直、今のバルサの理事会の混乱とか、メッシと監督の不仲とか、選手間の派閥の仲違いとか色んなことを聞いてると久保くんがレアルを選択したことがいい決断だったと思う。
たとえ売られる可能性が高い、そんなクラブだとしても、久保くんが言ってるように「レアルの中で勝ち抜いて活躍したい」と純粋に言えるくらいのクラブ。
久保君みたいに純粋にサッカーで上を目指したい選手にとって、今のバルサは雑音が多すぎる。

 

10:名無しさん@さかまと!

日本において降格争いのマジョルカの注目度がマドリー、バルサ以上だったという記事を読んだし、商業的な価値は段違いなんだろう。あとは実力でペレスやジダンに認めさせるだけと言える。頑張れ久保選手!

 

11:名無しさん@さかまと!

移籍金なしで獲得した選手を売却で得られる価値も十分凄いし、ビジネスとしたら若くて価値がある時に売る事は間違いではないから今がその時でなくても今後その可能性はあるよね。
レアルの戦力として考えられれば簡単には売却されないけど、少しくすぶったらそうなるかもしれない。
レアルに残るにはこの先数シーズンは移籍先での結果もかなり必要になるかも

 

12:名無しさん@さかまと!

>一方、『マルカ』ではビジャレアルが久保の年俸とレンタル料で合計300万ユーロ(約3億7600万円)を工面することで合意に至ったと報じられている。
マドリー側と関係が良いマルカの方が、納得する記事を書くなぁ。
買取OPを付けない強気姿勢の中で、そこでEL出場権もあってグラナダやオサスナよりレベルが高く且つ買取OPを付ける程の財力も無いビジャレアルならば、ビジャレアルの足元も見て約4億弱で手を打ったのも納得出来てしまうなぁ。
それと、スペイン在住記者の木村氏も小澤氏の動画で言っていたが。
再開後、リーガ上位陣を相手にする過酷日程で更に残留も賭けた試合の中で。
ガッツリ精神的プレッシャーも掛かる条件下でも、動じず感情的にもならずマジョルカの為に仕掛け続け味方も使ってプレーが出来る精神力は凄いから。
これはビッククラブで十分に必要な素質なだけに、怪我だけはと思ってしまうところやなぁホンマ。

 

13:名無しさん@さかまと!

でも移籍金が発生する移籍をしたら、久保が育成年代に所属していた各クラブに大金が落ちるをんだよね。
もちろんバルサのカンテラもだし、FC東京もだし。
移籍金が二桁億円ならFC東京はとんでもない恩恵を受ける事になる。

 

14:名無しさん@さかまと!

久保はまさに金の生る木だから、絶対売らないと思う。
なぜか昨今の中国人は日本人選手(日本代表も)を応援するから、
中国市場も期待できる。
未来を鑑みたら100億で売却しても損すると思う

 

15:名無しさん@さかまと!

世界の名だたるビッグネームが次から次にチームに入り、そこまで活躍せずに移籍していくチームがマドリーだから、久保くんも将来安泰はそうそう無いよね。 めちゃ期待してるのですが。

 

16:名無しさん@さかまと!

ハキミのようにカンテラから長く在籍した選手が売却されたのと久保の扱いは全く違うと思う。
どちらが良い選手かという意味ではなく、銀河系マドリーとベッカムによる計り知れないジャパンマネーの力を知っているペレスからしたら、日本だけに留まらない久保のビジネス的価値は相当な物だと思っていると思う。
今は仕込みの時期でレアル帰還後の暴騰を期待しているはず。まあ暴騰後に売却するか留めておくのか、そこの判断はわかりませんが…

 

17:名無しさん@さかまと!

記事中に、レアルは選手を育成するクラブでは無い、と書いてあったが久保に限ってはそれは例外になると思う。つまり、それなりに活躍できればほぼ間違いなくレアルにもどるだろう。
なぜなら、彼はレアルにとっては特別な存在と捉えられるであろうから。バルサから日本を経由して来た選手だし、久保という選手を育てて活躍させたらバルサをヒィヒィさせられるしな。

RSS フットボールアンテナ

-移籍・契約関連情報
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.