特集・コラム・インタビュー

ポンテ「日本に恩返しがしたい」ポルティモネンセのTD兼副会長として中島翔哉らの獲得に尽力【あのブラジル人J戦士はいま】

記事の内容

献身的にプレーする姿がサポーターを魅了

 2000年代後半、浦和レッズに数々のタイトルをもたらしてサポーターを熱狂させた。

 ブラジル人らしい柔らかいテクニックを持ち、巧みなドリブルと鮮やかなスルーパスで相手守備陣を切り裂き、自らも高い決定力を発揮。その一方で、ブラジル人らしからぬ勤勉さで守備にも寄与した。

 テクニシャンでありながら、チームの勝利のため献身的にプレーする姿がサポーターを魅了した。ポンテはJリーグ史上、サポーターにもっとも愛された選手の一人でもある。

 サンパウロ市内の小クラブであるジュベントスの下部組織で育ち、1995年に18歳でデビュー。中堅クラブを経て、22歳でブンデスリーガのレバークーゼンへ。ヴォルフスブルクへ2年間の期限付き移籍をして経験を積み、04年にレバークーセンへ復帰すると、04-05年はレギュラーとして活躍。このシーズンのチャンピオンズ・リーグに出場し、ホームでレアル・マドリーに快勝するなど、ベスト16入りに貢献した。
 
 そして、04年から監督を務めていたギド・ブッフバルトに誘われ、05年7月に浦和に加入する。背番号10を付けて、攻撃の中心を担った。

 ポルトガル語でブラジル出身の選手と、ドイツ語でブッフバルト監督らと直接コミュニケーションを取り、チームの潤滑油としての役割も果たした。

 05年の天皇杯を制覇すると、06年のJリーグ初制覇にも大きく貢献。圧巻だったのは07年で、Jリーグで7得点・12アシストを記録してMVPに選ばれ、アジア・チャンピオンズリーグでも5ゴールをあげて初制覇の立役者となった。

 10年末、度重なる怪我もあって、惜しまれながら浦和を退団。ブラジルの中堅クラブで短期間プレーした後、11年末に現役を引退した。

 その後、親友(選手時代の代理人)がポルトガル1部ポルティモネンセの筆頭株主となり、彼からの要請で16年末に、クラブのテニクカル・ディレクターに就任。主として外国人選手の獲得を担当し、18年からは副会長を兼務してクラブのマネジメントにも関与する。

「日本は第二の祖国、浦和は第二の故郷なんだ」

 17年8月、当時FC東京で控えだった中島翔哉の才能を高く評価して獲得。17-18シーズン、中島はポルトガル・リーグで10得点・12アシストと大ブレイクし、18年から日本代表の常連となっている(中島は19年2月に日本人選手としての史上最高額となる移籍金3500万ユーロ=約44億円でカタールのアル・ドゥハイルへ移ったが、5か月後にポルトガルの名門ポルトへ移籍)。
 
 さらに、19年初めにはGK権田修一をサガン鳥栖から、SB安西光輝を鹿島アントラーズから獲得している。

「引退後も、毎年、数回は日本を訪れているよ。日本人選手を視察し、ポルティモネンセをサポートしてくれる日本企業などを訪問するかたわら、浦和関係者らと旧交を温める。僕にとって、日本は第二の祖国、浦和は第二の故郷なんだ。
 
 埼玉スタジアムのスタンドに座ってサポーターの熱烈な声援を聞く度に、レッズで過ごした5年半の幸福な日々を思い出す。そして、『ああ、またあのピッチに立てたらな』と遠い目をしてしまう(笑)」

 そう語ったポンテは、日本についての想いをこう続けた。
 
「ポルティモネンセは、これからも多くの日本人選手を獲得して彼らの成長を手助けし、日本代表に多くの選手を送り込みたい。それが、僕の日本のフットボールへの恩返しにもなると考えている。
 
 今は新型コロナウイルスのせいでなかなか日本へ行けないけれど、これからも大好きな日本との縁を大切にしたい」
 
 浦和レッズを退団して、もうすぐ10年になる。現在、43歳。すっかり貫禄がつき、顔も体型もかなり丸みを帯びてきた。しかし、どれだけ時がたとうと、浦和サポーターが「ロビー」のクラブへの貢献を忘れることは決してないだろう。

文●沢田啓明

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

ギドが監督をやってポンテやワシントンがいた頃のレッズは強かったし観ていて面白かった。現在はあの頃の面影はまったくない。

 

2:名無しさん@さかまと!

引退後はブラジルで建設業を営み、その後サッカー界に戻りクラブの副社長までなるなんて本当に仕事が出来る人なんだと思う。
それは今回の浦和のファブリシオのレンタル獲得したのを見てもわかる。
浦和に6億円で売りそして今夏0円で戻すって、、、クラブは多大な利益を得ている。
こういう能力のあるOBに浦和の社長に就任して欲しいよ。

 

3:名無しさん@さかまと!

都築龍太
坪井慶介
田中マルクス闘莉王
阿部勇樹
長谷部誠
鈴木啓太
山田暢久
平川忠亮
ロブソン・ポンテ
田中達也
ワシントン
山岸範宏
堀之内聖
細貝萌
小野伸二
相馬崇人
永井雄一郎
絶対強い

 

4:名無しさん@さかまと!

何年か前の埼スタ鹿島戦で、ロビーがいて、試合後に写真を撮って貰った。本当に嬉しかった。でも、他の人達は誰だろうみたいな雰囲気もあって、寂しい気持ちにもなった。

 

5:名無しさん@さかまと!

レッズサポでもファンでもないが、ポンテは好きだった。プレー中の姿勢が綺麗で常に周りの状況を確認していたプレーヤーだった気がする。
引退後もこうして日本と携わってくれるのは日本人とて嬉しい。
ポンテのおかげでパイプが出来てんねんや。大切にして欲しいです。

 

6:名無しさん@さかまと!

レバークーゼンでガチの主力。
これだけの実力がありながらA代表はおろか年代別にも選ばれてないブラジルの恐ろしさ。
もしポンテ、ワシントン、エメルソンが同じ時期にいて噛み合ってしまったら...
想像したくない。

 

7:名無しさん@さかまと!

浦和のOB、チギ・ベギリスタイン、ポンテに岡野と監督では無いけど、要職に就いて素晴らしい仕事をしてくれるよね。逆に当の浦和のフロントが一番、仕事出来てないと思うわ。

 

8:名無しさん@さかまと!

ブラジル人のテクニックを魅せるためでなく、チームプレイのために活かせる選手だった。他のブラジル人なら自分で持ちたがるタイミングでも、ポンテはためらわず仲間を使う。いい意味で欧州仕込みのブラジル人って感じだった。

 

9:名無しさん@さかまと!

そろそろ川崎の有望新人を引き抜いてくださいよ。あいつら主力が全然引き抜かれないから、強くて手がつけられないんで。

 

10:名無しさん@さかまと!

親友…テオさんね。
ポンテの浦和への貢献度は選手時代と今の関係考えるとマイナスとはいかなくても思うところがありますわ。

 

11:名無しさん@さかまと!

あの頃は浦和は華があった。
エメルソン、ポンテ、ワシントン。
他のサポーターから見ても、うらやましかった。
今じゃ、
マルティノス・・・。
杉本・・・。

 

12:名無しさん@さかまと!

自分の中の浦和レッズは創成期の弱かった時と、ワシントン、ポンテ、小野、田中達也、長谷部などがいた強かった頃。今はよくわからん

 

13:名無しさん@さかまと!

ポンテって移籍金ゼロで獲得してるんだよね。しかも選手としてピークの状態の時に日本に来てるし。今の時代じゃ有り得ないな。

 

14:名無しさん@さかまと!

ポンテはJリーグでもっとも活躍した外国人ベスト3に入ると思う、上手いし安定感抜群だった印象

 

15:名無しさん@さかまと!

ポンテのアクセントつけるプレーとワシントンの豪快さがあった頃の浦和は好きだった。

 

16:名無しさん@さかまと!

自分のなかではレッズの10番=ポンテってイメージが何故かまだあるくらい印象が強い。

 

17:名無しさん@さかまと!

ポルティモンセは今んところJを食い物にしてる印象だけどね

 

18:名無しさん@さかまと!

浦和以外のチームからスカウトするの、止めてもらえないかな。

 

19:名無しさん@さかまと!

マリッチが浦和を去るとき、泣いた。
そして、ポンテが浦和を去る時、大泣きしてしまった。

 

20:名無しさん@さかまと!

是非浦和のフロントに!

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.