特集・コラム・インタビュー

元神戸のポドルスキがトルコサッカーへの不満を明かす「試合が止まりすぎ」「コメディショーのよう」

記事の内容

アンタルヤスポルでプレーする元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、トルコリーグについて批判した。

ケルンやバイエルン、そしてアーセナルやインテル、ガラタサライでプレーし、2017年7月から2019年12月まではJリーグのヴィッセル神戸でプレーしていたポドルスキ。2020年1月にアンタルヤスポルへと完全移籍しプレーしている。

今シーズンはスュペル・リグで21試合に出場し3ゴール1アシストを記録。ここ数試合は数分の出場に留まっている状況だ。

そのポドルスキはトルコ『ファナティック』のインタビューに応じ、トルコのサッカー界が抱える問題について言及した。

「審判は常に、トラブゾンスポルとイスタンブールのビッグクラブの試合で話題になっている。選手やチームのパフォーマンスは考慮されていない」

「例えば、フェネルバフチェの試合の後、アンタルヤスポルの良いパフォーマンスについてのコメントはほとんど見られなかった」

「審判の判定は毎週話題になっている。それはトルコのサッカーにとって有益ではないね。審判は人間だし、間違いを犯す可能性がある。僕たちだって間違いを犯す」

「お互いの行動、クラブの役員、監督の発言…常に混沌とした雰囲気があるね。これは良くないことだ」

また、試合が止まりすぎる事が問題だと主張。審判の判定も問題があるとした。

「試合が終わると、監督やスポーツディレクターが話をし、批判することができる。全てが終わり、次の試合が行われる」

「僕たちは、平均して60分間プレーするけど、あまりにも頻繁に試合が止まる。VARは実際に意思決定がより迅速に行われるために導入された」

「ただ、残念ながら、審判については今やより多くの議論がなされている。誰もがお互いに不平を言う。コメディショーのようなものだよ」

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

和訳が酷すぎて内容が入ってこない。ちゃんと仕事しろよ。

 

2:名無しさん@さかまと!

ヴィッセルに来る前にもトルコサッカーについて文句を言っていたはず。そんなに不満ならトルコに戻らなければよかったのに。

 

3:名無しさん@さかまと!

あなたは、試合が進んでいるのに、納得いかないと一人で止まってましたよ

 

4:名無しさん@さかまと!

ポルディについては日本を離れた今も、
トルコでの試合内容元気なのかとか気にかけてます。
トルコリーグに不満もあるかもしれないけど、
いいじゃない大好きなケバブ食べ放題でしょうに。

 

5:名無しさん@さかまと!

ケルン以外だと、バイエルンと神戸がシーズン平均5点、アーセナルも2シーズン半でシーズン平均7.6点、インテルに至っては1点だけ
クラブでのポドルスキはいつもこんなモンだぞ

 

6:名無しさん@さかまと!

全然結果残してなくて草
文句を言うなら、まず結果を残してからじゃないと説得力ないぞ

 

7:名無しさん@さかまと!

文句が先で自分のプレーは二の次。そんな印象しか無い。だったらドイツにいればいいとしか言えない。

 

8:名無しさん@さかまと!

日本では試合が止まることなく18分間のロスタイムを味わったけどね( -∀-)

9:名無しさん@さかまと!

トルコのサッカーを知りながらトルコに戻ったんでしょ。
人のせいにしすぎ、、

 

10:名無しさん@さかまと!

トルコリーグとJリーグはどっちがレベルが上なんだろう?

 

11:名無しさん@さかまと!

機械翻訳にぶちこんだだけみたいな翻訳

 

12:名無しさん@さかまと!

神戸にまた来てポルディ…

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.