ニュース

J2震撼の大バクチ 逆転昇格へ攻め続けることを選んだ山形

記事の内容

 モンテディオ山形に春の嵐が吹き荒れている。

 クラブは22日、成績不振により石丸清隆前監督の解任を発表した。シーズン中の監督解任はクラブ史上初。後任が注目された中、30日に発表されたのは、同じくクラブ史上初の外国人指揮官となるピーター・クラモフスキー氏だった。同日には、昨季まで愛媛FCを率いた川井健太氏のコーチ就任も発表している。

 山形は2020年に就任した石丸前監督の下、それまでの守備的なスタイルから攻撃的なチームへと変貌を遂げた。同シーズンは多くの試合で相手を圧倒するパスサッカーを展開し、充実した内容で7位フィニッシュ。しかし、さらなる躍進が期待された今季は、石丸前監督が最後に指揮を執ったJ2第9節終了時点で20位に低迷していた。

 開幕からの基本フォーメーションは4-4-2。昨季の後半戦だけで13得点を挙げたエースFWヴィニシウス・アラウージョの欠場が続いており、佐藤尽コーチが暫定で指揮を執った直近のJ2第10節・ジュビロ磐田戦(○1-0)では、MF山田康太とMF中村充孝が2トップを組んでいる。

 一方、新たに就任するクラモフスキー監督は清水エスパルス時代、主に4-3-3を採用していた。アンジェ・ポステコグルー監督の右腕として、2019年に横浜F・マリノスのJ1制覇に貢献したオーストラリア人指揮官は、ポゼッション+ハイラインのアタッキングフットボールを志向している。山形ではGKや中盤の駒は揃っており、清水時代と同様のシステムで戦う場合、ウイングやビルドアップ能力を求められるサイドバックの人選がポイントか。

 また、クラモフスキー監督の超攻撃的スタイルは、大量失点とも隣り合わせだった。清水を率いた2020年シーズンは開幕5連敗とスタートダッシュに失敗すると、一時的に立て直した後にクラブワーストタイの7連敗。さらに1試合を挟み、5連敗を喫した。その敗れたゲームでは全て複数失点を食らっている。指揮官はロマンのあるサッカーに挑んだが、完成形を見ることなく同年11月に契約解除。最終的にチームの総失点はJ1最多の70だった。

 J2では攻撃力よりも失点数の少なさが成績に直結する傾向があり、昨季は最少失点のアビスパ福岡(総得点は10位)が2位、2番目に少ない徳島ヴォルティス(総得点は2位)が1位でJ1昇格を決めている。これに対し、失点数ワースト1位のレノファ山口FCが22位、ワースト2位の愛媛が21位だった。最多得点を記録したのは水戸ホーリーホックだったが、4番目に多い失点数が響き、9位に終わっている。

 さらに気になる点が、クラモフスキー監督のアグレッシブなサッカーに求められる走力と、それに伴うガス欠のリスクだ。昨季の清水は終盤に運動量が落ち、ゴールを奪われるシーンが目立った。実際に昨季の試合を15分ごとに6分割した場合、総失点70のうち、最多は後半31分以降の18失点。当時の清水とスタイルこそ違うものの、今季の山形も総失点10のうち後半31分以降が最も多い5失点となっている。

 クラモフスキー監督はシーズン途中の就任という難しさもある中、自身初のJ2の舞台で理想と現実にどう折り合いをつけていくのだろうか。昨季は清水から契約解除が発表された際、母国オーストラリアのメディアに今後もJリーグでの指揮を希望していることが報じられていた。日本2クラブ目で残す結果は、自身のキャリアを占うターニングポイントになりそうだ。

 山形は現在、J1昇格圏内の2位FC琉球と勝ち点15差の15位に位置している。当初の目標はJ2優勝でのJ1昇格。あくまで石丸前監督が築いた攻撃サッカーを継続させ、頂点を獲るためにクラブとしてさらに“攻める”道を選んだ。

 J1昇格だけを狙うのであれば、守備を整備して失点を減らす戦い方に舵を切った方が近道となるだろう。しかし、それでJ1に定着するのには限界があることも、山形は過去の降格で経験している。再起か、崩壊か。退路を断ち、腹をくくったクラブの行方は果たして――。

 

1:名無しさん@さかまと!

大成功する可能性もあるんだろうけど、現実的に厳しいんじゃないか。
山形サポは一度去年のエスパルスの試合を見てほしい。びっくりするよ。

 

2:名無しさん@さかまと!

マリサポですが、モフモフの就職先が決まったのは喜ばしい事なのですが、冷静に見ると山形はだいぶ思い切ったことしたなぁと思いました。
なにせ実績が無いので見込める結果が未知数ですからね。
山田康太とは再会となる訳ですが、それがいい方向に向かうのか、個人的にはJ2の見所が増えて楽しみです。

 

3:名無しさん@さかまと!

魔境J2でクラモフスキーを監督に選ぶとかロマン有るな。
ハマれば面白いサッカーやってくれそうなので楽しみだけど
ハズレだと大惨事になりそう。

 

4:名無しさん@さかまと!

清水サポだけど、めっちゃバクチだと思うぞ、、、
理想だけで現実を見ずに攻撃サッカーを続けて完全に守備崩壊させていたし
コーチ以外では全く実績がない
まぁ、ロマンはあるけど

 

5:名無しさん@さかまと!

清水サポですが、モフさんの攻撃的サッカーは、観てて魅力があった反面、
守備が構築出来ず、結果的に、大量失点に繋がってしまった。
J 2の舞台で、どんな感じになるか気になります。

 

6:名無しさん@さかまと!

昇格、降格を経験したクラブの大バクチ!
守備がJ2で通用したとしても、J1で通用するか疑問?
エレベーターを数回経験してたチームの選択としては面白いジャナイですか!
腹くくって、来年はJ3かJ1なのか大バクチですね、社長,サポも腹くくって今年は応援ですね。

 

7:名無しさん@さかまと!

この監督のやり方はポステコグルー監督のサッカーがベースだとすると結果出てくるのは来年か再来年か?
今年の昇格争いに加われなくても監督交代しない覚悟有れば良いチーム作れるかもですね。

 

8:名無しさん@さかまと!

確かに博打ではある。
しかし、ピーターのキャリアのためにも、山形が低迷から抜け出し再びJ 1定着を実現させるためにも、博打に成功してもらいたい。

 

9:名無しさん@さかまと!

後ろからしっかり繋ぐポゼッションサッカーが信条だが選手の質が伴わないと厳しい。
魅力的な攻撃力を見せる反面守備の構築が皆無。清水の経験をいかに活かせるかが鍵だな。
長丁場のJ2で上手くいくのか非常に興味深い。

 

10:名無しさん@さかまと!

無責任な立場から言うは易いが、保守的な人事では変化は乏しく企業としてクラブとしての経験曲線は緩やかにしかならない。
まだシーズン序盤、この改革が奏功することで一気に巻き返す可能性も秘めている。

 

11:名無しさん@さかまと!

清水サポだけど去年はクラモフ体制で超攻撃的戦術を目指すも失点が続いて修正できず、25試合中3勝しかしなかった。5連敗を3回も味わった。
結局クラモフがフロント側に補強を要望したけどそれが上手く折り合わず解任(辞任)したけど、山形はクラモフの求める選手がいればハマるかもしれない
多分

 

12:名無しさん@さかまと!

とにかく山形愛を全面に出して、県民の後押しを受けてほしい。
お隣りでは、秋田のために!と連発されれば、そりゃうれしいわ。郷土愛が強い地域では粘り強く応援してくれるよ。
良いサイクルに向きますように!!

 

13:名無しさん@さかまと!

こういったチャレンジをするクラブは非常に好感が持てるし頑張ってほしい

 

14:名無しさん@さかまと!

関東J1サポですが山形も応援してます。
昨年から今年にかけてほぼ主力が大幅に変わって
たので心配してました。
その部分のチーム作り、連携がうまくいかない
感じしてたので、監督だけでなく選手の責任も
あると思います。数名そう感じる。
シーズン中監督交替はバクチですが来年昇格目指して焦らず監督の戦術に集中して欲しい。

 

15:名無しさん@さかまと!

エスナイデルのジェフをしている人間たちからすれば、
もふもふスキーの攻撃的サッカーぐらいではビビらん。
最終ラインがセンターサークルぐらいになければ、攻撃的とは認めん。

 

16:名無しさん@さかまと!

クラブが昇格にかける本気度は凄く伝わるが、果たして適格にそれがはたされているか。確かに博打ではあるが成功すれば
横浜FCや松本のように追い込みパターンでの昇格もある。

 

17:名無しさん@さかまと!

守備の枚数を減らすわけで、2人分の仕事ができるセンターバックとボランチが必要だよ。
この監督に守備のノウハウは無いので、そういう選手を獲得するか育てるしかない。

 

18:名無しさん@さかまと!

その昔、当時の山形の選手の力量も考えずに、理想だけを追って失敗した植木と言う監督がいましたね。
監督は自分の戦術を押し付けるだけでなく、選手の個性や力量を理解した上で最適な戦術を考えないと同じ失敗を繰り返しますよ。

 

19:名無しさん@さかまと!

現有戦力で新監督が志向するサッカーを具現化できるか
シミュレーションした上での動きかと思うが
噛み合わないと昨年のエスパルスの二の舞に

 

20:名無しさん@さかまと!

社団法人から株式会社になって山形面白くなってきたな。
かなりリスクのある選択だけど昇格という目標でスポンサーをつなぎとめたりするのかな。社長も積極的だし。
甲府もそろそろ離されてると、今年失敗したら結構スポンサー離れそうだから頑張らないとね。

RSS フットボールアンテナ

-ニュース
-,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.