移籍・契約関連情報

【朗報】ヴィッセル神戸、ペドロ獲得に強い関心

記事の内容

熾烈を極めるペドロ争奪戦…神戸はフリーでの獲得に強い関心

チェルシーとの契約が残り2カ月となっているFWペドロの争奪戦が、熾烈を極めている。『Goal』の取材で明らかとなった。

現行契約は6月30日までとなっているペドロ。新型コロナウイルスの影響でプレミアリーグは中断し、再開の目途は立っておらず。FIFAのガイドラインでは、たとえ他クラブと契約で合意したとしても、今シーズンの全日程消化まで留まることを推奨しているが、拘束力はないため、様々な可能性が考えられる。

ペドロ自身は以前に「引き続きここでプレーしたい」と語っていたが、未だ契約更新は叶っていない。そのため、数多くのクラブが32歳FWをフリーで引き入れたいと考えており、争奪戦は白熱している。

新たに興味を示しているのが、ローマとレアル・ベティス。ローマは前線の駒不足解消のため、経験豊富なスペイン代表FWは適任だと考えている。一方のベティスは、プレミアリーグクラブからナビル・フェキルの引き抜きを阻止しつつ、ペドロにはクラブ最高給を提示するつもりである。

またセビージャも状況を注視しているクラブの1つ。選手を惹きつけるためにも長期契約を提示する準備はあるが、高額な給与がネックに。減給を要求する可能性が高いことが分かっている。

なおチェルシー番記者ニザール・キンセラは、ペドロにはメジャー・リーグ・サッカー(MLS)の複数クラブやJリーグからの関心も強まっていると言及。ニューヨーク・シティやデイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるインテル・マイアミは、引き続き動向を追っているようだ。

さらに、昨季限りでダビド・ビジャが退団したヴィッセル神戸も、ペドロ獲得を引き続き狙っていることが分かっている。キンセラ氏によれば、今年1月の時点でも引き抜きに動いていたが、フリーでの契約により強い関心を示しているようだ。

チャンピオンズリーグ3度優勝やスペイン代表としてもEUROやワールドカップ制覇を経験するなど、様々なタイトルを獲得してきたペドロ。経験豊富な32歳の去就には、引き続き注目が集まっている。

元記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00010008-goal-socc

 

1:名無しさん@さかまと!

チェルシーにとってウィリアンとペドロが両方いなくなるのはかなりきつい気もする
オドイは怪我明けというのもあるけど、まだ二人には実力で及ばない気がしたし、プリシッチは怪我が多い。
ジィエフには期待したいけどリーグ中断とプレミア適応の両方に対応しなければならない
実際今季はウィリアンがいなかったら今の4位以内は絶対無理だったし、ペドロは怪我もあり、
前半はあまり出番がなかったけれど、後半からは良い仕事を見せてくれていた。
若手にシフトするのは必要だけど、長いシーズン、2人の経験が活きてくる場所は必ずあると思う。どちらかは残ってほしいなぁ

 

2:名無しさん@さかまと!

シルバかペドロ、どっちかは神戸入りしてもらいたい。

 

3:名無しさん@さかまと!

フリーだったらバルサ戻れよ
今のバルサだったらすぐにスタメン奪えそう

 

4:名無しさん@さかまと!

ペドロ取るなら
ゆくゆくはメッシもw

5:名無しさん@さかまと!

神戸はシルバだけでいいんじゃない?
ドウグラスがいるじゃない。外国人多すぎる。

RSS フットボールアンテナ

-移籍・契約関連情報
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.